So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本の見られ方 [ブータン]

超長寿化は人生の3ステージを変える
Increasing longevity means 3-stage life plan will change
Kuensel、2017年9月14日、The Japan News/ANN
http://the-japan-news.com/news/article/0003938195

【ポイント】
安倍政権の看板政策「人づくり革命」を検討する「人生100年時代構想会議」の有識者議員、英ロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授が本邦メディアのインタビューに応じ、今後は伝統的な「教育」「仕事」「引退」という人生の3ステージが、年齢に関係なく自由に選ぶ複線型の生き方になっていくと指摘した。1つの職場に長く務めて引退を迎えるのではなく、常に技能のブラッシュアップに努めて長く働き続けられるようにすること、家庭内での役割分担を見直し、単一収入源に依存しない生計策を構築することが必要で、そのためには、新しい技能や知識を習得する「学び直し」の機会を創出すること、海外より遅れている女性の社会進出を促すことなどが必要だと述べた。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

地域活性化で農村・都市人口移動を食い止める
Countering rural urban migration through regional revitalisation
Kuensel、2017年9月19日、Krishna Subba(JICAブータン事務所)
http://www.kuenselonline.com/countering-rural-urban-migration-through-regional-revitalisation/

【ポイント】
離島隠岐の島の海士町を訪ねてみて、日本の農村には、人口減少、公共交通機関、経済活動、雇用機会等の点で、ブータンの農村にも通じる幾つかの課題があることがわかった。2000年代初頭、市町村合併が進む中、海士町は合併の荒波に立ち向かうことを自ら選択し、島内の住民がそこに留まり、逆に島外の人々もそこに住みたくなる地域を作るため、様々な取組みに着手した。その取組みは、地域を守るだけでなく、地域のブランド化や学校の魅力度アップといった、「攻め」の取組みも含まれる。こうした努力が実を結び、人口流出から流入に逆転、この10年で10%以上の人口増加を得た。海士町の強さの鍵はコミュニティにある。地域の人々はこれに依り、自主的な取組みに打って出ることができる。このような取組みは海士町だけに限らず日本国内そこら中にある。翻ってブータンはどうだろうか。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『自分の休ませ方』 [読書日記]

自分の休ませ方 (青春新書プレイブックス)

自分の休ませ方 (青春新書プレイブックス)

  • 作者: 枡野 俊明
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2017/04/25
  • メディア: 新書
内容紹介
仕事に、家事に、子育てに…いつも追われるように忙しく過ごしている人こそ、「自分を休ませる」ことが必要です。それは階段の踊り場のようなもので、いったん立ち止まり、自分を見つめなおすということ。心と体をリセットし、新しい発想、そして前にすすむ力がわいてくる、「禅的休養」のすすめ。

以前、本書をおススメと言っておられた書評ブログの記事を読んで、いずれ読んでみようと思っていたのだが、最近になってようやくキンドル版が登場したので、ダウンロードしてみた。

著者は禅宗の修行僧ということなので、宗派は違うけれど、日本にいれば必ず行っていた年末年始の里帰りの中で、元日朝に実家の近所の寺にお参りに出かけ、そこでご住職から毎回聞かされる説教と同じ匂いを感じた。強いて言うならご住職の場合は浄土真宗だというのもあるのだろうか、国際問題や社会問題等、大きなところから批判的に入り、その後自分たち一人一人はどうあるべきかというところで、信仰の話に入っていかれるケースが多かったように思う。一方で本書の著者の場合はもっと静けさを感じさせられる。自分の心の持ちようというところにフォーカスを絞っているからだと思える。

ちょっと前にマインドフルネスについてかじった時に、目を閉じて呼吸と取り込んだ酸素の体内末端への流れを意識すると、マルチタスクで疲れた脳を1つのタスクに集中させることで、疲れが取れて思考がクリアになるというようなことを悟った。ちょっと疲れたなと思ったらすぐに目を閉じて、視覚から入って来る雑念をシャットアウトするような工夫はしているけれど、これを仏教的に説明したら、この著者の解説のような形になるのだろう。

その意味では、何か新しいものを得られた本では必ずしもない。疲れを取って自分のパフォーマンスを落とさないようにするために自分がやってきたことを再確認できたという点で、ホッとさせられる読み物だった。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

