So-net無料ブログ作成

『デジタル・ディスラプション』 [仕事の小ネタ]

DIGITAL DISRUPTION

DIGITAL DISRUPTION

  • 作者: ジェイムズ・マキヴェイ
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
「第3の産業革命」に乗り遅れるな!MAKERS時代に勝ち残るマインドセットとビジネスモデル。

この前、隣町の市立図書館の書庫を物色していて、何となくピンとくるタイトルだったので、予定外だったけど借りて読んでみることにした。元々借りようとしていたのは前回ご紹介した『オープン・サービス・イノベーション』だったのだが、趣旨としては本書もよく似ている。デジタル技術を用いたオープン・サービス・イノベーションのことを「デジタル・ディスラプション」(Digital Disruption)―――デジタル時代の創造的破壊モデルと本書では呼んでいるのだと理解した。

 あなたの会社が売っているのは、もはや単なる商品(あるいはサービス)ではない。現在、商品はトータルな商品体験の中心にあるのだ。これに気づかないと、たとえあなたの賞品の方が優れていたとしても、よりよい商品体験を提供するデジタル。ディスラプター――デジタル時代の創造的破壊者――に出し抜かれるだろう。
 フォレスター・リサーチ社の同僚であるハーリー・マニングとケリー・ボーディンは、著書『Outside In: The Power of Putting Customers at the Center of Your Business(アウトサイド・イン――消費者をビジネスの中心に据える力)』の中で、顧客の経験はビジネスの将来を左右するもっとも大きな力であると述べている。しかも、その経験は単純な商品だけでなく、その商品に関連するあらゆるものに及ぶ――トータルな商品体験なのである。(pp.157-158)

だから、出て来る事例がiPhoneだったり、Amazonだったりするのは当然のことである。書きぶりとしてはこちらの方が叙述的でわかりやすいケースもある。ただ、そうした「当たり」の記述がある一方で、若干期待外れの記述もある。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る