So-net無料ブログ作成

経済開発政策の改定 [ブータン]

形勢を変える新経済開発政策の36項目
36 game-changers in the new EDP
Kuensel、2017年1月9日、Tshering Dorji記者
http://www.kuenselonline.com/36-game-changers-in-the-new-edp/

【ポイント】
12月21日に閣議決定された改定経済開発政策(EDP)ペーパーについて、1月9日付クエンセル一面にて紹介されている。EDPはブータンの経済成長率を年率10%の高率で維持し、2020年までに中所得国入りするとの目標を掲げており、特に国王が述べた「5つの宝石」―――水力、農業、中小企業、観光、鉱業の振興を通じたマクロ経済改革のメニューをリストアップしている。改定EDPには計252の政策が列挙され、「5つの宝石」の刺激策として、36項目の「Game-changers」が含まれる。改定EDPは、財務省が別途策定中の新財政刺激政策とともに、1月中には公表される予定。

記事では36項目の中に含まれる政策の一部も紹介されており、鉱業部門では、大中規模鉱山の所有権を100%単独民間人が保有することの禁止、観光部門では、観光者の支払うロイヤルティを観光インフラ整備にイヤマークすること等が挙げられている。貿易投資部門では、2019年までにビジネス環境ランク(Doing Business)を50位に引き上げるため、行政手続きの緩和やオンラインでのワンストップサービス、企業家育成のための内外ネットワーク促進のための新組織の設立、法制の見直し等が挙がっている。

水力発電では、国内施工業者やメーカーの最大限の裨益を保証するため、水力発電所建設事業実施中の国内業者優遇措置を設けるとしている。外国の施工業者が地元企業に対して技術技能を移転する措置も必須とされる見込み。EDPでは、ブータン自身が水力発電のナレッジセンターとしてのイメージを確立できるよう各種施策に取り組むとされている。同様に建設部門でも、地元施工業者の育成と、人材不足を想定した機械化の進展を目指すとされる。

工業部門については、地方政府が産業振興地域を2017年末までに特定するとされる。産業振興、農地、商業地域というように土地利用計画策定とゾーニングが行われる。

前回EDPは2010年改定で、その実施項目の80%がこれまでに実施済みで改定の対象となっている。EDPは経済省主導でまとめられたもの。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ブータンには5年ごとに改訂される五ヵ年計画というのがあり、今の五ヵ年計画は2013年7月から2018年6月までを取組み期間とする第11次の五ヵ年計画となっている。これは、国家開発計画としては最も上位の計画で、国民総幸福量委員会(GNHC)という、国家全体の開発計画をつかさどる機関が策定と実行モニタリングを行う。昨年ぐらいから、次の第12次五カ年計画の策定準備がスタートしている。

この五ヵ年計画とは別に、経済省中心に策定されたのが経済開発政策(EDP)である。これは2010年に制定され、これまでそれに基づいて経済政策が実施されてきた。昨年末に閣議決定されたのはその改訂版で、昨年6月時点で既にドラフトは出来上がっていて、GNHCのHPでパブリックコメントの募集も行われていたらしい。最終確定版は未公表だが、ドラフト版は閲覧することができる。
http://www.gnhc.gov.bt/wp-content/uploads/2011/05/Final-EDP-2016.pdf

最初、記事を読んだ時には252の政策は何となくわかるのだが、何が36項目の「ゲームチェンジャー」なのかがよく分からなかった。それでドラフト版を少し見てみた。おぞらく、改定EDPでは政策項目が全部で252あるということなのだろう。では36項目はどこから出てきたのかを見てみると、アネックスにあるインセンティブ措置に新たに追加された項目が36項目あり、特に鉱業に関しては10項目全てが新しく記載されている。クエンセルの記事は、この青字で書かれたインセンティブ措置の具体例をいくつか拾ったものだろう。

改定EDPには、投資環境を整えて世銀グループのDoing Businessランキングで50位を目指すともあるが、現在のブータンは190カ国中73位であり、昨年10月末頃には、この毎年世銀グループが公表するランキングで、ブータンが前年の71位からランクを下げたとメディアで騒いでいた。他の国も外国投資を誘致するのに様々な取組みを繰り出す中で、20位以上ランクアップを狙うというのは相当野心的な目標だと思うし、改定EDPの達成年限が2020年であることを考えると、時間もあまりない。

ブータン、ビジネス環境でランクを落とす
Bhutan slips in ease of doing business ranking
Kuensel、2016年10月31日、MB Subba記者
http://www.kuenselonline.com/bhutan-slips-in-ease-of-doing-business-ranking/
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る