So-net無料ブログ作成

『優しい時間』 [テレビ]

優しい時間 DVD-BOX

優しい時間 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD
内容紹介
2002年9月、「北の国から・遺言」によって約20年に渡る国民的ドラマ「北の国から」は一つの幕を閉じた。そして、2005年1月、満を持して再び富良野から新たなメッセージの発信。連続ドラマとしては15年ぶりとなる倉本聰が、地にしっかりと根をはやした、感動の本格派オリジナルドラマ!を執筆。もちろんテーマは、倉本ドラマの原点でもある温かい人と人の絆。この作品では、父と子の絆の再生を、さまざまな人間模様の中で描いていく。そして、もう一つは“優しさ”。本当の優しさとは何か…を、主人公の心の雪解けとともに感じ取って欲しい。

【ストーリー】
涌井勇吉(59・寺尾聰)は、総合商社のエリートビジネスマンだったが、3年前、57歳の時に突然会社を退く。原因は愛妻の死。妻・めぐみ(当時47・大竹しのぶ)が息子・拓郎(当時18・二宮和也)の運転する車の事故でこの世を去ってしまったのだ。めぐみ47歳、拓郎18歳の時の出来事だった。勇吉は、めぐみの故郷である富良野に移住してコーヒーショップ「森の時計」を開いた。一方、拓郎は、富良野から50キロ離れた美瑛という町にある窯場「皆空窯」で、陶芸家の見習いとして修行を始めていた。事故以来、拓郎とは一度も会っていない勇吉は、もちろんそのことを知らなかった。
職場の同僚から借りているDVD作品もこれで最後となりました。正月休みで何とか見終えることができました。

普段からアップテンポなローラーコースターのようなドラマ作品に慣れ切ってしまっていると、こうしたゆったりとした時間の流れの中で落ち着きを感じさせる作品は、最初のうちは違和感があるけれど、ストーリーが進行するにつれて徐々に慣れ、こういうのもいいなと思うようになった。

突っ込みを入れたくなるところはある。森の中にポツンとあるような喫茶店にこんなに客が入るという設定に最後まで違和感がぬぐえなかった。ここにコーヒーを飲みに来るだけでも大変で、特に冬場のブリザードの中をそれでも飲みに来る客がいるというというのはどうなのだろうか。ここを拠点にしてクリスマス・サンタの民家巡回というのも、それだったら民家のある集落の中から出発したらいいだろう…なんて。また、雪道を自動車を何十kmも運転していくのは僕はそれ自体が命がけだと思うが、そんなシーンが幾つか出て来ると、大丈夫なのかとそちらの方がハラハラしてしまった。

個人的には、キョンキョン(小泉今日子)を『東京タワー~』に引き続いて見れたのが嬉しかった。以前も述べたことがあるが、僕が高校卒業して故郷を離れて東京に向かった日(1982年3月21日)がキョンキョンの歌手デビューの日でもあったことから、学生時代の僕は、発表していた曲の好みは別としても、アイドルとしてのキョンキョンは応援していたから。劇中、梓がリストカットして運ばれた先の病院の看護婦としてキョンキョンは登場するが、セリフがめちゃ重みがあって、印象的なシーンだった。このシーンを見ながら、長澤まさみは、アイドルだった頃のキョンキョンと似ているなぁとふと気付いた。

もう一度見るかと言われるとちょっと迷う。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 2

DVD

実は知っていることだったりするんですが「知ってるよ」というと機嫌が悪くなるので
「へー、そうなんだ」といっていたら、この始末です。
心が折れそうになります。最初はガマンしていたのですが、最近はガマンできずに
「そんな言い方しなくたっていいでしょ」等、言ってしまいます。

by DVD (2011-12-27 16:33) 

DVD


なんでネットでしか日本のため活動してないと言い切れるか全く訳が分からないよ、税金おさめてまともに選挙権を行使するのがどこが腐ってるんだ?
日本が間違ったことしたってのは70年前の大戦の事か?
条約結んで解決しただろ、最近の事象で日本が間違いを犯した事はないんじゃないか?具体的に頼むよ。
ネット使って批判されるのが嫌なの?どこの国も批判し合ってるだろ、なんで日本だけネットで批判すんのがダメなの?人種差別っていうけど日本はマシじゃん、国あげて差別教育してるようなことはないし、ルール守れば自由だ。


by DVD (2012-02-03 15:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る