So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

『江戸を造った男』 [読書日記]

江戸を造った男

江戸を造った男

  • 作者: 伊東潤
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/09/07
  • メディア: 単行本
内容紹介
伊勢の貧農に生まれた七兵衛(後の河村瑞賢)は江戸に出て、苦労の末に材木屋を営むようになり、明暦3(1657)年、明暦の大火の折に材木を買い占めて莫大な利益を得る。やがて幕府老中の知遇をえて幕府の公共事業に関わっていく。日本列島の東廻航路・西廻航路の整備や全国各地で治水・灌漑・鉱山採掘などの事業を成功させた。新井白石をして、「天下に並ぶ者がない富商」と賞賛された男の波乱万丈の一代記。作家生活10周年記念作品。

最近、小費を惜しまず大計を論じる典型的な人に会った。日本人である。世のため人のためを考える、マズローの欲求5段階説の実は6段階目に相当する「自己超越」欲――すなわち、「見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態」というのにある人であった。僕のように、家族を大切にとか、自分もやりたいことがあるとか、第2段階から第5段階までを行ったり来たりしている人間には容赦なく、「それじゃダメだ」と否定される人であった。みんながそんな境地になれるなら世の中はもっと良くなっていると思うと失笑もするが、すごい人だと率直に思った。その人にご家族があるのかどうかは聞かなかったが、いるとしたらご家族の寛容ぶりもすごいと思う。

本書の主人公の河村瑞賢って、そんな人だったようだ。多分にフィクションは入っているかもしれないが、何せ自分がやってきた土木工事、航路開拓、治山治水事業、鉱山事業等の知見を、第三者に話して記録に残させた人である。その中には自身もその場に居合わせていた新井白石等もいて、それなりに信憑性の高い伝記が今に残っている。こういう17世紀の公共事業の記録が文書として残っているというのが日本のすごいところだと思う。ただ、それ以前の土木工事の記録を残していたという点では、中国もすごいと思うが。その中国の知見を参考にしつつ、自国での特定の事業の文脈に落とし込んで新たなイノベーションを起こしていったところに、河村瑞賢のすごさもある。

500頁を超える大作だが、読んでただただ感銘を受ける。82歳まで生きた人だ。当時の平均寿命を考えれば大変な長生きだった人で、それだけに残した功績も1つや2つではない。江戸幕府もよくこれだけ次から次へと難題を与えるものだと思うし、それを次から次へと河村瑞賢も片付けていったものだなと思う。この人が長生きして様々な功績を残していったことが江戸幕府にとっても、同じ時代を生きた多くの人にとっても幸せなことだったに違いない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ブータン初の宝くじ [ブータン]

宝くじの第1回抽選会
Phuensum Dharim’s first draw
Kuensel、2016年12月1日、Rajesh Rai 記者(プンツォリン)
http://www.kuenselonline.com/phuensum-dharims-first-draw/

【ポイント】
ブータンの月締め宝くじ「プンスム・ダリム(Phuensum Dharim)」の初回抽選会が11月30日、プンツォリンで行われた。1等賞金100万ニュルタムの当選番号は0044337、2等賞金50万ニュルタムの当選者は0150865、3等賞金20万ニュルタムの当選番号は0092335であった。

印刷済み宝くじ券20万枚のうち、約60%が売れた。王立ブータン宝くじ公社(RBLL)のペンペイ・ドゥクパCEOによれば、1回目の抽選会としっては成功だったと述べた。プンスム・ダリムは国内市場向けに11月中旬に発売された。2018年以降、この事業は3億6600万ニュルタム規模にまで拡大の見込み。

RBLLは既に国内8カ所の地域販売代理店を指定。

2016-12-1 Kuensel.jpg

続きを読む


タグ:開発資金
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国際障がい者デー記念式典に出てみて [ブータン]

国際障がい者デー式典開催
International Day of Persons with Disabilities observed
Kuensel、2016年12月5日、Thinley Zangmo記者
http://www.kuenselonline.com/international-day-of-persons-with-disabilities-observed/

【ポイント】
12月3日、ペマ王妃ご同席の下、国際障がい者デー記念式典がティンプーで開催された。主催はABS(Ability Bhutan Society)と保健省。王妃に加え、トブゲイ首相以下主要閣僚が同席、様々な障がいを持つブータン人も多数列席した。

2016-12-5 Kuensel.jpg

式典は「私たちが望む未来のためのSDGs17目標の達成に向けて」と題し、ABS理事長の冒頭挨拶でも、インクルーシブで様々なサービスへのアクセスが可能な社会の実現の必要性や、障がい者とその家族のスティグマの解消、差別の解消等が強調された。

