So-net無料ブログ作成

高齢者に優しくない都市 [インド・トリビア]

バンガロール、高齢者虐待件数で全国一に
Bangalore tops elder abuse cases: Survey
2011年6月15日、Times of India
【バンガロール発】 かつては年金生活者の天国と言われていたバンガロールは、もはや高齢者にとって安全な場所ではない。インド高齢者虐待犯罪調査報告書(Report on Elder Abuse and Crime in India)によると、バンガロールは高齢者の44%が不当な扱いを受けたと訴える全国ワースト1位の都市となった。
  ムンバイとバンガロールは将来虐待を受けることを恐れるとする高齢者の比率が最も高い都市だった。そして、地域内で辱めを受けていると感じる人の比率が高い都市としてハイデラバードとバンガロールが挙げられる。―――これはNGOのHelpAge Indiaが全国9都市を対象に実施した調査でわかったもの。9都市とは、デリー、ムンバイ、バンガロール、コルカタ、ボパール、チェンナイ、パトナ、ハイデラバード、バンガロール(あれ?2回出てくる…)。サンプル数は各都市から高齢者100人を抽出し、合計900人が対象で、各都市の男女比は50対50とした。高齢者人口は全国で9,600万人、バンガロールだけで80万人とみられている。
 高齢者の5分の1(22%)が虐待を経験したことがあると答えた。「バンガロールは虐待事例で全国ワースト1位(44%)となり、これにハイデラバード(38%)、ボパール(30%)、コルカタ(23%)が続く。最低はチェンナイ(2%)だった」と報告書は述べている。
 報告書によれば、全国レベルでみると、高齢者虐待は70代以上で最も高く、そのほとんどが高齢女性だという。高齢女性が虐待の対象となりやすいのは、息子に対する依存からと考えられる。
 高齢者の半数以上(51%)はこの3年間のうちに高齢者虐待件数が増えていると感じているという。義理の娘が虐待者となるケースが多く(63.4%)、息子が44%でこれに続いている。主たる収入源を子供たちからの送金に依存する高齢者の間では子供への依存度が高い(55%)。
 少なくとも高齢者の5分の3が文化的価値観が変わったと答え(57%)、高齢者の間で利用できる経済資源が限られる(56%)から、この3年間の間に高齢者虐待件数が増えたと感じるようになったという。文化的価値観が変わったと答えた比率が最も高かったのはハイデラバード(84%)で、経済的資源の不足が虐待件数の増加につながっていると答えた高齢者は、コルカタ(79%)、バンガロール(77%)、ハイデラバード(72%)、デリー(71%)等が上位を占める。半数以上(52%)の高齢者が、核家族化の傾向が高齢者虐待件数が増加する1つの理由となっている。(以下省略) http://timesofindia.indiatimes.com/city/bangalore/Bangalore-tops-elder-abuse-cases-Survey/articleshow/8855546.cms
バンガロール滞在していた6月15日(水)、全国紙Times of Indiaにこんな記事が載っていた。

デリーに住んでいた僕なんかからすると、デリーよりもバンガロールの方が高齢者虐待が多いというのは意外な感じがする。少子高齢化が進み、経済成長も急速に進んでいるからというのが理由だというのなら、チェンナイが高齢者にとって安全だというのが説明できない。

バンガロールは交通渋滞がインドで最も激しい都市だと僕は思っている。その分ストレスも大きく、それが弱者に対して当たるという悪循環を招いているのではないかというのが僕の想像だ。かなり当たっていると思うのだがどうでしょうか。16日(木)、僕は移動の車の中で3時間近くを過ごした。バンガロールでの僕のスケジュールをアレンジして下さった中央蚕糸局(CSB)の方は、通勤に片道1時間30分かかると仰っていた。南インドの人々は北インドの人々と比べて表情が穏やかだという印象があるが、笑顔の裏で溜めているストレスは相当大きいのかもしれない。

とはいえ、この日僕が最後に訪ねたCSBを退官されて市内にお住いのM博士は表情が穏やかな方であった。1980年代にこの地で調査をされた日本の某私立大の元学長(84歳)から託された贈り物を持って突然訪ねたのだが、M博士も結構な年齢とお見受けした。メッセンジャー役に過ぎない僕を、日を改めてご自宅での夕食に招いて下さることになった。

HelpAge Indiaが発表したこの調査報告書は、6月15日が「世界高齢者虐待啓発デー(World Elder Abuse Awareness Day)」だったことに因んでこの日に発表されたもの。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る