So-net無料ブログ作成
検索選択

『未来の働き方を考えよう」 [読書日記]

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

  • 作者: ちきりん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/06/12
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
変化を恐れて過去にしがみつくのではなく、変化を前向きに受けとめ、新しい時代の可能性を楽しもうとする姿勢が、時代の変わり目には重要です。社会が激変する次の10年を楽しくワクワク生き抜くために!

社会派ブロガー、カリスマブロガー等と呼ばれ、フォロワーも多いであろうちきりんさん。恥ずかしながらその存在を知ったのは意外と最近、著書を読んだのは今回が初めてだった。「です・ます」調の文章はやさしいし、統計データを用いてそれなりに説得的ではあるとは思う。定年がどんどん延長され、60代、70代でも働くことが期待される中で、従来通りの1ヵ所で働き続けるという考えからシフトし、40代で残りの働き方を一度考え直すべきだ、というのが著者の言いたかったことなのだろう。でも、読んでて途中ぐらいから「あれ?」と思いはじめて、読み続けるのが苦痛になった。

この本を50代の僕のような人間が読むと、それはあなたが独り身でいて子供がいないから言えることだという反論はやはりしたくなる。まだ教育に金のかかる子供がいて、妻にはできるだけ今の仕事にしがみついていて欲しいと言うし。それゆえ僕は自分が今本当はやりたいことを我慢して、時に納得いかない上司の指示にも我慢を重ねて、それでここまでやってきたのだから。先ずは自分が大事、自分だけが良ければそれでいいということなら、或いはこの生き方を選択して周囲に迷惑がかからないのであれば、こういう生き方はありだと思う。ただ、それで海外旅行とかできるという生き方は、それなりに金もかかる。

僕はちきりんさん自身が本書で推奨している生き方を実践できた最大の理由は、それだけの蓄えがあり、かつ収入もある人だったからだと思う。40代までにこういう生き方を選択する人がいてもいいとは思うが、全員が全員そうできるという保証はないと思う。ちきりんさんのような勝ち組がいる一方で、多くの負け組も存在する。

もう1つ、この本に違和感を覚えた理由は、その議論の大半がリンダ・グラットン著『ワーク・シフト』の受け売りだからだ。別にそのことを著者が隠しているわけではなく、堂々と『ワーク・シフト』から引用している箇所も多いが、漫然と未来を迎えるのではなく、主体性を持って未来の生き方を選択していくことが重要という論点など、まるでそっくりで、それなら『ワーク・シフト』の方が読んでて面白い。

ブログで紹介する順序は逆になってしまったが、僕はちきりんさんの著書を最初に読んで、それから『ワーク・シフト』を読んだ。だから、ちきりんさんの著書に対してポジティブな感想を1つ述べるとしたら、それは『ワーク・シフト』という良書を紹介してくれたことであるといえる。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『フロネシス第12号 第3の産業革命』 [仕事の小ネタ]

12号 フロネシス 第3の産業革命---メイカー・ムーブメントが資本主義を変える。ものづくりを変える。あなたの働き方を変える (フロネシス 12号)

12号 フロネシス 第3の産業革命---メイカー・ムーブメントが資本主義を変える。ものづくりを変える。あなたの働き方を変える (フロネシス 12号)

  • 作者: 三菱総合研究所
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
メイカーズによって、ものづくりの民主化が広がるとはいえ、標準化によって支えられた既存の社会がすべて置き換わるわけではない。学者や経営者、メイカーズといった幅広い取材によって、製造業が今後どのように変化し、それにつれて社会や働き方にどのような変化がもたらされるかを明らかにする。

最近、「第三の産業革命」という言葉が使われはじめている。大量生産・大量物流・大量消費を前提とした産業社会が、ITが発展して大容量データの受け渡しが可能になることにより、生産は分散化されて消費地に近いところで行われる「地産地消」が進み、大量物流が不要になってエネルギー消費が節約されるようになるというもの。主に先進国で始まっているファブラボ設立などのメイカームーブメントはその一環ともいえる。最近は、うちの近所にもそうした小規模な工作機械を置いたデジタル工房ができた。

