So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

『陸王』 [池井戸潤]

陸王 (集英社文芸単行本)

陸王 (集英社文芸単行本)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: Kindle版
内容紹介
勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

この本は、今週一時帰国していれば、単行本を買ってブータンに持ち帰ろうかと思っていた池井戸潤の新刊である。こちらで、ある大物人物と来年3月のブータン国際マラソン(フル)を一緒に走る約束をしてしまった。実際本番まで残り半年となったので、最近になってようやくジョギングを再開した。気分的に盛り上がるには、こういう池井戸さんの勧善懲悪ものを読むのがいいかと思って、ひそかに楽しみにしていた。しかも、今度の作品の舞台がマラソン・駅伝。ランナーのパフォーマンスを下支えする、ランニングシューズに関するお話である。

ところが、楽しみにしていた一時帰国が急にできなくなってしまい、単行本を買ってくる計画も頓挫。でも読みたい気持ちは変わらずで、それならということでキンドル版をダウンロードすることにした。書籍版だと588頁もある超大作だが、電子書籍だとそんなに分厚い本だという印象はなかった。さすがにあっという間に読了というわけにはいかないが、楽しいひと時を過ごさせてもらった。現実逃避とも言えるが(笑)。

実は読み始める直前、僕は10月1日(土)に当地で開かれる12kmのロードレースにエントリーした。普段の練習では5kmしか走っていない人間が、いきなりその倍以上の距離を走るというのだから大変だ。気持ちが焦る反面、ここ2日ほどあいにくの雨で朝方ジョギングにも出かけることができずに過ごしている。そういう時のための長編小説。イメージトレーニングをしつつ、気合を入れるには十分すぎる1冊だ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

観光プロモーションの効果 [ブータン]

ブータン・日本友好オファー、日本人訪問客増に貢献
Bhutan-Japan friendship offer sees sharp rise in Japanese visitors
Kuensel、2016年9月20日、Dawa Gyelmo記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-japan-friendship-offer-sees-sharp-rise-in-japanese-visitors/

【ポイント】
今年6月から8月までの3カ月間で、ブータンを訪れた日本人観光客の総数は3,348人にのぼった。ブータン・日本友好記念オファーに関してブータン観光評議会(TCB)がまとめた報告書速報版で明らかになったもの。昨年の来訪者数は625人にとどまったのと比較して、5倍増という結果である。

この3カ月間限定の特別オファーは、二国間外交関係樹立30周年を記念して行われたもの。また、ブータン側にとっては、今年は王子誕生やシャブドゥン・ガワン・ナムゲルのブータン到来400周年、ブータンに仏教を伝えたグル・リンポチェの生誕記念年にも当たる。

特別オファー期間中、日本人訪問者は1日200ドルの固定料金が65ドルに減額された。航空賃も50%の割引運賃となり、ホテルも最大50%の特別割引を提供した。この間に徴収された利用料及び査証発給料金収入は102万ドルにのぼり、これは昨年の同じ時期の22万1,565ドルと比べても大幅な増収となった。

2012年、日本人観光客は年間で6,967人にものぼったが、その後は年々減少が続き、2015年の訪問客数は2,437人にとどまった。日本語通訳ガイドの不足やバンコクからブータンに入国するフライト数が限られていたのがボトルネックになってきたと報告書は分析。

TCBのアンケート調査によると、回答者の80%が特別オファーが訪問の決め手になったとしている。

訪問者の33%が男性、67%は女性だったという。また、その多くが55歳以上で、1回の渡航にかける費用は平均2,320ドルだった。ほとんどの訪問者は三つ星ないし四つ星ホテルに宿泊、五つ星ホテルに宿泊したのは全体の9%程度にとどまった。また、9%は農村での宿泊も経験。

回答者の多くは、宿泊施設、食事、移動、ガイド、サービス、屋外での文化行事はとても良いと評価するが、一方で、ショッピング施設、買い物の選択肢の少なさ、道路インフラの状況は悪いと評価。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

世界銀行の都市開発支援事業 [ブータン]

