So-net無料ブログ作成
検索選択

SATREPS(サトレップス) [持続可能な開発]

地球のために、未来のために SATREPS―地球規模課題対応国際科学技術協力

地球のために、未来のために SATREPS―地球規模課題対応国際科学技術協力

  • 作者: 小西 淳文
  • 出版社/メーカー: 国際開発ジャーナル社
  • 発売日: 2015/01
  • メディア: 単行本

シルバーウィーク入りしてから続く、科学技術イノベーション(STI)シリーズ、本書を紹介してひと段落ということにしたいと思う。

最初にお詫びしなければいけないのは、昨日掲載した記事の中で、新興国のSTI政策への取組みとの対比で、日本はあまりそのあたりに力を入れていないのではないかと暗に示唆する書き方をしていたが、その後科学技術振興機構(JST)のウェブサイトを少し調べていて、意外とJST自身がいろいろやられているのに気付いた。特に、JSTの運営するサイエンス・ポータルの2015年5月13日付のレビュー「科学技術外交ようやく日本外交の柱に?」というのが目を引いた。

「科学技術外交のあり方に関する有識者懇談会」(座長:白石隆政策研究大学院大学学長)が、9ヵ月あまりの検討結果をまとめた報告書を、5月8日、岸田文雄外相に提出したというもので、記事の大半はこの懇談会の15項目にわたる提言のうち、特に「外務大臣科学技術顧問」を試行的に設置する案を取りあげて論じている。

15項目をここで全て紹介するのが本日の趣旨ではない。ご興味があれば是非懇談会報告書の原文を読んでいただきたいし、僕自身もこの記事にリンクを張って、いつでも閲覧できるようにしておきたいと思っているが、日本でもこうやってSTI政策の拡充を図ろうとの動きがあることについては嬉しいし、それを踏まえずに昨日の記事を書いてしまったことはこの場を借りてお詫び申し上げたい。(反面、巷間騒がれている国公立大学の文系学部廃止の動きについてはいかがなものかと思うけれど。)

さて、話はJSTのレビュー記事に戻るが、そこでは、JSTとJICAが共同で運営するSATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力、サトレップス)について、次のような言及がある。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る