「正しい政策」がないならどうすべきか [ブータン]

公務員向け薬物検査、2018年1月より義務化へ
Mandatory drug test for civil servants from Jan 1, 2018
Kuensel、2017年8月30日、Yangchen C Rinzin記者
http://www.kuenselonline.com/mandatory-drug-test-for-civil-servants-from-jan-1-2018/

【ポイント】
王立人事院(RCSC)は、現職公務員及びこれから採用予定の公務員を対象に、薬物検査実施を2018年1月より義務化する通達を、8月23日付で発出した。2010年公務員法にある公務員服務規程第38、39項、及び公務員服務倫理規程第3条に基づく措置。また、2012年ブータン公務員規則3.2.25項にも、公務員は勤務時間中の薬物摂取の禁止と、勤務時間外での過度の飲酒の制限を謳った規定がある。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ご紹介した記事の内容はヘッドラインを見ればわかってしまうのだが、これを読んだら、僕たちにお酒を過度に進める公務員には「NO」と言ってもいいんだというように思える。こういう検査は抜き打ちでやることに意味があるのだと思うが、これから採用される公務員にどういうタイミングで薬物検査を実施するのか、あらかじめいつ実施されるかわかってしまったら、あまりやっても意味がないような気がしてしまう。

それに、この記事は読んでいるとスポーツのドーピング検査と同じようなイメージを受ける。図らずも体調不良のために何かの薬を服用していたら、検査で引っかかってしまう類のものであるように思える。アルコールだったら飲まないでいれば検査で引っかかることはないかもしれないが、何しろこの検査の対象となる薬物とは何なのかの定義が記事の中ではされていないので、どれだけ有効なのかはよくわからない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

『土』 [読書日記]

土 (新潮文庫)

土 (新潮文庫)

  • 作者: 長塚 節
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1950/06/13
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
茨城県地方の貧農勘次一家を中心に小作農の貧しさとそれに由来する貪欲、狡猾、利己心など、また彼らをとりかこむ自然の風物、年中行事などを驚くべきリアルな筆致で克明に描いた農民文学の記念碑的名作である。漱石をして「余の娘が年頃になって、音楽会がどうだの、帝国座がどうだのと云い募る時分になったら、余は是非この『土』を読ましたいと思っている」と言わしめた。

『土』の文庫本を購入したのは今から7年も前の話であり、それから今日に至るまで、あまりにも長い積読期間を作ってしまった。読みにくいという書評が多かったし、ページ数も350頁近くもあるため、なかなか踏み切れなかったのである。それをようやく読もうという気持ちになったのは、ほぼ1日がかりで日本に帰るという旅があったからだ。所用で日本に戻ることになり、パロの空港で読みはじめ、機内で読み続け、バンコク空港での乗継便までの待ち時間でほぼ読み切った。読了はバンコク発の夜行便に乗り込んだ後だったが、おかげで機内ではぐっすり眠れた。

この舞台は明治40年代の茨城県、結城市あたりの話である。夏目漱石の寄稿でも触れられているが、読んでみてわかるのは、東京からさほど離れていないこの地域でも、明治末期の小作人の生活はかなり困窮したものであったことだ。電気などはなく、夜になると真っ暗だ。相当な極貧生活を強いられていて、特に穀物の収穫期の直前には食うものにも困るありさま。借金して食いつなぐが、お米が収穫できても自分たちが食べられるわけではなく、麦を混ぜ込んでおかゆのようにしてかき込むだけ。青野菜もほとんど口にできない生活のようである。あまりの貧しさに、近隣の畑から野菜を盗んだり薪を盗ったりも頻繁に起きている。

家屋は掘っ立て小屋だ。収入源を1つだけに頼れないから、あれもやり、これもやりで小銭を稼ぐ。羽振りが多少良いと村人のうわさにのぼり、妬みや嫉みの対象となり、足を引っ張る者も出てくる。衣類はボロボロで、年頃の娘がいてもきれいな着物は買ってやることもできない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

ドクラム問題、ひとまずは終息? [ブータン]