タバ地区、模様替えへ
Taba to get facelift
Kuensel、2016年9月17日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/taba-to-get-facelift/

2016-9-17 Kuensel.jpg

【ポイント】
9月16日(金)、ティンプー市北部のタバ地区において、世界銀行の支援するブータン都市開発プロジェクトの鍬入れ式が行われた。トブゲイ首相やキンレイ・ドルジ市長が式典には出席した(写真)。

この事業では、タバ地区のエリア開発計画(LAP)に基づき、道路や歩道、街灯、上下水道網の整備等が行われる。この整備事業は日本の建設会社・丸新志鷹が受注。2019年末の完成を目指す。

タバ地区のLAPは、78エーカーの土地が対象。うち22エーカーでは、地権者の土地をプールして開発後に再配分するという「Land Pooling」の手法が適用された。ティンプーのLand Pooling手法は、世銀が最近公表した報告書『What Makes a Sustainable City(何が持続可能な都市を創るのか)』に収録された、世界のグッドプラクティス16事例の1つとして紹介されている。

事業の総費用は2億5200万ニュルタム(約500万ドル)。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

借り手に有利な金融制度 [ブータン]

金融セクターで司法の効率性改善をーADB報告書
Improve judicial efficiency in financial sector: ADB
Kuensel、2016年9月16日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/improve-judicial-efficiency-in-financial-sector-adb/

民間セクターが金融サービスへのアクセスが成長の制約要因だと巷間指摘されるが、その一方で、銀行側もブータン企業の約半数しか会計士の認証を受けた財務報告書を準備できない今の状況では、キャッシュフローよりも物的担保に頼ることを強いられる―――これは、アジア開発銀行(ADB)が世界銀行の行った調査データをベースにまとめた指摘事項の1つである。

ADBが行った金融セクター開発評価の中で、借り手が債務不履行に陥った場合、銀行は迅速に担保物件の保全措置を取ることができないことが明らかにされた。司法制度が債権者の負担により借り手に便宜を図るような非効率な制度になっているからだという。

例えば、借入人が訴訟手続きに出頭しない場合、裁判所は何ら措置をとらず、単に手続きを先送りするだけである。このため、担保権実行手続きには何年もの時間を要する。借入人が人権委員会に異議を申し立てたために、貸し手側が借入人の実名を公表したことに対して制裁措置を課されたケースもあるという。

「こうしたケースは最も信用力のある借り手を除く全ての借り手に対する与信額を抑制する方向に働くため、間違いなく経済成長にマイナスの影響を及ぼしている。貸し手保護に向けて、借り手の関係者全員が補足されている包括リストのようなものは存在しない」―――報告書はこう述べている。

借金を滞納した借入人は、その配偶者や子ども、その他の家族の名義で新たな与信申請を行うなどして、信用情報をごまかそうとする行為を行ったりもする。

動産法では、借金返済が滞納した場合、その融資に相当する担保の保全措置を貸し手が取る権利が認められている。しかし、同法はその一方で、保全措置をとる場合に貸し手は借入人の許可を取り付けることも求めている。そのような許可は当然認められるケースは滅多にない。

貸し手は、会社法をよく理解している裁判官が少ないことも問題点として挙げている。貸し手は民法に基づき訴訟手続を進める必要があるが、借り手がこの訴訟手続に応じるには6カ月の猶予期間が設けられている。

また、報告書は、自動車ローンは特に問題が多いと指摘する。借入人は貸し手に通知せずに第三者に車両を売却してしまうことがあるという。

ADBは、国会が司法制度の効率性を改善するための法案を成立させるべきだと提言する。信用情報センターが借入人の関係者の包括リストを作り、借金を滞納する借り手が家族や別の関係者の名義で追加的な融資を得る行為を抑制し、貸し手を保護するべきだと指摘する。国家はまた、動産法改正に着手し、その中で担保保全措置の実行にあたって借入人の許可を得ることを義務付けるような措置は廃止するべきだと求めている。