WoobyStudio4.jpg
WoobyStudio3.jpg
WoobyStudio2.jpg
WoobyStudio1.jpg
《さっそく見学に行ってきました》

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ワーク・シフト』 [仕事の小ネタ]

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

  • 作者: リンダ・グラットン
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2012/07/28
  • メディア: ハードカバー
*下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する*
2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか? ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

以前からご紹介している通り、僕はこのところ、2025年とか2030年とか、はたまた2050年とか2100年とか、様々な角度から未来を予測しようと試みた本を意識的に読むようにしている。温室効果ガスを今までと同じペースで輩出していったら、地球の温暖化は今世紀末までにどれくらい進むのか。それに伴って自然災害がどの程度頻発するのか。人口動態からみて国家間の勢力図はどのように変わって来るのか。そういった大きな絵図を示した本が多かったと思うが、それでは我々の日常生活、働き方のスタイルはどう変わっていく可能性があるのかといった、より実生活にリンクしたリアルな未来予測に触れる機会はまだまだ少なかった。

そんな折に、ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットンの著書『ワーク・シフト』(原題、The Shift)を読む機会に恵まれた。このタイプの別の本、ちきりん著『未来の働き方を考えよう』を読んで、そこでやたらと『ワーク・シフト』を引用していたので、ちきりんの著書に感化されるところは少なかったけれど、『ワーク・シフト』は読んでおいた方がいいと考えた。それでも最初は図書館で借りて読みはじめたのだが、途中からこの本の価値の高さを痛感し、1冊購入することにした。

非常にわかりやすい構成になっているので、要約をご紹介してみたい。

先ず、働き方の未来図を考える前提として、グラットンは、今後の我々の働き方の未来図を左右するのは以下の5要因であると述べる。

1.テクノロジーの変化、
 ①テクノロジーが飛躍的に発展する。
 ②世界の50億人がインターネットで結ばれる。
 ③地球上のいたるところで「クラウド」を利用できるようになる。
 ④生産性が向上し続ける。
 ⑤「ソーシャルな」参加が活発になる。
 ⑥知識のデジタル化が進む。
 ⑦メガ企業とミニ起業家が台頭する。
 ⑧バーチャル空間で働き、「アバター」を利用することが当たり前になる。
 ⑨「人工知能アシスタント」が普及する。
 ⑩テクノロジーが人間の労働者に取って代わる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

歴史を掘り起こす仕事 [仕事の小ネタ]

新年度に入ってすぐに自分自身にとっては非常にチャレンジングな出来事があったりして、慌ただしく3週間近くを過ごしてきてしまったが、実は4月1日は僕にとってはあまりありがたくない日だった。多忙で気持ちを紛らしたけれど、働くモチベーションには水を差されたという気持ちは正直ある。

何が起こったかここで詳述してもしょうがないが、簡単に言えばこういうことだ。第一に、僕ができたら次の異動で行きたいと人事に希望していたポストが軒並み埋まってしまい、向こう1、2年は空かないことになってしまった。第二に、そのポストが次に空くまで待っていても、僕は年齢的にそのポストに就ける見込みがかなり薄いことがなんとなくわかってしまった。僕が希望していたキャリアパスはどうも希望通りには歩ませてもらえないらしい―――そんな思いを強くした。

目の前の仕事に集中することで気持ちは紛らわした―――と言いたいところだけど、実際にはここではとても書けないようなことが幾つかあったし、仕事だけじゃなくて酒で紛らわしたところもあるし、自宅で妻を相手に心情を吐露したこともあった。