ABSや日本のNGO佛子園は、他の障がい者団体とも共同で全国7県での障がい者実態調査を実施。それによると、住民の6.3%が何らかの障がいを抱えており、最も多いのは聴覚障がい者で、これに肢体障がい者と知的障がい者が続くことが明らかになったという。

ABS理事長の挨拶に続き、障がい者代表2名が自身の生活の実態について紹介。続いてパロの聾学校ワンセル・インスティテュートがオーストラリアボランティアの協力を得て制作したゾンカ語手話独習用DVDのローンチが行われた。さらに、保健大臣スピーチ、WHO東南アジア地域事務所代表メッセージの代読、最後に、クエンセル記事では言及がないものの、JICAブータン事務所長のスピーチも行われた。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国内配備のヘリは2機 [ブータン]

頻繁なヘリ使用に批判集中
Cabinet under fire for frequent use of choppers
Kuensel、2016年11月30日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/cabinet-under-fire-for-frequent-use-of-choppers/

【ポイント】
11月29日に行われた国会質問で、現政権閣僚のヘリコプター使用が頻繁ではないかとの質問が飛び出し、閣僚が答弁に追われた。この指摘はパンバン(シェムガン県)選出のドルジ・ワンディ議員が行ったもの。同議員の指摘によれば、今年10月6日に首相が行ったヘリ使用は、政府に86万6000ニュルタムの費用負担を強いた。昨年パロで行われたナショナルデー記念式典への閣僚の移動には、150万ニュルタムがかかったという。2機のヘリには3名の操縦士が配置されているが、各々の月給は50万ニュルタムである。同議員はヘリ使用自体は否定しないものの、あまりに頻繁な使用には縛りを設けるべきではないかと指摘した。

同議員の発言は、野党のペマ・ギャムツォ党首が自身のFacebookで29日にこの問題を取り上げたことに端を発している。党首は、昨年12月2日から今年11月8日までの間に、首相のヘリサービスの利用に要した費用は575万ニュルタム、他の閣僚も計273万ニュルタムかかっていると指摘。

こうした指摘に対し、ダムチョ・ドルジ外相は、首相も他の閣僚も本当に必要な時に限りヘリを使用していると反論。我々は多くの来訪者に応対する多忙なスケジュールの中で動いているので、ヘリ使用は時間の節約になると指摘。また、この夏の長引くモンスーンで南部サルパンが洪水被害に遭い、ティンプー・プンツォリン国道が遮断された際にはヘリはフル稼働しており、本来ヘリとはそうした緊急時に使用するものだと回答した。また、ブータン・ヘリコプター・サービス社に支払われた利用料は税金として政府に還元されているという。同社の納税額は400万ニュルタムに達する。

DNドゥンゲル情報通信相は、現在ブータンの保有するヘリは2機で、1号機は2015年11月、2号機は今年6月に配備されたという。現在までに、保健省の依頼に基づく患者の緊急搬送は累計で120回行われている。ガサ県北部やティンプー県北部のいくつかの郡からの患者移送に要した累計時間は17時間13分だという。患者移送では1時間当たり18万1000ニュルタムが保健省に請求される。現在自動車道路がない7郡からの移動は通常の利用料金の50%割引が適用される。1時間当たり6万5500ニュルタムの請求額となる。

2016-11-30 Kuensel.jpg
《2015年に配備されたヘリ1号機》

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ノスタルジー1972』 [重松清]

ノスタルジー1972

ノスタルジー1972

  • 作者: 中島京子、早見和真、朝倉かすみ、堂場瞬一、重松清、皆川博子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
あの頃の未来は、どんなだった?現在の根っこはここにある。近くて遠い、日本の原風景を描いた、豪華執筆陣による6つの物語。

一時帰国中に買ってきた小説等をようやく読める心の余裕ができた。といっても、読み始めたのは数日前からで、アンソロジーだけに小刻みに読んでいって、ようやく自由時間が多少できたこの日曜日に、残っていた2編を一気に読んでしまった。

ご想像の通りで、このアンソロジーは、1972年の記憶がある作家さん(1977年生まれの早見さんを除く)が、1972年に起こった出来事を中心に描いた短編で構成されている。1972年って何があっただろうか。ウィキペディアで主な出来事を拾ってみる。いずれもこの作品集の中で言及ある話である。

