So-net無料ブログ作成

『サーバント・リーダー』 [仕事は嫌い]

サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ

サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ

  • 作者: ジェームズ・ハンター
  • 出版社/メーカー: 海と月社
  • 発売日: 2012/05/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
考えは行動になり、行動は習慣になり、習慣は人格になり、人格は運命になる―このシンプルな物語が、あなたのリーダー観を根本から変えていく。

ここ数カ月の僕の読書の傾向からすると、かなり意外な本のセレクションではないかと思う。昔一時的に「サーバント・リーダーシップ」に興味を持っていた時期があって、その時はこのテーマのおそらく古典中の古典と言っていいロバート・グリーンリーフの『サーバント・リーダーシップ』を1冊購入しようかとすら思った。

当時僕がいた部署には、僕の上にものすごくできる上司がいて、僕の下にものすごくできる部下がいた。このできる上司はできる部下が可愛かったので、中間管理職の僕をバイパスして直接部下のところに話を持って行っていた。僕は立場がなかった。この上司と部下が直接つながって仕事やったらそれはそれは部署としてのパフォーマンスも上がったし。一方で、この上司はあまり気に入らない別の部下のことは放ったらかしにしていて、直接口もきかなかった。この部下のことは僕に対応をほとんど任せていた。部署全体のパフォーマンスを考えればこの選択と集中は理解できなくもないが、やられた側――選択されなかった側としてはなんともやりきれない気持ちだけが残った。

そんな中で一応管理職たる僕が部下に対してどう振る舞ったらいいのか――。それを考えているうちに出会ったのが「サーバント・リーダーシップ」だった。「リーダーである人は、まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」というやつで、ヒエラルキーの頂点に君臨する支配型リーダーシップとは真逆の概念といえる。ヒエラルキーの頂点はうちの上司にお任せして、僕は部署のスタッフみんなに奉仕しよう、そう考えたら少しは気が晴れた。自分のあり方が見えた気がした。

それを今また蒸し返したのは、今また同じような立場に置かれている自分を感じたからである。僕の業績の評価者にあたる上司は僕をバイパスして僕の部下に直接仕事の指示を出している。それも僕の知らないところで。気に入らないなら直接上司に不快感を表明すればいいじゃないかと思われるかもしれないが、半年ほど前にちょっとした出来事があって、以降冷戦状態に陥っている。没コミュニケーションにはどちらか一方だけに原因があるとは思っていない。僕に断りもなく自分の仕事に僕の部下を引っ張り込む上司も上司だが、自分を通さない不快感を上司に伝えない自分も自分だ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る