So-net無料ブログ作成
検索選択

キャッシュ・プライズに戸惑う [ブータン]

今週は「キャッシュ・プライズ(賞金)」という言葉を3回も耳にした。週に3回は極端かもしれないが、「金一封」がインセンティブとして付与されるのはこの国では当たり前のことである。外国人の僕らから見ると非常に違和感のある習慣である。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

【その1】最初に戸惑ったのは、5月に開催される建設業界セミナーでの発表に賞金が付くと聞いたこと。これはブータンの建設技術をエンジニアリング専攻の学生に知ってもらおうと建設開発公社(CDCL)が主催して開催するもので、日本でいえば、ちょっと例えがおかしいけど土木学会の全国大会のようなものだと思う。僕からすれば学会で発表して、それでブラッシュアップされた論考を論文の形で掲載できればそれで研究業績としてはカウントされるから、賞金なんてなくても書く人はいるということになるが、ここの国では自分の履歴書にそれが書けるかどうかではなく、1位を獲ったのか、2位だったのか、3位だったのかが問題となるらしい。研究業績に順位を付けるという発想がよくわからない。

僕もこのセミナーでの発表枠にレジスターしたところである。しかも、事前提出論文は日本のコンサルタントの方との共同執筆という形式をとった。共同執筆者にとっては、ご本人が英語がおできにならない部分を僕が補って英語の文献を作れるというメリットがあり、僕には言うまでもなく、履歴書の研究目録に書ける項目を増やせるというメリットがある。当日の発表は、共同執筆者不在の中、僕がやることになるが、僕自身が不慣れなテーマであるので、専門的なことを訊かれてどこまで応答できるかはわからない。賞金なんてどうでもよくて、参加して存在感を示すことに意義があると思っている。

でも、主催者からすると、この国で、アカデミックな訓練を受けて、民間の建設会社で働いているようなエンジニアはそれほど多くないので、キャッシュ・プライズでもインセンティブに付けないと、2日間のセミナーに必要なだけのペーパーが集まらないという事態を招くのは容易に想像できてしまう。それがキャッシュ・プライズの理由だとしたら、まあ理解できないわけではない。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

【その2】次に耳にしたのは、新聞でも報じられている、「ブータン企業家大賞2016」の授賞式の会場。これは4月25日の世界知的財産の日の記念式典に併せて、経済省中小零細企業局が発表したものだ。

イノベーションと創造性を促すために
Promoting innovation and creativity
Kuensel、2017年4月26日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/promoting-innovation-and-creativity/

 女性企業家賞:Yoezer Lhamo(ブムタンで1991年から乳製品加工業を営む)
 BDBL農村企業家賞:Lhundup(チュメでお香の製造を営む)
 零細企業家賞:Lama Dorji(ティンプーのラマ・ベーカリーのオーナー)
 中小企業家賞:Norbu Tenzin(ティンプーで伝統的手すき製紙業を経営)

記事では書かれていないが、この受賞者の方々も結構な額の賞金をもらっている。さらに言うと、この記事にはなぜこの企業家が表彰を受けるのか、選考のプロセスは一切報じられていないし、受賞した企業家のどこがどう優れているのかがはっきりしない。会場では結果だけが発表されており、その企業家の受賞理由についての説明は会場ではなされていないので、記事でそれに触れていないのは仕方ないことではある。

中小零細企業局で登記手続きを取っている企業の中から選ばれているのだろうとは想像する。ただ、元々経済省は地方の出先事務所をそんなにたくさん持っていないので、地方での案件探しではそもそもの母集団がかなり小さいのではないか。その上で小さな母集団から選んでくるのだから、2016年に画期的な技術を開発したとか、ものすごい業績を上げたとか、そういうのが選考の基準になったわけではないようだ。少なくとも受賞者の顔ぶれを見回してみて、どこが新規性や革新性なのかがよくわからない。ただでも母集団が小さい中で2013年に制度をスタートさせ、初期はそれなりにブータンでも頑張っていると思われる企業家が表彰を受けてきたけれども、3年も経つと既にネタが払底しつつあるようだ。そうなってくると、なかなか選考理由の詳述も難しくなってくるのは仕方ない。