危機管理について、報告書は、王立中央銀行(RMA)が銀行破綻を念頭に置いた危機管理政策を策定すべきであると述べる。これには金融機関もその対象に含めるための破産法の改正も含まれる。政府は預金保険制度を導入し、金融危機の際に預金者の金融機関に対する信用を下支えすることが必要だと報告書は述べる。

報告書はまた、与信は住宅や個人消費にばかり集中しているだけでなく、パロやティンプーに極度に集中している状況を明らかにしている。「RMAは首都圏での住宅信用危機といった、地理的ショックの可能性を検討しておくべきである」と報告書は指摘する。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『酷道を走る』 [読書日記]

酷道を走る

酷道を走る

  • 作者: 鹿取 茂雄
  • 出版社/メーカー: 彩図社
  • 発売日: 2009/08/08
  • メディア: 単行本
内容紹介
全国に広がる大々的な道路網。しかしそのすべてが快適に走れると思ったら大間違いだ。 ダートでドロドロ、ガードレール皆無なのはあたりまえ。それ以上の、命の危機を感じる危険が国道には数多く潜む。 そんな「国道」ならぬ「酷道」を走破した記録とノウハウが詰まった1冊。 地図もついているので、ドライブにも必携!

どうしょうもない事情により19日からの一時帰国をキャンセルしてしまった。どうしてもいなければいけないのは24、25日の両日だけで、あとのところは何の予定も入れていない。一時帰国をキャンセルしたからといって何か代わりにやることが急に入るわけでもないので、ふだんなら早朝やっている仕事の予習もせず、息抜きに何かもう1冊読もうかと考えた。

シリアスものじゃ息も詰まる。何かないかなとキンドルのショップで物色していたら、なにやら表紙が面白い本に目が吸い寄せられた。タイトルには『酷道』とある。明らかに日本の辺境の国道のルポだと想像できた。いいですね~、ブータンの国道で経験させられるようなことが、日本の国道でも味わえるのだ。

2016-9-20 Dzongkhalum.jpg
《ブータン国道4号線、ゾンカラム橋の崩落現場。7月上旬に崩落後、最近ようやく復旧した》

2016-8-30 Kuensel05.jpg
《ブータン国道1号線、ノブディン手前約10km地点の斜面。目の前を石が転がり落ちてくる》

酷道・廃道ものは、本書の前にも何冊か出ているのがあるらしい。いずれも人気で、発刊から10年近く経過してもいまだに絶版になっていないが、なにせキンドルで読める初期の作品といったら本書ぐらいなので、さっそくダウンロード開始。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

医療サービスが無料だと病院も大変 [ブータン]

JDW病院スタッフの労働負荷高まる
JDWNRH workload increasing
Kuensel、2016年9月15日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/jdwnrh-workload-increasing/

2016-9-15 Kuensel.jpg

【ポイント】
9月14日(水)、ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)は、初めての年次報告書を公表した。

JDWNRHが年次報告書の発表に踏み切った背景として、タンディン・ワンチュク保健大臣は、病院のサービスについて国民に知ってもらうこと、病院スタッフの労務負担について理解を深めてもらうことを上げている。単に病院スタッフがいかに懸命に働いているのかをアピールすることだけでなく、病院スタッフが患者に対して提供する日々のサービスにはどのようなものがあるのかを、読者に理解してもらいたいという。

JDWNRHのラブ・ドルジ病院長によると、病院スタッフの労働負荷は年々高まっているという。昨年の外来患者数は524,760人で、2014年の494,792人から29,968人増加している。年間の手術実施数は、2014年の6,743回から、昨年は7,669回に増加、出産分娩数は4,035件、帝王切開実施件数は1,033件を数える。これを、専門医71人、一般医10人でさばいているのが現状。

病床数は2014年の350床から2015年には381床に増やすなど、病院側でもサービス改善に向けた努力は進めている。神経外科学手術、泌尿器科の新設、癌手術、成人ICU、小児科・新生児ICUの新設等にも取り組んできている。

JDWNRHは19の専門科で903人のスタッフを擁する。

続きを読む


タグ:保健医療
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『小説 君の名は。』 [読書日記]

小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

  • 作者: 新海 誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 文庫
内容紹介
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一報、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが――。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