インド週刊誌、ブータンの立場を謝って報じ、貶める
Magazine misrepresents and demeans Bhutan
The Bhutanese、2017年8月26日、Tenzing Lamsang記者
http://thebhutanese.bt/magazine-misrepresents-and-demeans-bhutan/

2017-8-27 TheWeek.jpg
このところドクラム高地の領有権問題でのブータン政府の沈黙がいろいろ憶測を呼んでいて、日本でも日経新聞が8月24日付の記事でブータン政府が中国に接近しているなどと書かれている。日経新聞の記事のトーンは、中国が1兆円の経済協力をネタにブータンに秋波を送っていて、ブータン政府がそれに反応しているというものだったが、どうもその元ネタとなっていると思われるのが、インドの週刊誌THE WEEKの8月27日号が報じたルポのようである。

THE WEEKはインド駐在時代は僕も時々読んでいた週刊誌であるが、この8月27日号(日経新聞の記事より数日前に発刊されているので念のため)のカバーストーリーは、インド在住のレポーターが急遽パロ経由でブータン入りし、最初はトブゲイ首相に面談アポを求めて「忙しい」と断られたり、8月12日の週末らしいが、ティンプーのモティタン地区にある政府閣僚の居住区に入り込んで、情報通信大臣宅で待ち伏せたり、下院議長宅に押し掛けてインタビューを求めたりと、結構大胆な取材攻勢を試みたようである。

どうも在ティンプーのインド大使館が取材仲介をしたわけでもなさそうで、そんなことがそもそもできるのかどうかが驚きだが、そういうトーンで書かれている。この週刊誌には下院議長のインタビュー記事も掲載されているが、使われている写真は何か別の機会に撮られたもので、下院議長がどういう状況で取材に応じたのかは、写真を見るだけではわからない。週末の自宅で夜も民族衣装姿でくつろいでいるとは思えない。でも、下院議長の写真の表情を見ていると、友好的な態度で取材に応じたと捉えられてしまうので、インタビュー記事の信憑性も、それによって高まってしまうという効果はあるだろう。

さらに、僕でもわかる誤認が多い。ルポでは、メモリアルチョルテンの大仏も中国が数年前から始めている援助の1つだと書かれている。それを読んだ瞬間、「あれ、あの大仏ってシンガポール人の篤志家が寄付したんじゃなかったっけ?」と思った。確かに中国系のシンガポール人なので、「中国の援助」と言われれば100%間違いとはいえないけど、全世界の華僑がやってることを全部「中国の影響」とは考えないでしょう?

これを読んだインドの読者が、日経の記者と同じように誤った認識を持たないかと心配になる。だから、8月26日付週刊タブロイド紙The Bhutaneseは、THE WEEKに対する猛烈な反論記事を1面トップで掲載した。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『入門 犯罪心理学』 [仕事の小ネタ]

入門 犯罪心理学 (ちくま新書)

入門 犯罪心理学 (ちくま新書)

  • 作者: 原田 隆之
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/03/04
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
近年、犯罪心理学は目覚ましい発展を遂げた。無批判に信奉されてきた精神分析をはじめ実証性を欠いた方法が淘汰され、過去の犯罪心理学と訣別した。科学的な方法論を適用し、ビッグデータにもとづくメタ分析を行い、認知行動療法等の知見を援用することによって、犯罪の防止や抑制に大きな効果を発揮する。本書は、これまで日本にはほとんど紹介されてこなかった「新しい犯罪心理学」の到達点を総覧する。東京拘置所や国連薬物犯罪事務所などで様々な犯罪者と濃密に関わった経験ももつ著者が、殺人、窈盗、薬物犯罪、性犯罪などが生じるメカニズムを解説し、犯罪者のこころの深奥にせまる。

またまた何の脈絡もないテーマ選択でごめんなさい。でも、本人はいたって真面目です。実は、この本のことを知ったのは、講談社現代ビジネスWeb版に掲載された8月9日付のルポ「薬物依存症患者と接するなかで学んだ、二つの大事なこと」を読んだからである。この記事を読んでいると、フィリピンの場合は多分覚せい剤なのだろうが、ブータンでの薬物依存症対策を考える上でも示唆がありそうな気がした。そして、そのルポの一番最後に載っていたのが、同じ筆者による著書『入門 犯罪心理学』だったというわけである。

