So-net無料ブログ作成

『オープン・サービス・イノベーション』 [仕事の小ネタ]

オープン・サービス・イノベーション 生活者視点から、成長と競争力のあるビジネスを創造する

オープン・サービス・イノベーション 生活者視点から、成長と競争力のあるビジネスを創造する

  • 作者: ヘンリー・チェスブロウ
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/10/20
  • メディア: 単行本

7月にご紹介した『OPEN INNOVATION』に続く、チェスブロウの著書のご紹介である。前回のご紹介の際に、この著者もオープン・イノベーションを公的セクターや国際協力の分野で適用しているケースがあったら取り上げて欲しいという趣旨のコメントを僕は残していたが、その著者が2011年に『Open Services Innovation』という本を出しており、それも既に邦訳が出ているのを知り、読んでみることにした。

少なくとも、僕は本書がサービス業のオープン・イノベーションの話だろうと思って読み始めたが、すぐにその予想が外れていることに気付かされた。残念ながら、著者の「オープン・サービス・イノベーション」の定義は結局のところは企業のイノベーションのことであり、なおかつ製品中心のイノベーションを行うことの限界を指摘して、「製品を内部・外部のイノベーションを取り込むプラットフォームへと変換し、そのプラットフォームを中心に幅広い付加価値サービスを加えることで、起業は容赦ない価格競争から抜け出せる」(p.33)と主張している。製品を進化させつつ、ユーザーが製品を通して利用できる製品やサービス全体を競争の基盤とするべきだと提唱している。

卑近な例はAmazonじゃないかと思う。元々は本の通販サイトだったが、今では中古書籍の出店も多く、かつ取扱い商品のラインナップもここ10年の間に豊富になった。とは言ってもAmazonはプラットフォームとしてのサイトを提供していて、そこに多くの業者が集うようになっているだけのことである。同様に、本書ではオープン・サービス・イノベーションの好例として、アップル社のiPhoneを挙げている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る