So-net無料ブログ作成

『開発協力と新興国』 [持続可能な開発]

来週末、都内で開催される会議で、15分間の英語によるプレゼンをやることになった。テーマについて書き始めたらブログの記事としては十分説明しきれないと思うので、あえてここでは明かさない。ただこれだけは言える。僕にとっては今年の大きなチャレンジの1つであると。プレゼンだけでなく、発表内容をまとめた英文ペーパーを後日提出することになっている。

それほど造詣があるとも思えないテーマであっても発表を引き受けたのは、僕なりの「下心」があってのこと。どこに異動するにしても、就活するにしても、自分の履歴書に書けるものなら無理してやって、アピールの材料にしたいという魂胆だ。年明けぐらいから意識して取り組んできたことで、既に形になったものもあるけれど、今からでももうちょっと頑張っておこうと思った次第。

予備知識がほとんどないテーマで話すには、それなりに勉強しておかなければならないことは言うまでもない。後日まとめるペーパーにも、参考文献を載せなきゃならない。そう考えて、1ヵ月前にこの仕事を引き受けた頃から少しずつではあるが参考になりそうな英文の報告書や論文を読み始めていた。その全部をご紹介するつもりはないけれど、そのうち何冊かはまとめてこの場で紹介しようかと思う。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

Development Cooperation and Emerging Powers: New Partners or Old Patterns?

Development Cooperation and Emerging Powers: New Partners or Old Patterns?

  • 編者: Sachin Chaturvedi, Thomas Fues, and Elizabeth Sidiropoulos
  • 出版社/メーカー: Zed Books
  • 発売日: 2012/05/15
  • メディア: ペーパーバック

1冊目の本は新興国のお話。ふと思いついて購入してから1年以上放置していた本である。

開発協力のための既存の枠組みが先進工業国の経験に大きく支配されてきたけれども、新興国が近年、他の開発途上国に対する開発協力を加速化させ始めており、こうした国々を既存の援助の枠組みに引っ張り込むことには慎重かつ懐疑的な見方も多い。本書は、中国やインド、ブラジル、南アフリカの開発協力政策を分析し、これをメキシコや西側諸国のそれと比較したものである。また、新興国の開発協力の動機や実績を調べる中で、「南南協力」という考え方がどのようにして生まれてきたのか、それが伝統的な先進国と途上国の間の開発協力とどういった点で異なるのかを考察している。執筆したのはそれぞれの国出身の研究者であり、今後グローバルな枠組みが既存の枠組みからどのように変貌していく可能性があるのかも述べている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る