So-net無料ブログ作成

『ハルロック』 [仕事の小ネタ]

ハルロック コミック 全4巻完結セット (モーニング KC)

ハルロック コミック 全4巻完結セット (モーニング KC)

  • 作者: 西餅
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/04/23
  • メディア: コミック

8月、中旬に取るつもりだった夏休みは、当初は1週間のつもりが、社長室の都合で2日短縮され、さらには同じ部内の別のセクションから指示された作業の締切のせいでさらに1日短縮、結局2日しか取れなかった。一方で社内的には7日間取得が必須だという。いったいこの言行不一致たるやなんたることか嘆かわしい、この埋合せは9月に入ってからなんとかしようと早くから心に決めた。9月も第2週以降は忙しくなることが予想されるため、1日から4日までを4連休にしようと当初は目論んだ。それもまた1日、2日と行事を外から持ち込まれ、徐々に崩壊し始めている。取りあえず1日(火)はなんとか休んだものの、前日午後に「作業期限24時間以内」という急な依頼が来て、僕はその仕事を終わらせるために31日(月)夜は23時30分まで残業した。

休暇を消化するために前夜に無理して深夜残業するというのもなんだか本末転倒な気もする。お陰で1日は起床が遅くなり、天候も良くなかったため、思ったような過ごし方ができなかった。それでも収穫があったとしたら、本日紹介するコミック『ハルロック』の全4巻を一気に読めたことだろうか。

僕は雑誌『コミック・モーニング』の読者でないのでこんな連載が行われていたことを全然知らなかったのだが、『ハルロック』は国内のものづくり愛好家の間ではちょっとした話題になっていた作品らしい。主人公の女子大生・向阪晴が、高校時代の恩師との出会いから電子工作に目覚め、身の回りにある様々な問題に電子工作を通じて取り組んでいくというのが基本的なストーリーとなっている。これに小学生の天才的電子工作マニアの「うに先輩」、幼馴染みで晴に憧れて工業高校に進んだけれども電子工作がからっきしな六祐クン、大学の友人達のサイドストーリーも絡めて、日常生活を少しだけ豊かにする小さなイノベーションを次々に生み出していくテンポ良いお話だ。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る