So-net無料ブログ作成

『カレイドスコープの箱庭』 [海堂尊]

カレイドスコープの箱庭

カレイドスコープの箱庭

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/03/05
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
なぜか出世してしまう愚痴外来の元窓際講師&厚生労働省の変人役人の凸凹コンビ、最後の事件!閉鎖を免れた東城大学医学部付属病院。相変わらず病院長の手足となって働く田口医師への今回の依頼は、誤診疑惑の調査。検体取り違えか、それとも診断ミスか!? エーアイ国際会議の開催に向けて、アメリカ出張も控えるなか、田口&白鳥コンビが調査に乗り出した―。バチスタ・シリーズ真の最終章!巻末に登場人物リスト&桜宮市年表&作品相関図など収録。海堂ワールドを網羅した完全保存版。

記事の更新頻度が落ちていることもさることながら、せっかくniceを下さっているブロガーの方々の管理されているサイトの方を拝見して、niceやコメントを差し上げる余裕も正直失くしているのが現状です。一方で、更新頻度が高かった時期には、僕のことを実生活でもよく知っている恩師あたりから、「そんなことやっててお前は大丈夫か」という御懸念の声が上がっていたりもしたので、ほどほどというのがいいのでしょう。熱くなり過ぎず、かといって寂し過ぎずといったところでしょう。仕事が忙しすぎるというのもないこともないのですが、最大の問題は自宅のPCの使用時間を巡って家族との競合が激化しており、なかなかPCを使わせてもらえないという現状もあります。個人的には、せめて月間で12本ぐらいの記事はなんとか新規掲載したいところですが、現状では平日のアップはほとんどできません。新調したスマホじゃそうそう頻繁にはブログの記事は書けませんし。

そんなわけで、読書のペースにブログの更新ペースが付いていっておらず、順番待ちのネタが結構残っています。順番待ちなので、読了してから実際に記事を書くまでに相当なタイムラグが存在するケースが多く、特に専門書の場合、内容を思い出すのに相当苦労します。逆に、小説や軽めのノンフィクションなどの場合は、大事なのは個別の記述というよりは大きな文脈なので、読み進める時もさほどディテールにこだわって精読したりはしないし、そうやって大づかみで全体を把握してしまえば、多少時間が経過しても割とざっくりとしたブログの記事の書き方ができます。そうした意味では、小説などは特に楽です。

でも、精読しないと全体がつかめないという小説も存在します。海堂尊の作品はその典型だと思います。

海堂作品は、同じ人物が複数の作品で度々登場するので、何が何だかわからなくなる時があります。たまに人物相関図や年表が欲しくなる時があり、そういうのを手元に置いて、時々それで確認せねばならないと思うのです。そういった意味では、以前出された『ジェネラル・ルージュの伝説』とか、今回紹介する『カレイドスコープの箱庭』というのはとてもありがたい参考書です。地理の授業で使う地図帳とか、歴史の授業で使う年表といった類のものでしょうかね。

でも、今回『カレイドスコープの箱庭』の巻末資料を読んでいて、桜宮サーガも拡大しすぎたなというのを痛感させられました。登場人物とその登場作品のリストを見ていると、数は多いし同じような苗字の人物も結構いる。人間の人的関係の認知度の限界は150人ぐらいらしいから、もうその限界をとっくに超えてしまっています。

海堂さん、そろそろ新機軸を考えた方がいいかも。今回も誤診疑惑という東城大学附属病院の不祥事の話。利用者の立場から言って、こんなにアブナイ病院にはあまりお世話になりたくないから。

ただ、そうした人物相関図とか年表とかだけでなく、本作品のストーリー自体は懐かしの登場人物も結構いたりして、面白かったのは事実。雀荘仲間を勢揃いさせたり、『チームバチスタ~』以来のご無沙汰だった桐生先生を再登場させたりとサービス精神も旺盛で、桜宮サーガのファンにはオイシイ作品にはなっていると思います。

一方で、病理分析部門の作業の描き方は、詳し過ぎて気を抜くと何の事だかわかりにくくなるし、Aiの国際会議は、「国際」と付く割には身内ばかりで固まっちゃった感があり、それで国際会議と言えるのかという疑問も抱いた。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る