1月: グアム島で元日本陸軍兵士横井庄一発見。
2月: 札幌オリンピック開催。連合赤軍によるあさま山荘事件。
3月: 東武東上線成増駅前にモスバーガーの第一号実験店舗が開店。
4月: 外務省機密漏洩事件で毎日新聞の西山太吉記者らが逮捕される。川端康成が逗子市でガス自殺。
5月: アメリカから日本へ沖縄返還。
9月: 田中首相訪中し、日中国交正常化の共同声明。
10月: 巨人が8年連続セ・リーグ優勝(V8)。
   フィリピンのルバング島にて警察と生き残りの日本兵とで襲撃戦が発生する。
   日中国交正常化を記念して上野動物園にジャイアントパンダのランラン、カンカンが来園。
11月: 国鉄北陸トンネル内で列車火災。羽田空港発福岡空港行きの日航機がハイジャックされる。
   衆議院解散(日中解散)。ソ連に亡命していた女優の岡田良子が一時帰国。
   日本航空シェレメーチエヴォ墜落事故。
12月: 八丈島東方沖地震が発生。第33回衆議院議員総選挙投票

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この道はいつか来た道 [ブータン]

上院、農業セクターへの不満を表明
NC unsatisfied with agricultural sector growth
Kuensel、2016年11月24日、MB Subba記者
http://www.kuenselonline.com/nc-unsatisfied-with-agricultural-sector-growth/

【ポイント】
23日、上院自然資源・環境委員会(NREC)は、「農業政策レビュー」と題した報告書を上院に提出、この中で、農業セクターを取り巻く課題と農業生産拡大に向けた提言を行った。農業セクターを取り巻く課題として、報告書は、農産品輸入の増加、農村における空き家(gungtong)の増加、各県から寄せられる耕作放棄地増加の報等を挙げている。上院は、これらは適切な農業政策や戦略の欠如か政策実施における様々な問題によるものだと指摘する。

現行第11次五カ年計画期間における農業セクターの成長率は0.85~2.41%で、これは第2次産業(3.06~12.48%)、第3次産業(0.3~15.21%)と比べて低く、五カ年計画が描いた、農村の繁栄と貧困削減を通じて公平な開発を実現しようとする意図を実現するには不十分。GDPに占める農業セクターのシェアは、24%(2004年)から16%(2013年)にまで低下している。

農業セクターは今日、総労働力の56.6%(192,281人)を吸収。農業セクターでは労働力不足が指摘されるのに、若者の失業率は高いというパラドックスに直面している。2004年、ブータンは穀物、野菜、果物、カルダモンを合わせて28万620トンを生産、これが2007年には41万9782トンにまで増加したが、その後は反転し、2014年は28万4616トンにまで低下してしまった。

農地は国土の総面積の2.93%。ブータン国土地理院(NLC)によれば、耕作可能な湿地(chuzhing)と乾燥地(kamzhing)は合せて44万8165エーカーあるが、うち実際に耕作に利用されているのは2014年時点でも16万9439エーカー、これは耕作可能地の37.8%に過ぎない。残る27万8726エーカーは使われていない。水田面積は4万6585エーカー(2004年)から4万8873エーカー(2014年)にまで増加。これは2時点間の比較では4.9%の増となっているが、2007年には6万7564エーカーにまで増加したものが減少に転じた結果となっている。

一方で、コメの生産は実査には5万4325トン(2004年)から7万7038トン(2014年)に増加している。これは、灌漑整備への投資や、コメの品種改良、農業機械化の結果だと、報告書は評価している。2013年時点で、ブータン国内の灌漑システムの総延長は2583km、うち92.4%が機能していることが確認されている。しかし、灌漑用水は天水依存度が高いというリスクを抱える。

続きを読む


タグ:農業 雇用
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トブゲイ首相、ドイツ・サステナビリティ賞を受賞 [ブータン]

首相、ドイツ・サステナビリティ賞を受賞
PM honorary laureate for German Sustainability Award
Kuensel、2016年11月26日、Rinzin Wangchuk記者(デュッセルドルフ)
http://www.kuenselonline.com/pm-honorary-laureate-for-german-sustainability-award/

【ポイント】
ツェリン・トブゲイ首相は、ブータンにおけるサステナビリティの普及への多大なる貢献が評価され、2016年のドイツ・サステナビリティ賞(GSA)を授与された。25日夜、デュッセルドルフのドイツ・サステナビリティ賞財団主催の表彰式に出席した首相は、受賞スピーチの中で、この受賞は個人のものではなく、第四代国王の類まれなるリーダーシップによるものだと強調。第四代国王はわずか17歳で即位してすぐにブータンの環境保護・保全を国のプライオリティとするビジョンを打ち出した。これはサステナビリティや環境問題がグローバルな課題として強調されるようになるよりずっと前の話である。

