So-net無料ブログ作成

『マジック・キングダムで落ちぶれて』 [読書日記]

マジック・キングダムで落ちぶれて (ハヤカワ文庫SF)

マジック・キングダムで落ちぶれて (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: コリィ・ドクトロウ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2005/08/09
  • メディア: 文庫
内容(「BOOK」データベースより)
未来の地球で人類は不老不死を達成した。すでに一世紀以上生きてきたジュールズは、ディズニー・ワールドのマジック・キングダムに住んで、スタッフとして働くという長年の夢をついに実現した。ともに働くガールフレンドのリルは、彼の15パーセントの歳で、ふたりは幸せな日々を送っている。だが、彼を思いもよらぬ事件が待ちうけていた…ディズニー・ワールドで働く不老不死のジュールズの冒険を描く、ユーモアSF。

コリィ・ドクトロウ作品第2弾。

ひとことで言えばよみにくかった。なんで舞台がディズニーワールドなのかとか、なぜそのディズニーワールドの中の、さらに狭いエリアになるマジック・キングダムで住むことができるのかとか、なぜそのマジック・キングダムの中にあるホーンテッド・マンションと大統領ホール(ホール・オブ・プレジデント)との間で覇権争いなどやる必要があるのかとか、そもそものところでわからなかった。

一度通読した上でもう一度読み返してみたらもっと味わい深い作品になるかもしれないし、もっとディズニー・オタクであれば作品中で出てくるアトラクションの固有名詞を見て、その位置関係などを想像しながらもっと楽しめるかもしれない。

しかし、これだけ難解な作品を、いま一度読み直す気力は正直起きない。

ただ、ストーリーの難解さとは別に、この本で描かれている「我々のあり得る未来」はなかなか興味深い。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る