So-net無料ブログ作成

『空色ヒッチハイカー』 [読書日記]

空色ヒッチハイカー

空色ヒッチハイカー

  • 作者: 橋本 紡
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
あれほど憧れ続けた兄貴の背中を追いかけて、18歳の夏休み、僕は何もかも放りだして街を出た。兄貴の残した年代物のキャデラックに免許証。抜けるような夏空。ミニスカートにタンクトップの謎の美女・杏子ちゃんが、旅の相棒。個性あふれるヒッチハイカーたちと一瞬の出会いを繰り返しながら、僕は、ひたすら走り続ける! バカだからこそ、突き進める。真面目だからこそ、迷わない。―究極の青春小説。
橋本紡作品は以前アンソロジー収録の短編で何か読んだ記憶があるが、何だったか思い出せないでいる。いずれにしても、最近文庫化された『流れ星が消えないうちに』を読む前に、橋本作品の1つでも先に読んでみておこうかとふと思い立ち、近所のコミセン図書室を訪れたついでに借りた久々の小説だ。

このところ僕が紹介している本のチョイスをご覧いただければわかる通り、僕は先月のシルバーウィーク前から続いていた仕事のヤマを先週半ばにようやく乗り越え、先週後半から週末にかけてはちょっとした燃え尽き状態となっていた。次のヤマ場は2週間後に訪れるが、仕事自体は週明けからまた忙しくなる。だから週末まで息抜きできるところはちゃんと息抜きしておこうと考え、久々の小説を手に取ったのだ。

あらすじについては既にご紹介の通りなので、これ以上書くとちょっとネタ晴らしになってしまう。先まで読み進めれば明らかになって来る話だが、何故主人公・彰二が年代物の空色のキャデラックで神奈川から九州・唐津に向かったかは予め知っておいても損にはならないだろう。

続きを読む


タグ:橋本紡
メッセージを送る