また首相は、長年にわたるブータンの伝統的な風習や自然との平和的な共存に対する精神的な信仰、ブータンと世界の環境の保護に対する長期にわたるコミットメントが、ブータン全国でのエコシステム維持努力の成功をもたらしているとも強調。気候変動とそれが経済にもたらす深刻なリスクにも言及し、それでもブータンが二酸化炭素を排出しないという勇気あるコミットメントを無条件に自らに課しており、世界中のリーダーをより真剣に気候変動への取組みに向けることを望むと述べた。

2016-11-26 Kuensel01.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インド高額紙幣廃止の影響 [ブータン]

2016-11-18 Rupee.jpg

11月9日、米国大統領選の結果以上に僕らを慌てさせたのは、前夜インドのモディ首相が突然打ち出した現行1000ルピー、500ルピー紙幣廃止の報だった。青天の霹靂、まさに不意打ちである。9日早朝、このニュースに気付いた僕は、慌てて自分の持っているルピー紙幣の残高を確認した。1000ルピー、500ルピー紙幣を合計すると、ちょうど6000ルピーあった。

どうしようかと途方に暮れた。これだけのためにわざわざインドまで行くわけにもいかない。どうせ無価値なんだから、封筒に入れてインドの知り合いのNGOに送っちゃおうか・・・。などといろいろ対策を思い巡らせていたが、よくよく考えたらブータンのニュルタムはインド・ルピーにペッグしている。9年前にインドからブータンに出張で来た時、旅費を100ルピー紙幣で持ち込んでスーツケースが非常に重くなった。当時のブータンでは500ルピー以上の紙幣の流通は認められていなかったが、今はティンプー市内でも時折高額のルピー紙幣を見かけるようになった。

王立通貨庁(RMA、中央銀行に相当)は、9日午後、インドの高額紙幣は国内の銀行に持ち込めばその人が持つニュルタム口座に入金するという声明を出した。僕自身はこちらの銀行にニュルタム建ての口座を持っていないので、僕自身が直接それをやることはできないが、取りあえず職場の誰かに頼んで、その同僚の預金口座に入れてもらうということで話を付けた。個人的にはこれで一件落着。

それで、ブータン国内でどれくらいのルピーが預金口座に入ったのだろうか―――。これに関する記事が、18日付クエンセルに掲載されていたので紹介しておく。

15日までに8億2700万ルピーが集まる
INR 827M deposited as of Nov 15
Kuensel、2016年11月18日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/inr-827m-deposited-as-of-nov-15/
RMAの発表によれば、15日までに市中銀行に持ち込まれたインド高額紙幣は、総額で8億2700万ルピーに達した。これらは預金客のニュルタム口座に入金されるとともに、集まったルピー紙幣はRMAがインド準備銀行(RBI)に送付し、新しい2000ルピー紙幣を受け取ることになっている。RMA総裁によれば、この状況は警戒を要するものではない。RMAのインドルピー建て外貨準備高は280億ルピーにのぼり、うちわずか1%に相当する16億2200万ルピーが現金での保有となっている。

一方で、ブータンに入国してきたインド人が新2000ルピー紙幣を持ち込み始めており、銀行でも新紙幣を受け取ってもよいかどうかの照会がRMAになされているという。RMAはRBIに対して受入れ開始の可否を現在照会中だが、総裁によれば大きな問題はないと見ている。

インド国内での新紙幣の流通量が不足している現状、ブータンと国境を接するインド側の都市では、ニュルタムが取引通貨として一時的に利用されるという状況が報告されている。また、インドの一部メディアはインドの巨額のブラックマネーがブータンに持ち込まれる可能性を指摘しているが、国内銀行への持ち込みに際しては預金者の身元確認を必ず行っており、ブラックマネーの捕捉に難しい点はないとの由。

旧紙幣の銀行持ち込みは、11月30日まで続けられる予定。

続きを読む


タグ:インド
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ブータンの染と織』 [ブータン]

BhutanTextile.jpg

ブータンの染と織 (Work note)

