So-net無料ブログ作成

『体育座りで、空を見上げて』 [読書日記]

体育座りで、空を見上げて

体育座りで、空を見上げて

  • 作者: 椰月 美智子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
大人の階段を昇るのってすごくしんどい。5分だって同じ気持ちでいられなかった、あの頃。今もっとも注目の著者が、読者を瞬時に思春期へと引き戻す、おかしくも美しい感動作!野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞受賞第一作。
椰月美智子(やづきみちこ)といえば、僕が今からちょうど2年前に読んだ『るり姉』の作者であり、当時このブログでも「女シゲマツ」的な作風を指摘するとともに、各章ごとに主人公が異なる連作短編の構成を「あまり好きではない」などと評していたことがある。最初からこの作家だと知っていれば手に取ったかどうかすらわからない新たな椰月作品を改めて手にしたのは、タイトルからして明らかに学園ものだったからに違いない。コミセン図書室で借りて家に持ち帰ってから、初めて本書が椰月さんの作品であることに気付いた。

1人の女子中学生が、中学に入学してから卒業するまでの3年間を描いている。日記ほど日々の出来事を克明に記しているわけではなく、それぞれの学年で鍵となる出来事をいくつか取り上げつつ、当時何にハマっていたのか、クラスの誰と仲良くしていたのか、誰と誰が付き合っているとの噂があったのか、家族とどんな葛藤があったのか、等等を淡々と描いている。時系列順の展開で、かつ主人公・和光妙子の視点で貫かれているので、『るり姉』よりはわかりやすい構成だった。

ひょっとしたら、1970年生まれで神奈川県小田原市出身の著者の、ある意味自伝的な作品なのかもしれない。何が流行っていたのか――CCBだのキョンキョンだの尾崎豊だのと聞かされれば、そして校内暴力が社会問題化してそのいちばんひどかった年齢コホートから2学年下で、上級生から「呼び出し」を喰らうのではないかと心配しながら中学に入学するシーンなどから、この作品の舞台が、僕自身が中学時代を過ごした頃よりも6~7年後だと容易に想像つく。しかも、大人が自分のことをわかってくれないと訳もなくイライラして、どうしょうもなくなって近くの海岸に出かけるというシーンなどを見ると、遠浅の海岸、否応なしに相模湾でしょと想像できてしまう。自伝かどうかはともかく、著者は明らかに自分の中学時代を振り返りながら、その要素を作品の中に取り入れている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る