So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴミ焼却は許されないらしい [ブータン]

医薬品焼却炉が必要
Drug incinerator needed to dispose expired medicines
Kuensel、2017年7月8日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/drug-incinerator-needed-to-dispose-expired-medicines/

【ポイント】
使用期限を過ぎた医薬品や没収した薬物の安全で効率的な廃棄のために、医薬品焼却炉が必要――6月5日にティンプーで開催された、医療技術へのアクセス促進に向けた知的財産の法制と政策の一貫性のレビューワークショップにおいて、この点が強調された。この提言を以って、ワークショップに参加していた医薬品規制機関(DRA)当局者は、近々全国環境コミッション(NEC)と会う予定。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

記事のボリュームからして、ポイントで挙げた要約が極めて短く端折ったが、結局この記事で述べられているのはこれだけの話だし、しかも元々のワークショップは1カ月以上前に開かれたものなので、紙面を埋めるためにクエンセルが持って来た記事なのだろう。それにしても1カ月というのは間が空きすぎのような気もするが。

それで、なぜこんなシンプルな記事を今回ブログで取り上げたかというと、この記事では触れられていないが、なぜNECと話し合わねばならないかというところにポイントがある。

NECは、ゴミの焼却を禁止しているのである。

山がちな内陸国、しかも国土の半分以上が国立公園などで保護されており、耕作に利用可能な土地は10%にも満たない。現実的に今後利用可能な国土面積は4%弱。これを、宅地や工業用地等が奪い合う構図だ。一方で近代化の進展によって廃棄物の性格が変わった。プラゴミが増えて、生化学分解ができないゴミが多くなったのである。そのしわ寄せは各自治体のゴミ処分場に行く。ゴミ処分場が満杯に近づいてきているのである。

利用できる土地が限られているということは、新しいゴミ処分場を作る用地の確保もままならないということだ。とすれば、既存の処分場に対するゴミの圧力を軽減するしかない。それには、ゴミを分別して一部はリサイクル、一部は再利用に回すという対応が求められる。本来なら、焼却を通じたゴミの減量というのも、1つの方策としてあり得る筈だ。そして、今回の記事にもあるように、医療関係者であれば焼却場の必要性は理解されている。ゴミ処分行政に関わる関係者にとっても、焼却場の必要性は支持されている。

にもかかわらず、焼却炉の導入が進んでいないのは、NECがそれを禁止しているからだ。

焼却炉なしにゴミ処分をやるなら、近い将来にゴミ処分場は満杯になり、新たな処分場の開発が必要になる。しかしそんな土地は確保が難しい。ブータンにおける政策・制度間の連携の欠如が表面化している好例だといえる。

専門家に訊くと、効率的な焼却炉であれば、ダイオキシン発生は極力抑制でき、また焼却で発生する熱は温水化して別の用途として活用することもできるという。実際のところ、焼却炉は禁止だが、ゴミ回収の間隙をぬって、拾い集めたゴミが焚き火等で燃やされているケースはよく見かける。ダイオキシンが発生するのは、こうした原始的なゴミ焼却に伴うもので、高効率の焼却炉であれば、その発生は抑制できるのだと言われている。

一方で、処分場にゴミを投棄すれば、メタンガスが発生する。焼却炉から発せられる温室効果ガスと比べ、処分場から発生するメタンガスは温室効果が高い。にもかかわらず、焼却はダメで、処分場ならOKの理屈は、ちょっと理解しがたい。何故そうした政策優先順位になるのだろうか。

焼却炉導入禁止措置の撤廃は、かなり急を要する政策課題であるように思う。そして、そのカギを握っているのは、医療関係者や自治体行政関係者等、都市のゴミ問題に関わる様々なステークホルダーが連携することである。政策制度間の不整合を解消し、様々なステークホルダー間の協働を促進することは、2018年7月から始まる第12次五カ年計画の横断的原則である「トリプルC」――Coordination、Consolidation、Collaborationにも関連するものだ。ゴミ処分の問題は、トリプルC実践へのブータンの本気度を試される、踏み絵のようなものだと僕は思っている。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る