今目の前の仕事にベストを尽くしていないというつもりは決してないけれど、これは自分のやりたい仕事ではない。僕は世の中の流れの先を読んで、先手を打って社内の各部署を焚き付けて準備をさせる未来志向型の仕事よりも、自分たちの歩んできた道をふり返り、何をどうして結果どうなったのか、そこから何を学ぶ必要があるのかを整理する、或いは放っておいたら埋もれてしまいそうな先輩の方々の成果とそれを得るために払われた努力にちゃんと光を当て、それを若い世代の後輩たちに伝えられる形で記録に残す、そして望むらくはそういう記録が社内だけではなく、外部の人々からも評価を受け、我が社の名声が高まる―――そんな仕事がしたい。

今の部署では残念ながら、後ろを振り返るよりも前を見て行動することの方が求められるが、10年先、20年先を見越して各部署に働きかけても、その頃には僕は会社にいない。むしろ、残り少ない我が社での人生、自分たちがやってきたことにどういう意味があったのか、その歩みに価値を見出すような仕事がしたい。それは再三人事に対してアピールし続けているところだが、僕が今の仕事に向いていてそれなりに成果を出しているというありがたい誤解をして下さっている方が意外と多い。

そんな折に、昨年12月のカンファレンスでお目にかかった山口大学農学部の山本晴彦先生から、先生の近著の謹呈を受けた。最初は2冊、さらにはもう1冊送っていただいた。

満洲の農業試験研究史

満洲の農業試験研究史

  • 作者: 山本 晴彦
  • 出版社/メーカー: 農林統計出版
  • 発売日: 2013/04
  • メディア: 単行本

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『勇者たちへの伝言』 [読書日記]

勇者たちへの伝言 いつの日か来た道

勇者たちへの伝言 いつの日か来た道

  • 作者: 増山実
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2013/12/12
  • メディア: 単行本
内容紹介
ベテラン放送作家の工藤正秋は、リサーチのために乗車していた阪急神戸線の車内アナウンスに耳を奪われる。「次は……いつの日か来た道」。謎めいたアナウンスに導かれるように、彼は反射的に電車を降りた。 小学生の頃、今は亡くなった父とともに西宮球場で初めてプロ野球観戦した日のことを思い出しつつ、街を歩き始めた正秋。いつしか、かつての西宮球場跡地に建つショッピング・モールに足を踏み入れる。正秋の意識は、そこから「いつの日か来た道」へと飛んだ。四十数年前へ――。

以前にもご紹介した通り、僕は近所のコミセン図書室で本を借りる時、息抜きも兼ねて1冊は小説を含めるようにしている。今回もそんな軽い気持ちで、装丁が優しそうだし珍しく往年のプロ野球強豪球団を絡めた小説とおぼしき1冊を借りる本の中に含めたが、これが蓋を開けると結構重い1冊となった。

「人気のセ、実力のパ」―――そんな言葉が僕らの耳に初めて入ってきた時代、パリーグの実力派球団といったら阪急ブレーブスだった。オリックスに身売りしてから仰木監督の下で二度リーグ優勝しているが、近年の低迷は著しく、とてもそんな面影を今感じることはない。でも、僕らがプロ野球を本当に意識し始めた昭和40年代後半、上田監督の下で福本、蓑田、加藤、長池、マルカーノ、山田、足立、米田、山口高志、今井、佐藤義則らを擁した阪急は、リーグの中での人気は南海や近鉄、東映に譲っても、とにかく強かった。ただ、お世辞にも人気球団とはいえなかった。在阪パリーグ球団といえば人気ナンバーワンは南海ホークスだったと思う。

そんな不人気実力球団・阪急ブレーブスの往年の名選手や、当時の人気を博していた俳優、歌手で在日朝鮮人の帰還事業で北朝鮮に渡った実在の人物が登場したりと、史実とフィクションを織り交ぜて話が展開する。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『中国の大問題』 [読書日記]


中国が提唱するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を表明し、創設メンバーに加わった国は52ヵ国にも上ると報じられている。この話題は最近のメディアでも頻繁に取り上げられていて、日本が米国とともに取り残される事態に対して、政府の失政だと批判する論調が多いような気がする。参加しないというのも外交方針としてはあり得る選択肢だという気もするけれど。