  • 作者: 山本 けいこ
  • 出版社/メーカー: 染織と生活社
  • 発売日: 1995/01
  • メディア: 単行本
この一時帰国の期間中、機会あってブータンの繊維業に関して日本語で書かれた書籍に目を通した。これにはいろいろ事情がある。ブータンで手に入れた、民族衣装の生地を使った手工芸品をお土産として持ち帰り、昔から付き合いのある10代、20代の女性向けアパレル製品カタログ通販会社の方に見てもらうという機会があったので、ひょっとしたら生地についての説明が必要かもと思ったというのが最大の理由である。もう1つ、僕の古くからの読者の方はご存知かもしれないが、僕は一時期インドのシルク産業について相当調べたことがあり、また以前読んだ西岡京治・西岡里子著『ブータン神秘の王国』の中にブータンの養蚕に関する記述を発見してから、機会があれば今ブータン東部の養蚕ってどうなってるのか見てみたいと思ってきたからだった。

ただ、ブータンに来てから、今では東部の野蚕飼養は壊滅状態だと聞かされて、ちょっとがっかりしていた。本書でもその点については書かれている。野蚕飼養は家蚕に比べてさらに手間がかかる。さらに繭ができても、糸がごわごわで繰糸にはかなりの力が必要とされる。若者がその地域に少なくなり始めたら、最初に立ち行かなくなるのが野蚕シルクなのである。それにすぐ隣りにはエリ・シルクで有名なインド・アッサム州が控えている。競争にさらされたらブータン産シルクは太刀打ちできないだろう。なんとなく予想はしていたことだとはいえ、ちょっと残念だ。

一方で、僕がブータンにいる間に是非産地を見てみたいと思っているのは、ペマガツェルやサムドゥップジョンカルの綿花栽培である。日本だって、昔は高級衣料は絹、庶民衣料は麻だったのが、戦国時代以降木綿が導入されるようになって、綿花栽培が全国各地で普及した。お隣りのインドの州では綿花栽培はあまり行われていないと思うので、綿花栽培だったらちょっとは見込みあるかなと思うのである。ましてや、ペマガツェルではオーガニックコットン栽培が行われているというのだから…。

いずれにしても、本日ご紹介した本で書かれた情報をベースラインにしつつ、自分なりに少しばかり調べてみたいと思うのである。ついでに言えば、民族衣装の生地を使った手工芸品が、日本のカタログ通販のルートで売られたらいいなぁと思ったりもするのだが、素人目に見ても日本の消費者の求めるクオリティにはまったく到達していないので、時間かかるだろうな。

さて、綿花といえば、11月19日付のクエンセルに、新型繰糸機の記事が出ていた。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ブータン企業家週間 [ブータン]

誰がどう決めたか定かじゃないが、11月14日から20日まで、「世界企業家週間(Global Entrepreneur-ship Week)」に定められていて、世界中でそれにちなんだイベントが開かれたらしい。この期間は僕は日本に帰っていたので、ブータンがどうだったのかはよく知らない。でも、こちらに戻ってきてクエンセルのバックナンバーを読み込んでいて、やたらと「起業/企業家」に関する記事が掲載されていたのが気になった。1つひとつを取り上げていたら大変なので、今日はダイジェストでご紹介してみたいと思う。

志は高く持とう、もったいぶらずにいこう
Be ambitious, not pompous
Kuensel、2016年11月16 日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/be-ambitious-not-pompous/
世界企業家週間のオープニングを飾るパネルディスカッションに関する記事。政府系企業の持ち株会社であるドルック・ホールディングスのサンゲイ・カンドゥ委員長は、一夜にして金持ちになりたいと考えていては多くのビジネスの種がものにならない。国は企業家支援に不慣れで、民間セクターの信頼を損なってきたと指摘。政府は事業提案書の書き方等の訓練は行うが、銀行はプロジェクトファイナンスの仕組みを持っておらず、結局企業は融資を得られない状況に終わっている。一方で、企業家側もなんとか受けられれた融資で車を購入したりして事業実施を滞らせる。起業に本当に必要な資金の調達が問題だとカンドゥ委員長は指摘し、政府と銀行が資金供与のための信頼性の高い制度を構築することが必要だと述べている。

社会起業家の1人であるプシュパ・チェトリ氏も、資金調達の難しさを指摘。一方で、レキ・ドルジ経済大臣は、政府が事業機会情報センター(BoiC)や農村企業開発公社を設立し、起業支援融資目的のために21億ニュルタムを銀行に資金注入するなどの取組みを行っており、インフラ整備などの投資環境の整備が進めば、企業活動はより進めやすくなると主張した。この国の企業家にとって最も重要な取組み課題は、自身の企業活動に対する信頼を勝ち取り、事業の進捗を地道に示していくことだと記事は結んでいる。

これに続く記事は、11月17日付クエンセル1面に掲載された世銀の労働市場に関する報告書。これについては既に前回のブログ記事で紹介したので省略する。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る