So-net無料ブログ作成
検索選択

激務の合間に [ご挨拶]


このところ時間に追われる生活をずっと続けてきて、金曜日の夜すら終電まで働くような仕事の仕方をしていると、ふとすべてを投げ出してアメリカ西部の荒野で時間の感覚がなくなるぐらいまでボーっとしていたいと思うことがある。

随分と昔にブログでも書いたことがあるが、僕はモニュメントバレーやセドナの風景がとても好きで、会社を辞めたら老後の生活を送る中で是非もう一度は行って妻と一緒に1ヵ月ぐらいは過ごしてみたいと思っている。前回訪れたのは今から11年も前のことになる。

このエリアはパワースポットとしても知られており、何かしらの違う空気を感じられる。今のような仕事のさせられ方をしていると、せめて1週間ぐらいは職場から完全に離れ、こういうスポットで文字通りの「充電」をしたいと思うのである。老後を待たずとも、できれば今すぐにでも懸案事項を全部投げ出して行きたい。

あまりに忙しすぎて、体がどこまで持つかが心配になってきた。

今週は、新入社員第二次研修講師のトップバッターとして、2時間の講義をやった。後半の1時間は僕の馴染みのテーマだったが、前半の1時間は僕にとっても初めてのテーマだったので、時間配分も含めて柄にもなく緊張しながら講義をやった。その上、連日役員のお部屋に1時間以上こもるような作業をやっていた。役員のところに行くのは事前の準備も終わってからの宿題を片付けるのも難儀で、毎朝「今日こそは早く帰る」と心に誓って出社しても、結局は退社時刻が23時過ぎということが続いた。

極め付きは金曜日。僕がここ2カ月頭を悩ませている英文レポートのことで、某役員の部屋に2時間入り、一字一句のチェックを受けた。17時30分に席に戻ると、今度は打合せ内容をレポートに反映させ、今夜のうちに社長秘書経由で社長に送付する。週末の間にご覧いただき、週明けの来客に備えるという綱渡りの対応。このレポート改定に思いのほか時間がかかり、作業が終わったのは24時過ぎになった。

終電に間に合うようにと慌てて職場を飛び出したので、今日出発予定の韓国出張の資料を何点か置き忘れてきてしまった!火曜日に向うで10分程度のプレゼンを英語で行なう予定だが、今週は別の仕事に完全に翻弄されて思いのほか時間がかかってしまったので、会議での発表については全く準備ができていない。こちらも綱渡りの対応。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る