そういうタイミングだったからというわけでもなく、むしろ新書版で手軽なボリュームだったというのが本当のところだったのだけれど、丹羽元大使の著書を読んでみることにした。

中国の大問題 (PHP新書)

中国の大問題 (PHP新書)

  • 作者: 丹羽 宇一郎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2014/06/14
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
中国の弱みに石を打て。彼らに資することはやめ、彼らを利する戦略をもて。商社マンとして30年、大使として2年半。政財界トップの性質や思惑、はては国境近くの庶民や少数民族の生活実態まで、「病める中国」の姿をつぶさに見つめた迫真のレポート。

いろいろと難しい時期に民間出身の大使として現地でご苦労なさった著者のご経験、思うところについては、いずれ読んでみたいなとずっと思っていた。長年対中国ビジネスに従事され、中国との付き合い方を熟知されている著者が、日本大使としてなさりたかったことはいろいろあったかと思う。それが、大使就任早々から日本政府にハシゴを外されるような出来事が頻発し、その度に中国政府から呼び出されて説明に追われるという姿が報道されてきた。自分自身でも理解不能、あるいは意に反するような出来事に、現地でどう対応されたのかは幾つかの事例が本書には収められている。日本側の時の政権と中国政府の間に挟まれ思い描いた通りに外交展開できず、忸怩たる思いがひしひしと伝わってきた。

続きを読む


タグ:丹羽宇一郎
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『気候カジノ』 [仕事の小ネタ]

気候カジノ

気候カジノ

  • 作者: ウィリアム・ノードハウス
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/03/20
  • メディア: 単行本
内容紹介
さらなる経済成長と地球温暖化対策は両立できる―――。
地球温暖化が今日大きな注目を集めていることは間違いない。と同時に、それが果たして真実であり重要な問題なのか、人間社会にとってどのような意味をもっているのかについて、人々の意見が分かれていることも、やはり事実だ。
対立する主張のはざまで、温暖化問題に関心を寄せる人々は、一体どのような結論を下せばよいのか。仮に「地球温暖化は真実である」が答えだとしたら、それはどのくらい重大なことなのか。下がることのない失業率、膨らみ続ける公的債務、数々の紛争、核拡散など、世界が抱えるあらゆる問題の中で、地球温暖化は私たちにとってどのくらい重要な地位を占めるのだろうか。 一言で言えば、地球温暖化は人類と自然界にとって大きな脅威だ。本書では、「私たちは気候カジノに足を踏み入れつつある」という比喩を使う。この表現を通じて著者が主張するのは、経済成長が気候システムと地球システムに意図せぬ危険な変化をもたらしているということ、そして経済成長と温暖化問題の対策は両立できるということだ。 私たちは気候のサイコロを投げている。その結果は数々の「サプライズ」を引き起こし、場合によっては深刻な事態を招く恐れもある。だが、気候カジノには足を踏み入れたばかりだ。今なら向きを変え、そこから出ることができる。
本書は、米国経済学の権威、ウィリアム・ノードハウス・イェール大学教授が、地球温暖化問題を取り巻く問題、そして今日までの軌道を修正するために必要な取り組みを、経済学のことなど何も知らない人でも理解できるようにわかりやすく、ロジカルに解説した。

前回、海外で行われる会議で司会を務めるにあたってどうやって仕切るかを考え、『ビジネスミーティングの英語表現』というような普段なら多分読んだりしないであろう本に手を出した話はご紹介したが、実はこの会議に出るための行きのフライトの機中で藁をもすがる思いで急いで読んだ本がもう1冊ある。それが本日ご紹介の1冊だ。

会議を仕切るための英語力というのと車輪の両輪になるのはその中身の理解であるが、僕自身はその会議で話し合われるテーマの1つである「気候変動」についてはまったくの門外漢であるので、会議で登壇者が話す英語が理解できたとしても、話される中身がちゃんとわからなくちゃ司会もできないし、質疑応答になって会場から挙がった質問やコメントへの回答を、適当なパネリストに割り振るのも難しい。そこで、付け焼刃ででも多少予備知識を得ておこうと考えて、最近出たばかりのこんな分厚い本を土壇場になって購入し、機内持ち込みの荷物の中に紛れ込ませたのだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ビジネスミーティングの英語表現』 [英語一期一会]