このアニメーション映画、今日本では大ヒットしてるんですってね! オジサンが映画館に足を運んでいたらコワイと思われるだろうが、ちょっと興味があります。作品の舞台の半分は岐阜県の飛騨地方、もう半分は東京だけど、瀧クンの住んでる新宿区若葉って最寄駅が四ツ谷なので、僕が学生時代を過ごし、今の職場の本社とも近いんですよね。だから、作品でどんな風景が描かれているのかには正直興味はある。

巷では「聖地巡礼」などと言って、岐阜県古川町を訪ねるファンが多いそうだが、たとえ一時的ではあっても、そうやって田舎の良さを感じてもらうにはいいことかもしれない。ブータンを訪れる日本人がどこかしらその風景になつかしさを覚えると仰るのを聞くと、「いやいや日本にだってそういう土地はあるんですよね」と言いたくなる。そういう土地に住んでる若い人が、農村の風習に飽き飽きして、「ああ早く高校卒業して東京行っちまいて~」と思うのは、ブータンの農村の若者が「都会に出たい」というのと大して変わらない。そして、若者が村を去って行ってしまった後に残るものはといったら、やっぱり共通する問題だ。

大ヒットしている作品なんで、ストーリーを云々するなんて不要。ここでは、オジサンがなぜ今この作品を読むことにしたのか、そのあたりの背景を少し述べておく。「読書日記」なんだから。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

政府、公的債務政策を発表 [ブータン]

公的債務上限、固定へ
Public debt thresholds fixed
Kuensel、2016年9月8日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/public-debt-thresholds-fixed/

2016-9-8 Kuensel.jpg

【ポイント】
9月7日、公的債務政策が閣議決定された。その目的は、政治家が政権公約を実現するために無秩序な借入に走ることを防ぎ、過度の債務累積による経済への損害を回避することにある。

◆対外債務に対する年間返済額は、財・サービスの輸出総額の25%を超えてはいけない(債務返済比率)。

◆非水力発電事業債務以外の公的債務残高の対GDP比は、今次5ヵ年計画期間中、35%を上限とする。

◆一般政府債務は各年度の国内歳入の22%未満に抑制。

◆王立中央銀行の債務を含む短期対外債務は、各年度の外貨準備高の30%を超えてはならない。

◆公社の借入れに対する政府保証額は、GDPの5%までに限定。

◆こうした上限は、経済危機やその他政府が社会経済の安定維持のためにそれ以外の策がないと判断した場合には破約も認められるが、3年以内での経済安定化が条件となる。

◆水力発電事業にかかる対外債務の対外売電収入による債務返済比率は40%を上限。水力発電事業の負債資本比率は70:30を超えてはならない。

ブータンの最近の経済成長は、公的債務の増加、とりわけ水力開発に伴う債務増加と同時に起きている。今後も同水準の成長率を維持するなら、今後10年以内にブータンは低所得国を脱して中所得国の仲間入りする。そうなると、これまで経済成長に燃料を注いできた低コスト資金の調達は困難になることが予想される。

1人当たりGDPの増加に伴い、国際金融機関による資金供与の譲許性条件の変更も予想される。政府は、今後、資本支出のための新たな資金源を探していく必要がある。無償資金の受取は難しくなり、対外借入は増加が見込まれる。公的債務管理と公的借入に関する明確な政策ガイドラインがないと、持続不可能な借入により国がリスクにさらされる恐れがある。

本政策は、2007年公共財政法、2006年会計検査法、2010年王立中央銀行法、及びそれらの修正法に依拠。

この政策策定は、国家統計局、GNH委員会、財務省、王立中央銀行、経済省水力発電局の代表者からなる委員会で2年間にわたり検討されてきたもの。政策は8月18日から有効となる。

続きを読む


タグ:電力 LDC
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『500億ドルでできること』 [持続可能な開発]