ルポを読んだ時も、本書を読んだ時も同様に感じたのは、著者の文章が非常に読みやすいという点である。自分には不慣れなテーマだけに、正直言うと本書を読み始めるのにはそれなりに抵抗もあった。往々にして特殊な領域を扱った書籍では専門用語が頻出してそのたびに躓いてサクサク読めないということがありがちだが、この本にはそういうところが一切ない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

再読『農山村は消滅しない』 [仕事の小ネタ]

農山村は消滅しない (岩波新書)

農山村は消滅しない (岩波新書)

  • 作者: 小田切 徳美
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 新書

単なる偶然だと思うが、本書を読了したのは8月23日。再読で前回読了したのは2年前の同じ8月23日だった。当時は限界集落の問題とか、地方創生の問題とか、人口高齢化の問題とか、もっぱら日本国内のことを考えていたし、当時は「コンパクトシティ」に対する反論というところにも惹かれて読んでいたのではないかと思う。

そんな本を改めて読み直そうと考えたきっかけは、ご想像の通りでブータンとのつながりである。先月から今月にかけて、ティンプーにファブラボができたり、日本政府が農道建設機械の供与をやったり、日本からかなりの数の高校生や大学生がブータンに来たり、また逆に、JICAのプログラムで「地方行政」や「農村企業家育成」といったテーマの研修で日本に行った人、帰ってきた人も結構いた。加えて、僕自身も東部の入り口ともいえるモンガルまで足を運ぶ機会を初めて得た。

ブータンの農村開発上の課題と言ったら「農村から都市への人口移動」→「耕作放棄地の増加」→「獣害」といったところがすぐに思い浮かぶ。日本は首都ティンプーを魅力的な街並みにする協力にはあまり力を入れていないが、農村や地方の魅力を高めて住みやすい土地にするための協力には力を入れていると思う。

農業の機械化や作物の多様化も然りだが、農村部の人々の最も求めているのは農道で、その建設や維持管理に必要な重機の供与も行ってきた。これで農村から地方の都市へのアクセスは良くなると思うし、逆に地方都市に住んでいる人が村に住んでいる親のところに週末に出向き、畑を手伝うというのもやりやすくなる。本書でも出てくる「ウィークエンドファーマー」という奴だ。そして、地方都市においてどんな起業があり得るかという、パズルの最後の1ピースも、JICAの研修という形で考える機会を提供している。長期的には、ファブラボのようなものづくり環境が地方にももっと広がれば、地方でのハードウェア・スタートアップをやりやすくなるだろう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

問われる教育の質 [ブータン]

初めての学習到達度調査、教育の質の低さを浮き彫り
First ever surveys confirm below average quality of education
The Bhutanese、2017年8月19日、Tenzing Lamsang記者
http://thebhutanese.bt/first-ever-surveys-confirm-below-average-quality-of-education/

【ポイント】
OECDの学習到達度調査(PISA)の開発途上国版(PISA-D)の導入を前に、ブータン学校試験審査評議会(BCSEA)が昨年行った2回のプリテストで、ブータンの教育の質が全世界の平均以下であること、さらには生徒が、知識の応用能力、分析能力、創造力、問題解決能力等に欠けているという実態が明らかになった。

このプリテストは、政府が目指している2018年のPISA登録、2021年のPISA全面導入を前に、その事前確認を目的として実施されたもの。2021年には、PISA-DからPISAへの完全移行が実現する見通し。PISA-Dの本格実施は2017年11月の予定で、BCSEAはそれに先立ちプリテストを行ったもの。1回目はティンプー県内13校(ティンプー市内10校、市外3校)の9年生、10年生(日本の中1、高1に相当)、3,694人を対象、2回目は全国20県87校、13,624人を対象に実施された。

これまでの教育は、知識を得ることのみに力が注がれてきたが、その知識を実生活に適用したり、分析したり、新しいものを作り上げたりする能力の習得にはあまり重きを置かれてこなかった。このため、公務員試験には向くものの、企業家や科学者、ビジネススタートアップ等が輩出されにくい実態が明らかにされたといえる。

教育相は、この実態を踏まえて、カリキュラムの見直しや教員の指導法の見直し、学習到達度の評価方法の見直しなどを行う意向を明らかにした。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『走る?』 [読書日記]