ビジネスミーティングの英語表現

ビジネスミーティングの英語表現

  • 作者: ロッシェル カップ
  • 出版社/メーカー: ジャパンタイムズ
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本
商品説明
基本的な英語表現はマスターしているのに、いざミーティングとなると思ったことが上手に伝えられない。あるいは自分の思いどおりに話が進まない。そんな経験をしたことはないだろうか。
「英語が話せる」のと「英語で相手を説得する」「話をまとめる」というのはまったく別の話である。本書では、ミーティングを成功に導くための手順や手法を日本語で紹介し、それに役立つ英語のフレーズを適宜紹介している。
残念なのは、読みづらいレイアウトになっていることと、紹介されているダイアログの内容が一般的過ぎること。欲を言えば、データを示しながら議論をする例や、それに対して突っ込まれる例など実地に即した場面を盛り込んでほしかった。
しかし、「ミーティングを円滑に進める」という視点から見れば、本書の内容は非常に有益である。1人で暴走する話し手を体よくおさせる表現やブレーンストーミングでさまざまな意見を引き出す表現、脱線した話題をもとに戻す方法など、進行役にとって役立つ情報はもちろん、参加者にとっても、会話の流れを中断して意見を述べる方法、交渉に役立つ表現など、多くの情報が掲載されている。ミーティング中に使う表現以外にも、日時を決定する際に必要となる英語表現、アジェンダの書き方、Eメールで出席を促す方法など、便利な情報が掲載されている。
日本人と外国人の両方を交えて会議を進めなくてはいけないマネジャー、英語ミーティングが必須の職場で働くビジネスパーソンにとって有用な1冊といえるだろう。(土井英司)

この本を購入したのは14年も前のことだ。紀伊國屋書店ニュージャージー店のシールが表紙に貼ってあるから、購入したのはニューヨーク。ワシントンに駐在していて1年以上が経過して、2001年の晩秋、まだ9.11の影響がそこらじゅうにあったニューヨークに車で出かけた時についでに購入したのだろう。

当時そういう問題意識が自分の中にあったからだと思うが、本書の紹介の中で土井英司さんも仰っているように、この本はレイアウトが読みづらいので、結局あまり読まずに積読にしてしまった経緯がある。それでも、CDが付録で付いていたため、その気になったら自宅のPCでCDを聴いてみるようなシチュエーションもあるかもと思い、自宅のPCのラックにはこの本がずっと立てかけてあった。なんと10年以上にわたって…。

そんな本を急に読み返そうと思ったのは、今週海外で行われた会議で司会と発表者をかけもちでやらなければならなくなったからだ。日本人は僕だけ。従って使用言語は英語、そして、会場がスペイン語圏だったから、スペイン語で話す発表者もいた。今は既にその会議を終えてひと息ついたところだから言えるが、英語-スペイン語間の同時通訳者の出来があまり良くなくて、スペイン語で話した人の言ってることが、同時通訳者を介して英語で聴くと全くわからないということもあった。勿論、自分の英語リスニング能力の問題もなかったとは言えないが。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『入門 人間の安全保障』 [仕事の小ネタ]

入門 人間の安全保障 - 恐怖と欠乏からの自由を求めて (中公新書)

入門 人間の安全保障 - 恐怖と欠乏からの自由を求めて (中公新書)

  • 作者: 長 有紀枝
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/12/18
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
1994年、国連開発計画によって、国家ではなく一人ひとりの人間を対象とする「人間の安全保障」が提唱された。以来、頻発する紛争や暴力などの「恐怖」と、世界を覆う貧困や飢餓などの「欠乏」からの自由を目的に発展を遂げてきた。本書は、長年にわたり世界各地で緊急人道支援、地雷禁止条約策定交渉など最前線で活動を続けてきた著者が、自身の実践と国際政治学の知見をふまえて解説する包括的な入門書である。