五〇〇億ドルでできること

五〇〇億ドルでできること

  • 作者: ビョルン・ロンボルグ
  • 出版社/メーカー: バジリコ
  • 発売日: 2008/11/07
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
世界を救うための経済学的「正解」とは何か。地球温暖化、感染症の蔓延、内戦、教育格差、飢餓、独裁政治、人口と移住、水問題…。どれだけ金をつぎこんでもむくわれない問題とわずかなコストで劇的成果をあげられる問題がある。気鋭の経済学者たちが提言する世界的危機への優先順位ランキング。

以前、このブログで、The Nobel Laureates Guide to the Smartest Targets for the World 2016-2030という本を紹介した。2015年に発表され、17ゴール、169ターゲットもある持続可能な開発目標(SDGs)を、限られた資金でどこから手を付けていったらいいのかについて、2名のノーベル経済学賞受賞者を含めた世界的にも著名な経済学者を動員して、優先順位付けを行うというものだった。

こうした優先順位付けをビョルン・ロンボルグが代表を務めるコペンハーゲン・コンセンサス・センターが始めたのがSDGsが最初だとずっと思っていたが、実はロンボルグの著書はこれまでにも出ていて、そのうち幾つかは日本語訳も既に出ているのに気付いた。

本日ご紹介する『500億ドルでできること』は、原題"How To Spend $50 Billion To Make The World A Better Place"(世界をより良い場所にするのに500億ドルをどう使ったらいいか)という、ロンボルグが2006年に出したレポートの日本語訳である。

特に本文の中では「なぜ500億ドル?」ということについては触れられていないので、少しだけ補足しておくと、この当時は2000年に採択されたミレニアム開発目標(MDGs)を達成するためにどれだけの資金動員が必要なのかが議論の焦点になっていた時期で、特に2003年にメキシコで開かれた第1回開発資金国際会議(FfD)で、民間資金動員も含めて年間500億ドルの追加的資金が必要だと合意文書の中にも書かれている。どうやって「500億ドル」をはじいたのかは僕もよく知らない。

続きを読む


タグ:MDGs 開発資金
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

バイクレースに出た首相の話 [ブータン]

カナダ人選手、ツアーオブザドラゴンを制す
Canadian tops Tour of the Dragon
Kuensel、2016年9月5日、Younten Tshedup記者
http://www.kuenselonline.com/canadian-tops-tour-of-the-dragon/

2016-9-5 Kuensel.jpg
《今年は例年以上の悪路だったようで…》

ブータンの道路を車で走っていると、マウンテンバイクを走らせるサイクリストの姿をよく見かける。ティンプー市内には自分が知ってるだけでもバイクショップが3軒あり、この辺もサイクリストの数と合っている実感がある。なにせ先代国王もマウンテンバイクを走らせているというし、トブゲイ首相や主要な閣僚もバイク愛好家が結構いらっしゃるようである。

そんな環境だから、当然、マウンテンバイクのイベントも結構あるらしい。その中でも最高峰なのが、ブムタンからティンプーまでの268kmを12~14時間で走破するという山岳バイクレース「ツアー・オブ・ザ・ドラゴン」である。一見すると距離は大したことないかもしれないが、問題は高低差。途中3000m級の峠を3つ(ヨトン・ラ、ペレ・ラ、ドチュ・ラ)を越えなければならないし、最も海抜が低いワンデュの町は1200m、従って高低差は2200mあるのである。毎年高山病でリタイアを余儀なくされる選手も多く、完走率はあまり高くない。去年の優勝タイムはそれでも11時間55分52秒だった。

今年は9月3日(土)早朝午前2時にジャカールの町をスタートした。参加者は誰でもというわけにもいかないようで、わずか47名。うち20名が外国人選手だった。残念ながら日本からのエントリーはなかったらしい。去年に比べても道路状況は劣悪だったらしく、1位のカナダ選手の走破タイムは13時間2分5秒だった。完走は19名。外国人は8名。ブータン人選手よりも完走率が高いのは、勝負事で勝てる目途が立たないと簡単に勝負を諦めるブータン人の良くないところも垣間見る気がする。

2016-9-3 Kuensel.jpg
《コース図。9月3日付クエンセル紙から》

続きを読む


タグ:バイク
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る