走る? (文春文庫)

走る? (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: Kindle版
内容紹介
人生は走ることに似て、走ることは人生に似ている――。芥川・直木賞作家から青春エンタメ小説の名手まで、類を見ない豪華メンバーが“走る"をテーマに競作した短編14作、ここに集合!人が次の一歩を踏みだそうとする時、その背中をそっと押してくれる、バラエティー豊かな作品が目白押し。異色のアンソロジーをご堪能あれ。

8月のブログ更新頻度の低下について、長ったらしい言い訳を前回したが、考えてみたら、完全フリーの日曜日というのもなかったというのも事実だ。僕が毎週末顔を出しているファブラボ・ブータンは現在は日曜日を休みにする方針を取っているので、僕が顔を出すのは土曜日限定だが、では日曜日は何をやっていたかというと、地方出張で不在にしていたり、静かな職場に出向いて提出期限間近の原稿を書いていたり、といった具合で終日何かをやっていたという日が多かった。

実は昨日(20日)も、今週前半締切と言われていた仕事4件を抱え、それを少しでも片付けてしまおうと1人職場に行った。9時30分には職場に着き、さっそく作業開始したが、この日は思った以上に作業が捗り、昼食を挟んで14時までには4つの作業が全部片付いてしまった。17時までかかると覚悟していたくらいなので、この時点で3時間の節約ができた。プチ達成感を感じながら自宅に戻り、この節約した時間を何に使おうかと考えた挙句、このアンソロジーを読むことを選んだ。

このアンソロジーに短編を提供しているのは、東山彰良、中田永一、柴崎友香、王城夕紀、佐藤友哉、遠藤徹、前野健太、古川日出男、岩松了、小林エリカ、恒川光太郎、服部文祥といった面々。小説家もいるけど、俳優だとかシンガーソングライターだとか冒険家という人もいる。割とよく読む小説家といったらこの中では中田永一ぐらいなので、作家の顔ぶれで本を選んだのではもちろんない。「走る」という共通テーマに惹かれたのである。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

長い言い訳 [ご挨拶]

すみません。8月に入ってから、筆がピタッと止まっています。
このところのブータンでの新聞報道に、すごく面白くてブログでシェアしたくなるものがないのです。
それに、読書の方も滞っており、紹介できる本もありません。

今日は8月20日ですが、既に8月が3分の2も終わってしまったのかと思うと信じられない気持ちです。
6日間の長めの国内出張があったり、職場で「夏祭り」を企画して自らも出し物を披露したり、
日本はお盆休みの時期だというのに、その分のお鉢がこちらに回ってきた感じで、
いろいろな行事が一時期に極端に集中して身動きとれなくなったり――――。
とにかく、「クソ」を付けたくなるような忙しさでした。

などと言い訳だけ並べてても申し訳ないので、最近身の回りで起きていることをご紹介しときます。

1.ネルー・ワンチュク文化センターのヨガ教室に通い始めた。
6月の国際ヨガデーで初めてヨガをやりましたが、ここ1年ほどずっと悩まされていた右の腰から臀部にかけての痛みと痺れが一時的に解消されました。血行が良くなったからだと思います。これはいいなと思い、夕方のヨガ教室に通い始めました。残業がなく、夜のお付き合いもない日は確実に通っています。

2.ファブラボ・ブータンに入り浸り始めた。
7月20日にオープンしたファブラボに、このところほぼ毎週のように顔を出しています。9月中を目途に作ってみたいものがあり、そのためにFusion 360と格闘して3D CADを勉強中です。予定が特にない土曜日は、確実にファブラボにいます。ついでに言うと、ファブラボ・ブータンについては、日本の某日刊紙で9月に紹介してもらうべく、ただ今原稿を書いています。

3.GNH国際専門家会議(11月)での発表をレジスターした。
11月7日から9日までブータンで開催されるGNH国際専門家会議、今年は「GNHとビジネス」というテーマらしいので、日本の民間企業に勤める友人と、自分たちが酒場トークで温めてきたアイデアをここで開陳しちまおうと考え、14日の締め切りまでに発表要旨を作って主催者に提出しました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る