So-net無料ブログ作成

『家族の言い訳』 [森浩美]

家族の言い訳 (双葉文庫)

家族の言い訳 (双葉文庫)

  • 作者: 森 浩美
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 文庫
内容紹介
家族に悩まされ、家族に助けられる。誰の人生だってたくさん痛み、苦しみ、そして喜びに溢れている。作詞家森浩美がその筆才を小説に振るい、リアルな設定の上に「大人の純粋さ」を浮かび上がらせた。「ホタルの熱」「おかあちゃんの口紅」はラジオドラマや入試問題にもなった出色の感動作。あなたのなかの「いい人」にきっと出会える、まっすぐな人生小説。
『夏を拾いに』の印象がわりと良かったので、先週末コミセン図書室を訪れた時、他に森浩美作品がないかと思って探してみた。見つけたのはこの短編集だけだったが、こちらの方も良かった。

こちらの作品も、有名私立中学の入試問題として出題されたことがあるらしいし、また収録されている作品の1つ「ホタルの熱」はNHKラジオの小説朗読番組で題材として取り上げられたこともあるらしい。家族を中心テーマとして取り上げているという点では重松清と似ているが、その「家族」というテーマの中で扱う作品の幅の広さという点では、森作品にも惹かれるところがあった。「ホタルの熱」の一児の母や、「乾いた声でも」で夫に先立たれた妻といった主人公の設定は、重松作品ではあまり記憶がないし、「カレーの匂い」のように気がつけば適齢期を過ぎかけている女性とその親との関係性を娘の側から見るような作品も、重松作品ではあまり読んだ記憶がない。逆に主人公が男性である場合であっても、「柿の代わり」や「イブのクレヨン」といった作品は重松作品にはないだろう。逆に重松的テーストを感じたのは「おかあちゃんの口紅」と「粉雪のキャッチボール」で、いずれも(多分)40代と思しき男性を主人公として、それまで主人公が必ずしも十分なコミュニケーションを取れず理解し合う機会を持ってこなかった老いた母親ないし父親との関係の変化を描こうとしている作品だった。

聞くところによるとこの著者は元々放送作家からスタートし、作詞家としてもかなり有名な作品を世に送り出している。古くは荻野目洋子「Dance Beatは夜明けまで」、森川由加里「SHOW ME」、田原俊彦「抱きしめてTONIGHT」、ブラックビスケッツ「タイミング」「スタミナ」で、僕がカラオケに行くとわりとよく選曲していたSMAPの「青いイナズマ」「SHAKE」「ダイナマイト」も森浩美の作曲だと言う。イマジネーションが膨らむ情景を短い言葉で描くのが上手い人なのだろうなと思う。群馬県ご出身であろうことは『夏を拾いに』でだいたい想像がついたが、ついでに言うと三鷹が意外と頻繁に場面として登場するということは、このあたりにお住まいなのだろうか。

小説家として作品を世に出し始めたのはまだ最近のことらしい。これからも応援していきたい作家である。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る