So-net無料ブログ作成
検索選択

『木暮荘物語』 [読書日記]

木暮荘物語

木暮荘物語

  • 作者: 三浦しをん
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2010/10/29
  • メディア: ハードカバー
内容紹介
小田急線・世田谷代田駅から徒歩5分、築ウン十年、安普請極まりない全6室のぼろアパート・木暮荘。現在の住人は4人。1階には、死ぬ前のセックスを果たすために恋を求める老大家・木暮と、ある事情から刹那的な恋にのめり込む女子大生・光子。2階には、光子の日常を覗くことに生き甲斐を見いだすサラリーマン・神崎と、3年前に突然姿を消した恋人を想いながらも半年前に別の男性からの愛を受け入れた繭。その周りには、夫の浮気に悩む花屋の女主人・佐伯や、かつて犯した罪にとらわれつづけるトリマー・美禰、繭を見守る謎の美女・ニジコたちが。一見平穏に見える木暮荘の日常。しかし、一旦「愛」を求めたとき、それぞれが抱える懊悩が痛烈な哀しみとしてにじみ出す。それを和らげ、癒すのは、安普請であるがゆえに感じられる人のぬくもりと、ぼろアパートだからこそ生まれる他人との繋がりだった……。
『風が強く吹いている』、『神去なあなあ日常』ぐらいしか読んでないが、三浦しをんという作家は結構好きである。相当な取材をして舞台設定を考えられているのに感心する。『神去なあなあ日常』以後、長編は出されていない(と思う)のだが、もし新刊が出てこればまた作品に手を伸ばしてみたくなる作家である。

そんなわけでこの短編集を読んだ。僕もオジサンですから、こういうテーマの作品は結構面白おかしく読ませていただいた。特に、瀬戸並木を除いて、出てくる男性の登場人物には好感が持てた。並木については、最初に登場した「シンプリーヘブン」と二度目の登場となった「嘘の味」でのキャラのギャップが大き過ぎて、よくわからなかった。

どの作品もまあよかったのだが、欲を言うともう2編ぐらい書いて欲しかったなという気はする。一応木暮荘の住人は全員一度は主人公とした短編が収録されているし、その各々で他の住人が重複して登場してくるシーンはある。アパートが舞台なのだからそれはいいとしても、6室中4室しか埋まっていないアパートは舞台としてはなんとなく小さ過ぎる気がする。家賃が安いというだけでは住みたいという気持ちにはなれないんですよねぇ。

2階建て6室というのは僕が結婚前に住んでいたアパートとサイズは同じで、標準的だとは思うのだけれど、このアパートの近所に何があるのかがあまり描かれていないのが物足りないのだ。どうせなら、この近隣の住民がアパートの住人と出入りしている人々をどう見ているのか、どんな付き合いがあるのかをもうちょっと描いてくれたらもっと面白くなったのではないかと思う。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る