So-net無料ブログ作成

10kmロードレースを走り切った [健康]

SH3I0334.jpg
《あいにくの雨のため、選手控室の体育館は大混雑》

最近、誰に会っても「痩せた?」と言われるようになった。ほぼ毎日体重計に乗ってチェックはしているが、実は7月の人間ドックの頃から、体重自体はそんなに変わっていない。あの頃ほど無理に水分摂取を抑えているわけではないので、その気になればあと2kgぐらいは落とせる自信はあるが、減量を無理してやる時期でもない。それでも痩せたと言われるのは、凹むところが凹んで、別のところに筋肉が付いたからだろう。

今年3月に購入したズボンがブカブカになっている。購入した当時は減量途上だったので、少しきつめのズボンを購入したのは事実だ。それが今ズルズルと腰から下に下がってきて、なんとなくだらしないズボンになってしまった。11月から異動する先ではちゃんとしたビジネススーツ姿で仕事しなければならないと思い、クローゼットの中のスーツを棚卸ししてみたが、いずれもパンツのウエストが緩すぎて、僕は急遽スーツを1着購入し、自宅のパンツはウエストを詰める注文をすることになった。嬉しい話だ。

多分どこかの記事で紹介したことがあるのではないかと思うが、今は減量ではなく、長距離を走れるようになることを目標にしている。10kmとかハーフマラソンとかを目標に、それなりに走り込んで走力をつけていけば、体重の方の目標は自ずとついてくるだろうと思っている。

思い起こせば去年の元旦、新年に定めた目標の1つとして、「10kmのロードレースを完走できるようになる」というのがあった。この目標は昨年末までには到達できず、皇居1周5kmをなんとか走れるぐらいにしかなれなかった。長い距離を毎日走るような練習がなかなかできなかったからだ。100m走って息が上がって走れなくなるというひどい状態ではなくなったが、走れば膝に負担をかけ、翌日にまで痛みが持ち越すような状態だった。

年が明けて、今年の目標も「10kmロードレース完走」に定めた。ただ、走り込みができるようになるにはまずは体重を落とすことだと最初は考え、もう1つ取り組んでいる剣道の稽古の方を利用した。道場で行なわれる稽古に参加すると、帰宅は20時30分、僕の就寝は22時なので、この時間から夕食は食べない方がいい。稽古の日は夕食を敢えて食べないというダイエットをやってみたところ、いい具合に体重が落ち始めた。

5月の連休の頃、米国に剣道具を担いで出かけた際、思い出づくりのために地元の5kmのロードレースに出てみた。バージニア北部の丘陵地帯でのレースは起伏に富んだコースで、3kmほどでバテてしまい、途中で歩きを入れるという体たらく。まだまだ先は長いと痛感した。

6月初旬、職場の有志で4時間のリレーマラソンを走ることになった。日本陸連に勤める友人から、参加チームを増やしたいのでSanchaiさんも是非と頼まれ、職場の同僚に声をかけたのが僕自身。ただ、これを7人で走るとしたら、1人40分は走らないといけない。このため、目標を40分走に定め、自宅周辺を最低4周するという練習を始めた。リレーマラソンを無事終え、その後もこの練習量を維持して、7月の人間ドックの日を迎えて、なんとか体重の目標もクリアできた。

職場の有志でリレーマラソンを走った際、次の目標は何にするかというのが話題になり、10月20日(日)に山梨県甲州市(旧勝沼・塩山)で開催される「甲州フルーツマラソン」に行こうというので話が盛り上がった。何人かはハーフの部に出ると言ったが、僕はいきなりハーフは難しいので、10kmの部にエントリーすることにした。

目標が10月20日に決まったことで、自信を持って走り切れるよう、7月、8月、9月と徐々に走る距離を伸ばしていった。剣道の稽古の合間ということもあって、なかなか毎日走るというわけにもいかないが、週何回かは朝ウォーキング/ジョギングを60分ほど入れるようにした。夏休みを取って帰省した際にも、故郷の道を走った。帰省すると体重が増えてしまうというここ数年続いている傾向も、この走り込みで抑え込むことができた。

9月は剣道の試合という目標があったので散発的にしか走っていなかったが、試合が終わった後、マラソン本番まで1ヵ月を切った時点から本格的に準備を始めた。朝ではなく夜走るように生活パターンを変え、剣道の稽古がない夜はよほど疲れがたまっていない限り走るようにした。週末に学会で広島に出かけた時にも走り、所用で夕方竹橋まで行った時には、皇居を2周走った。自宅周辺で走るコースも1周10kmという大回りなコースに変更し、歩かず走り続けるよう心掛けた。準備を始めてから、大会当日までの走行距離の累計は100kmを超えた。

こうして迎えた甲州フルーツマラソンは、あいにくの雨の中での開催だった。予想していたよりも気温が低く、しかも雨だったので、今大会用に新調したレース用シューズではなく、ソールのすり減ったボロボロのシューズで走ることにした。靴底がツルツルなので、雨の日の下り坂にはあまり向かないのはわかっていた。その上に、ここのコースは入りの3kmがひたすら登り坂で、特に3km地点前後の登りが心臓破りのきつさ。この時点でタイムは諦め、完走だけを目標にして走り続けた。朝食を食べてからスタートまで6時間近く間が開いたのが良くなかったのか、ラスト1kmでガス欠状態になってしまったが、なんとか10km走り切れた。練習では走っていた距離なので、完走は当たり前か…。記録は54分33秒。練習では50分を切れた日もあったので、ボロボロのタイムだ(苦笑)。一緒に走った職場の仲間たちも、皆無事完走を果たした。

これで今年の目標の1つは達成できた。達成すると欲が出てくるもので、来年はハーフマラソンでも走れるようになりたいと既に考え始めている。そのためにも、今後も月間100~150km程度は走り込みを続けたいと思う。若い頃、月間200km走って体重を1ヵ月で5kgも落としたことがあったが、代謝の落ちた50代の僕にはそれはとても無理なので、ウェートを増やさないことを取りあえずは目指したい。

不安は11月から異動する新しい職場の環境。今の職場以上に激務だと聞かされているので、剣道するにしても走り込むにしても、その時間をどう捻出できるのかは大きな課題だと思う。せっかく注文したスリムなスーツはずっと着れるようにしておきたいものだが…。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る