So-net無料ブログ作成

英紙盗聴スキャンダル [時事]

滞在中のインドで話題になっていたトピックをご紹介したついでに、7月中旬の英国出張中に現地で話題になっていたトピックについてもご紹介してみたいと思う。インドの「ロクパル法案」と違い、英国盗聴スキャンダルの方は日本でも結構報じられていたのでご存知の方も多いと思う。単にニューズ・コーポレーション傘下のメディア各社の責任問題にとどまらず、ロンドン市警のトップの辞任までもたらし、今やキャメロン首相の責任問題にすら発展している。

大衆紙が販売部数を伸ばすのに行なっていた数々の工作の一部が明らかになってきたのだろうと思う。より対象に近い情報を取ろうと思ったら電話での会話の傍受なんて結構ありがちなのではないだろうか。そうやって迫真の報道をやっていけばスクープも多くて新聞が売れることは間違いないが、ルールを逸脱してそこまでやらなければならなくなった英国のメディアの在り方は問われるだろう。

大衆紙がそこまで無理しなければいけなくなったのは、ツイッターやフェースブック等のソーシャルメディアが普及し、誰でもニュースを発信できるようになったことが背景にはあるのだと思う。先週はなでしこジャパンの選手が宴会の席上で発した言動を同席していた大学生にツイッターで暴露されて大騒ぎになったが、どこのセレブがいつどこのお店でショッピングや食事を誰としていたのかがそこに居合わせた人によってネットで発信されてしまうような世の中だ。大衆紙がいかに取材対象に深く食い込もうと思っても、誰もが情報発信できるようになればあまりアドバンテージがない。そのあたりの焦りがあったのではないかと思う。

熊谷選手のこの話は、ツイッターで中継した大学生のモラルが問われている。確かに酒宴の席でのオフレコ話を暴露してしまう大学生には問題があるが、有名になればなるほどその言動が与える影響も大きくなるわけで、一夜にして超有名人になってしまったなでしこの選手ひとりひとりにそのあたりの意識を促すレッスンにもなったのではないかと思う。

英紙盗聴事件絡みの報道の幾つかへのリンクを以下の通り掲載しておく。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 2

yukikaze

いろいろな情報媒体が増えましたが、情報リテラシー教育が追い付いていないように感じます。受信する情報も発信する情報もともに必要だと思います。どうしても教育現場では受信に重きがおかれすぎていて、発信が軽んじられているように感じます。
by yukikaze (2011-07-25 16:24) 

Sanchai

yukikazeさん、コメント&niceありがとうございます。

>どうしても教育現場では受信に重きがおかれすぎていて、発信が軽んじられているように感じます。

そうですね。どういう情報なら公共のドメインに載せていいのか、判断の基準があいまいな気は確かにします。私も、ブログで記事を書きながら、「これは載せてもいいのか」と時々自問自答しますが、あいまいな部分がかなりあります。
by Sanchai (2011-07-26 07:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る