So-net無料ブログ作成

『ゲリラと森を行く』 [インド]

Touch the GOND 巡回展【東京・表参道】
 ゴンド画(GOND ART)は、インド中央部マディヤ・プラデーシュ州の先住民族によって描かれる伝統的な民族画です。元々は家の外壁に描かれていた絵ですが、ここ数十年の間に紙やキャンバスの上で表現されるようになりました。
 ゴンド画の特徴は民族に伝わる神話や寓話、森の動植物をかたどったユニークなモチーフと、その中に敷き詰められる繊細なパターン模様。
 伝統的な絵画でありながらモダンでポップなゴンド画は、昨今ヨーロッパを中心に現代アートとしても紹介されてきました。世界的に有名なシルクスクリーンの絵本「The night life of trees」(Tara Books/邦訳「夜の木」)など、ゴンド画を挿絵にした絵本も数多く出版されています。
 Touch the GOND3度目となる本個展では、東京・表参道、京都・祇園の2ヶ所で開催いたします。国内外で活躍する約20名のゴンド画家達による原画、絵本・グッズを展示販売する予定です。
tumblr_nwb5pwn8pQ1tdm7mso1_250.jpg この機会に、ぜひお立ち寄りください。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

【東京・表参道】
◆日時:2015年11月14日(土)~11月19日(木) 
   12:00-21:00(最終日は19:00まで)
◆ギャラリー:Haden Books
◆住所:東京都港区南青山4-25-10南青山グリーンランドビル
◆アクセス: 表参道駅A4出口より徒歩5分
Touch the GOND URL: http://www.gondart-india.com/

インド駐在時代の知人から紹介され、表参道で開催される絵画展に行ってみることにしている。マディア・プラデシュ州の東部山間地の先住民がこうした民族がを描いているというのは全然知らなかったので、実際に見るのが楽しみだ。こういう伝統的な文化は、他の社会との交流が始まると、なかなか継承されにくい。近代化の大波の中で駆逐され、文化の多様性も失われて行ってしまうのは残念なことだ。

さて、そのゴンド族をはじめとするインド先住民族であるが、インドの本がこれだけいろいろと出ているのに、先住民族について紹介されている本は日本では少ない。さらに、この先住民族が住むインド東部の山岳地帯を拠点にゲリラ活動を続けている反政府勢力について書かれた本も、実は日本では少ない。国土が広いだけに、邦人があまり住んでいないこの地域について触れた本が少ないのは致し方ないところかもしれないが、それも知らないでインド通とはなかなか認めにくい。

そんな中で、英ブッカー賞を受賞した小説家で市民活動家でもあるアルンダティ・ロイの著書で、最も最近日本語訳が出版されたのが、2013年5月の『ゲリラと森を行く』である。原作は2011年6月に出たエッセイ集『Broken Republic』だ。


ゲリラと森を行く

ゲリラと森を行く

  • 作者: アルンダティ・ロイ
  • 出版社/メーカー: 以文社
  • 発売日: 2013/05/23
  • メディア: 単行本

内容(「BOOK」データベースより)
グローバル資本の最大の犠牲者=抵抗者。経済発展を謳歌するインドで、掃討すべき「脅威」と名指させる「毛派」とはどんな人びとなのか。インドの世界的女性作家が、生きのびるために銃をとった子どもたち、女性たちと寝食、行軍をともにし、かれらが守り守られる森のなかに、グローバル資本から逃れ出る未来を構想する。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る