So-net無料ブログ作成

このまま2030年を迎えると… [持続可能な開発]

ProjectingProgress.jpgSusan Nicolai, Chris Hoy, Tom Berliner and Thomas Aedy
Projecting Progress:
Reaching the SDGs by 2030

Overseas Development Institute (ODI) Flagship Report, Sept. 2015
http://www.developmentprogress.org/publication/projecting-progress-reaching-sdgs-2030




9月、英国のシンクタンクであるODIは、世界が現在のトレンドで2030年を迎えた場合、果たして持続可能な開発目標(SDGs)を達成できるのかどうかを分析した初めてのレポートを発表した。

このレポートは、17項目あるSDGsの各ゴールから代表的なターゲットを1つ選び、それを計測する合計17の指標を用い、15年後の目標達成度を、現時点でできる限りの精度で予測したものである。分析には各指標ごとにスコアカードを作成し、達成見込みに応じてAからFにグレード分けし、さらに3クラスに大分類した。

結果は、現在までのトレンドがそのままのペースで続いた場合、国際社会はすべてのゴールで目標達成が不可能であるとの予測となった。

次に現在のトレンドが継続すれば2030年にはかなりゴールに近いレベルに到達するグレードBの指標群を「リフォーム・クラス」、ゴール達成には今後かなりの努力とスピードアップが要求されるグレードC、D、Eの指標群を「レボリューション・クラス」、最後に現在誤った方向に進んでおり早急な見直しが必要な指標群を「要反転クラス」に分類した。

3つのクラスに該当する指標は以下の通りだ。(数字はSDGsのゴール・ターゲット番号)

 リフォーム・クラス:3指標が該当。
 1.1 貧困撲滅、8.1 LDCs経済成長、15.2 森林減少防止

 レボリューション・クラス:9指標が該当。
 3.1 妊産婦死亡率削減、4.1 万人の中等教育、16.1 暴行殺人件数削減、17.1 国内資源活用、
 2.1 飢餓撲滅、6.2 万人の衛生施設(トイレ)へのアクセス、7.1 万人の電気利用、5.3 幼児婚根絶、
 9.2 LDCs工業化

 要反転クラス:5指標が該当。
 10.1 所得の平等化、11.1 スラム人口削減、12.5 廃棄物削減、13.2 気候変動対策、
 14.2 海洋環境保全

続きを読む


タグ:SDGs
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る