So-net無料ブログ作成
検索選択

『平和構築に向けた絆』 [仕事の小ネタ]

平和構築に向けた絆―カンボジア地雷対策センターの改革・成長と南南協力の

平和構築に向けた絆―カンボジア地雷対策センターの改革・成長と南南協力の

  • 作者: 小向 絵理
  • 出版社/メーカー: 国際開発ジャーナル社
  • 発売日: 2015/05
  • メディア: 単行本
田中明彦JICA理事長による紹介文
戦争や紛争の”負の遺産”が地雷である。
平和が訪れても今なお人々を殺傷し、開発の大きな妨げになっている。その処理は実に気の遠くなるような時間を要するが、手を緩めるわけにはいかない。カンボジア地雷対策センター(CMAC)の改革と成長の記録は、いわば「希望の物語」だ。その軌跡を誠実にたどった本書は、地雷問題にどう対処していくか、その道筋を住めしてくれる。平和構築や開発協力にかかわるすべての関係者、必読の書である。

カンボジアに駐在されていた我が社の先輩が、去年本社で開かれた会議の中で、カンボジアが世界に誇れるベストプラクティスが2つあると仰っていた。1つはプノンペン水道公社(PPWSA)で、その成長ストーリーは『プノンペンの奇跡』という本で詳述されている。そしてもう1つがカンボジア地雷対策センター(CMAC)である。地雷除去技術を含めた地雷対策全般では世界で最先端の技術ノウハウと経験を有し、コロンビア、ラオス、アンゴラといった国々に対して技術協力を行うまでに実力を付けているのだと聞いた。そして、CMACの成長ストーリーも、日本人の著者の手で本にまとまっている。

CMACのお話は、最近になっていろいろな場で耳にするようになった。それも、CMACが他国の地雷や不発弾処理に協力するという「南南協力」という文脈で。下記でご紹介するAFPの記事にもあるように、地雷撤廃の国際的取組みは成果も上がっており、死傷者数は2013年に過去最低水準にまで減少したという。間接的にではあるかもしれないが、CMACの南南協力の成果だとも言える。


CMACの歴史を簡単に述べておこう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る