但し、もしその選考基準に、「社会貢献」のような別の要素が含まれているのだとしたら、既にエスタブリッシュされた業界人の中から頑張っている人を選んでくるというのはあり得る選考方法だとは思う。

この国に企業家精神を根付かせるためには、誰かのコネを利用して事業拡大してきたような大きな企業グループのオーナーではなく、裸一貫で起業して、その持つ技術とアイデアでのし上がってきた若い企業家がロールモデルとして慫慂されないといけない。その意味ではこの大賞の意義はもっと喧伝されてもいいのだが、そういうロールモデルが少ないというのがまだまだこの国の悩みの種なのである。

繰り返すが、これは自薦ではない。中小零細企業局が独自の調査を通じて探し出した企業家を表彰しているものなのだ。その点ではキャッシュ・プライズを付与する意味がよくわからない。キャッシュ・プライズが付くのでもっと皆さん起業しましょうというのなら、自薦OKのコンテスト方式にしてしまった方が面白いような気がするが、現状そうなっているわけではない。

キャッシュ・プライズとは話が大きく逸れたので、元に戻す。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

【その3】それ以上に衝撃的だったのは、セントラルスクールで開催された運動会で、参加した各チームに金一封が配られたことだった。この運動会自体は、「運動会」の概念をブータンで広めようという青年海外協力隊の隊員の方々が推進されているもので、今月上旬には東部タシガンで開催され、その様子がブータン国営テレビ(BBS)でも報じられたのは記憶に新しい。今後も国内各地において、協力隊員の皆さんが配属先の学校を巻き込んで、開催されていくことを楽しみにしたいと思う。

そんな中で、28日(土)、中部のポブジカで運動会が開かれた。運動会自体は面白かった。勝負ごとになると目の色が変わるブータンの子供たちが、一生懸命競技に打ち込む姿は見ていて微笑ましい。ややもすると勝負に熱くなってルールを無視する行為が横行するのが玉に瑕だが、以前ティンプーで大人に玉入れやらせたらルール破りが横行したのを見てがっかりしたのと比べれば、学校の運動会ではちゃんとルールが守られていたように思う(そのルール順守を生徒に訴える立場の教師たちが、自分が玉入れをやるととたんに不正行為を始めるのにはまいったが)。高学年の生徒たちが競技運営を手伝うのも、日本人の僕らには見慣れた光景だ。

P_20170429_092438.jpg
18222537_1344864892262800_2218976615145404349_n.jpg

さて、運動会もつつがなく終わり、表彰式になった途端、戸惑うことが起きた。赤、青、黄色の3組の対抗戦だったこの運動会、1位から3位までそれぞれ表彰されたが、各組に賞品(多分キャンディボックスなんじゃないかと思うが)が手渡されたのはいいにしても、校長先生がなんと「金一封」を用意していた。断っておくが、このキャッシュ・プライズは、運動会を企画した協力隊員の方が予め承知していたものではなかったらしい。

優勝チームの賞金は2000ニュルタム。3組に分かれて競技に参加していたのは、PP(日本の幼稚園年長組)からクラス6(6年生)までなので、2000ニュルタムというのは結構な金額だ。これを授与されたチームのキャプテンがどう分配するのかはわからないが、仮に学校の施設改善とかに使うのだとしても、どうやって使い道を決めるのかがよくわからない。

なんでもかんでも日本を基準にしてものを見てしまう僕らがいけないのかもしれないが、僕らの運動会で、容易に均等配分ができないような賞品を優勝チームに授与されるということなどあっただろうか。確か、優勝旗とか優勝盾とかの争奪戦として行われるのが日本の運動会だったような気がする。

金が付かないと子供も頑張らないというのだろうか。そのあたりのことはよくわからないが、こんな小学生の時代からキャッシュ・プライズに慣れ親しんで育つ子供たちが、いずれ大人になり、キャッシュ・プライズが当たり前という社会をさらに拡大・強化していくのだと考えたら、個人的にはちょっと寂しいものを感じてしまう。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る