So-net無料ブログ作成

欧州開発報告書2015年版 [持続可能な開発]

European-Report-on-Development-2015-blog.jpgEuropean Centre for Development Policy Management (ECDPM)
European Report on Development 2015
Combining finance and policies to implement a transformative post-2015 development agenda
May 4, 2015
http://ecdpm.org/publications/european-report-on-development-2015/





最近読んだ本の中の一節に、「本を書きたければ、書きたいテーマに関連した本を3冊読みなさい」というのがあった。僕の場合は本ではなく論文ということになるが、同じ法則を当てはめると、既にご紹介した『開発協力と新興国』が1冊目であり、本日ご紹介する『欧州開発報告書2015年版』(以下、ERD2015)が2冊目ということになる。

ERDはオランダ・アムステルダムにあるシンクタンク欧州開発政策運営センター(ECDPM)がドイツや英国の有名な開発シンクタンクの協力も得て編集・発刊している年次報告書で、毎年6月にブリュッセルで開かれる欧州開発デーで公表されている。世界銀行が世界開発報告書(WDR)を毎年出しているように、EUも毎年年次開発報告書を出している。ERDがそれに相当する。

ERDの今年のテーマは持続可能な開発を可能にする開発資金の話である。

本書では先ず、開発資金を巡る情勢は過去15年間で大きく変化したと指摘している。各国国内で動員される資金は急激に増加し、開発に必要な資金の相当部分は国内で調達される一方で、外国から流入する公的資金-いわゆるODAとOOFというので表される公的資金は、若干の増加は見られたものの、金額としては微々たるもので、その相対的な地位は15年間で大きく低下した。国内動員資金のうち、民間資金は最も急激に増加したが、その対GDP比は、低所得国(Low Income Countries, LICs)では極めて低い。

続きを読む


メッセージを送る