So-net無料ブログ作成

『Common Wealth』(その3) [持続可能な開発]

連載シリーズ第3弾、本日は、本書における著者の問題提起の内容についてご紹介する。

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

  • 作者: ジェフリー・サックス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: 単行本

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 21世紀の課題を定義するなら、この過密化した地球で人類が共通の運命を分けあうという現実を直視すること、となる。共通の運命であればこそ、新しい形のグローバルな協力体制が必要とされる。これはごく単純な基本点なのに、世界の指導者の多くは、この点をまだ理解できず、または受け入れようとしない。過去200年間、テクノロジーや人口統計学は人びとに理解されないまま、つねに社会より先行してきた。産業化と科学がもたらした変化のペースは、人類史上でも例を見ないほどの速さだった。哲学者、政治家、芸術家、経済学者などは、時代の社会的な状況に追いつくために、たえず息せき切っているようなありさまだ。結果として、社会哲学はつねに目の前の現実に遅れをとることになる。(pp.21-22)

障害はこの地球にあるのではなく、人間がどれほど協力できるかという、私たちの能力にあるのだ。いま、私たちに必要なのは、グローバル・レベルでの合意と世界共通の団結心をもって、地球が抱える問題に取り組むことである。(p.27)

第二次世界大戦後、冷戦の危機にもかかわらず、世界の指導者たちは、環境、人口、貧困、大量破壊兵器といった共通の課題に一致団結して立ち向かった。国際連合を初めとして、天然痘の撲滅、子供の予防接種、識字教育と家族計画の普及、地球の環境保護といった世界規模のキャンペーンに取り組み、新しい形のグローバル協力を考案したのだ。そして、さまざまな障害や不信感をのりこえて、グローバルな協力体制がよい結果をもたらすということを証明してみせたのである。(pp.29-30)

この行動に必要とされるわずかな費用と、それをしなかったときの結果の甚大さは比較にならないほどなのに、世界はまだ麻痺したまま動きだそうとしない。最悪の結果を回避するためにどのような手順が必要なのか、多くの専門家にとっては一目瞭然である。しかし、一般の人びとはまだ理解していないようだ。ぐずぐずしてはいられない。再度強調するが、問題は、合理的かつ低コストの解決方法が存在しないことではなく、それらの解決策を導入するのに必要なグローバルな協力態勢がとれないことなのである。(p.35)

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る