So-net無料ブログ作成

『リトル・ブラザー』 [読書日記]

リトル・ブラザー

リトル・ブラザー

  • 作者: コリイ・ドクトロウ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/03/10
  • メディア: ハードカバー
内容(「BOOK」データベースより)
サンフランシスコに住む17歳のマーカス・ヤロウは、コンピューターやゲームに強い、ごくふつうの高校生。じつは、w1n5t0n―ウィンストンのハンドルネームをもつハッカーでもあった。校内に設置された歩行認識カメラをだましたり、居丈高な生徒指導主任の個人情報を調べたりするのは、お手のもの。だが、ある日、授業中に親友のダリルといっしょに学校を抜けだし、他の高校の仲間たちと遊んでいた最中に、世界が永遠に変わってしまう事件が起こった。サンフランシスコ湾で、大規模な爆弾テロがおこなわれたのだ。警報が鳴りひびくなか、避難しようとしていたマーカスたちは、テロリストの疑いをかけられ、国土安全保障省に拘束されてしまった。最初は尋問に抵抗していたマーカスだったが、やがて肉体と精神の両方をいためつける厳しい拷問をうけるはめに…。ネット仲間やガールフレンドとともに、強大な国家権力に対して果敢な戦いをくりひろげる高校生マーカスの活躍をあざやかに描く、全米ベストセラー長篇。ジョン・W.キャンベル記念賞、プロメテウス賞、ホワイトパイン賞受賞。
コリイ・ドクトロウというSF作家のことは、先月紹介した『Fabricated』を読んでいる中で初めて知った。そこでは彼の2010年の作品『Makers』のことが触れられていた。これもいずれ読んでみたいのだが調べてみると『Makers』はまだ邦訳版が出ておらず、日本語で読める唯一のドクトロウ作品が『リトル・ブラザー』であることを知った。原作は2008年発表である。

ドクトロウの作風が知りたくて、取りあえず『リトル・ブラザー』から読んでみることにした。本編だけで400ページを超える大作で、しかも冒頭紹介の通りでコンピュータやネット、ハッキングの知識がある程度ないと、この作品の面白さは十二分には味わえないかもしれない。そういう難解な記述は置いておいて、一般の読者ならスリリングな展開を味わうだけでも十分楽しめると思う。カテゴリー的にはジュブナイル小説なんだろうけれど、オジサンでも十分面白かった。ちょっと古いけど、1980年代半ばにリリースされた映画『WAR GAMES』を想起させる。

特定秘密保護法とか安保法制といった最近の日本で起こっていることを考えると、本書で出てくる米国の国土安全保障省(DHS)が国内で行っている活動に近いことが日本国内で行われていても、それは特定秘密保護法の対象に恣意的に定められてしまい、国家が国民のプライバシーを侵害し自由を侵す事態が生じないとも限らない。フィクションとはいえ、そんな社会を具体的にイメージするには、こういう小説もなかなか役立つ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る