So-net無料ブログ作成

『モジュール化の終焉』 [仕事の小ネタ]

モジュール化の終焉―統合への回帰

モジュール化の終焉―統合への回帰

  • 作者: 田中 辰雄
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2009/11/26
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
iPhoneの隆盛、クラウドの広がり、グーグルの成長…統合への回帰による産業構造の変化と、日本企業復活の可能性。歴史的考察と実証分析によるIT産業の未来像。

この本は、ある問題意識に基づいて9月初旬に市立図書館で借り、2週間の貸出期間延長の後、さらに1週間延滞させた上で、ようやく読み切ったという代物である。時間がかかった理由は、この本が専門書でボリュームがそれなりあったというのが大きいが、読了する前に用件が片付いてしまったりして、読み切るモチベーションが途中で下がってしまったことも大きい。

とはいえ、専門書というわりには論点も明確で、文章もやさしいので、本気で読めばそれなりにスラスラ読めるいい本だ。著者の仮説を実証する幾つかの章は飛ばし読みでも構わない。

先ずお断りしておくが、本書は情報通信産業のことを述べている。「モジュール化」というと様々な定義があるが、本書では公開されたインターフェースで分けられているものをモジュールと呼び、「ある目的に使う財・サービスをいくつかのユニットに分け、その組み合わせのインターフェースを固定して一般にも公開すること」をモジュール化と呼んでいる。例えば、パソコンでいえば、ハードウェアとOSとアプリケーションソフト、周辺機器類が分けられるのがモジュール化ということになる。

昔のコンピュータはメーカーの作ったハードの上に専用OSと専用のアプリケーションソフトが載っていて、周辺機器も専用のものを接続して使っていた。統合化製品というやつだ。それが切り離されて、第三者の企業が公開されたインターフェースに従ってモジュールの生産・供給を始める。OSはOSの企業、ハードはハードの企業、アプリ開発はアプリ開発の企業、プリンターはプリンター専門メーカーといった具合だ。そして、モジュール毎に企業間の競争が起こり、技術革新も進む。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る