1年ほど前から気になっていていずれ読みたいと思っていたのだが、先月著者の長さんが登壇されているパネルディスカッションを見て、今がちょうど読み頃なのかもと思っていた。前半の2章はあまり人間の安全保障と関係のないお話だったので飛ばし読みだったが、それ以降の全ての章については、かなり真剣に熟読した。自分が別の会議でこのテーマで話さなければならなくなったというのが直接的なきっかけで、そもそも僕はこれまで、1994年のUNDPの人間開発報告書と2003年の人間の安全保障委員会(CHS)報告書『Human Security Now(邦題:安全保障の今日的課題)』しか理解のために依って立つ文献にあたったことがないため、「恐怖からの自由、欠乏からの自由」とか、「上からの保護、下からのエンパワーメント」とかいった、通り一辺倒の言葉でしか「人間の安全保障」を理解してこなかった。それが、いきなり自然災害とか気候変動とかといった、より実践的なテーマと絡めて「人間の安全保障」のレンズで見たら何が言えるのかをしゃべれと言われて、はたと困ってしまったという経緯がある。

藁をもすがる思いで読み始めて、2012年9月の国連総会決議とか、「人間の安全保障」の概念が国際社会で受容されてきたという経緯もよくわかってきた。この著者はNGO難民をたすける会の関係者の方なので、そういう視点からの記述が本書の場合は多い。ところが、この本が書かれた時期というのは既に東日本大震災・福島原発事故が起こった後だったので、それまで国際協力活動に従事してきた著者のNGOが、日本国内で国内避難民(IDP)が発生するような事態にどう関わったのか、そこから何が見えてきたのかについても詳細に論じられている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

未来予測の本2冊 [読書日記]

僕たちの業界では、2030年の地球と国際社会の姿を予測し、その予測とあるべき理想の姿のギャップを埋めるためには予測される姿に対してどのような取組みをこれからの15年間でやらなければいけないか、いつまでに何をしておくべきか、具体的な目標で示して国際社会で合意しようという国際交渉の動向に注目が集まっている。そのためには、そもそも何もせずに普通に世の中の流れに任せていたら、2030年なり2050年なりには何が起きているのかという未来予測について理解しておく必要があると僕自身も強く感じている。

また、子を持つ親の立場からすれば、うちの子ども達が社会に出る2020年代から30年代にかけて、多分労働市場での需要が高まっているであろう職種が何であるかを予測し、そのために大学でどのような専攻をすべきかを考え、その学部に入るためには中学高校でどのような準備をしておくべきかを考えておく、バックキャストの必要性も痛感している。

うちの子ども達もそうであるが、往々にして子ども達自身がそういう予測に耳を傾け、そのために今何をしたらいいかを自分で考えるような習慣がついていない。自分だって、中高生の頃から英語の勉強するのに本気を出した最大の動機は、得意だったとか、それを評価して頼ってくれる女子のクラスメートがいたとか、親に言われて週1回通わされたバイブルクラスで先生の話す英語が理解できなかったとか、要は目の前の要請にどう応えるかという需要追随型の勉強をしていた。今から思えば、田舎町であってもグローバル化を見越して無理やりネイティブの英語に身をさらすような機会を長男に与えようとしたのは親であり、子の将来を見越してバックキャストで子にいろいろやらせようとするのは親の役目なのかもという気がする。そうして、その意味を理解できずに親の言うことにいちいち反発するという親子の葛藤も、昔も今も変わっていない気がする。

全ての未来予測が同じ未来像を描いているかといえばそうでもない。そういう本をいろいろ読むうちに、何が何だかよくわからなくなることもあるが、まあそれぞれの本の要旨ぐらいは読了するたびに整理しておきたいものだ。今回は、3月に読んだ未来予測に関する本2冊をまとめて紹介してみたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る