So-net無料ブログ作成
検索選択

電車でPSPは結構迷惑 [時事]

金曜日は息抜きの軽い記事を1つ―――。

最近、電車に乗る度に気をつけていることがあります。
PSPでゲームやってる乗客の隣りには絶対座らないこと
PSPでゲームやってる乗客の近くには立たないこと
たとえ目の前の席が空いたとしても、隣りにイアフォン付けてPSPでゲームに没頭している人が座っている場合は絶対にその席には座らないようにしています。でも、残念なことに、電車内でPSPやっている人がものすごく増えた気がします。

PSPを両手で持ってコントローラーの操作をやってる姿を想像していただければ理由はおわかりでしょう。第1に、操作している間は両肘が張っていて、しかもひどい人は操作の度に体ごと揺らします。それもとっても激しく。マリオカートのようなレース系のゲームをやったことがある人ならおわかりでしょう。自分が体を傾けたからといって自分の車が上手くコーナリングできるわけではありませんが、体を自然と傾けたりするのです。そうでなくても激しいボタン操作で、隣りの乗客にぶつかって来るのです。ご本人はイアフォン着用の上にゲームに没頭していますから、隣りに迷惑をかけていることには全く気づいていないでしょう。

第2に、操作が速くて上手い人がゲームしていると、ボタンを際限なく素早く押しているから操作音が結構うるさいです。ウォークマンのようにイアフォンやヘッドフォンで音楽を聴いている人のシャカシャカ音だったら、気になるようだったらこちらもイアフォンを付けて取りあえず外部の音声を遮断すれば予防はできます。いや、それ以前にシャカシャカ音が気になるほどの音量で音楽を聴いている人が少なくなったとも思います。しかし、PSPの操作音はかなり大きく、しかも音量調節が効きません。そのうるさい音を、操作しているご本人はイアフォン付けて別の効果音で遮断しているのですから、これまた周りに迷惑をかけていることがおわかりいただけません。

だから、隣りに座るだけでなく、近くに立つことも嫌になりました。特に、小難しい本を集中して読もうとしている時に近所にそんな人がいると、けっこうイラっときます。

技術の進歩なんだとはわかってはいますが、自宅でテレビの画面でやってるだけだったら人さまに迷惑かけることもなかったゲーム機を、電車にまで持ち込めるようなポータブル化をなぜしてしまったのか、なんだか納得がいきません。ゲームに没頭しているご本人はお気付きではないと思いますが、大切な時間をゲームで費やしている大人に、私のように白けたまなざしを送っている人は多いのではないでしょうか。かなり滑稽な姿に映っています。大の大人がマンガを読んでいることには昔から批判もありました。でも、周りの乗客に迷惑をかけないという1点において、マンガはPSPよりましだとすら私には思えます。

赤字出している会社に申し上げるのもなんなのですが、こういう外部不経済を垂れ流している商品にはもっと課税するべきだと思います。また、鉄道会社にも、各列車の車両内に「ゲーム機専用スペース」を作り、そこ以外ではゲーム機使用を禁止するぐらいの措置をとって欲しいと思います。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る