So-net無料ブログ作成

『幸せとまずしさの教室』 [仕事の小ネタ]

幸せとまずしさの教室: ~世界の子どものくらしから~ (ちしきのもり)

幸せとまずしさの教室: ~世界の子どものくらしから~ (ちしきのもり)

  • 作者: 石井 光太
  • 出版社/メーカー: 株式会社 少年写真新聞社
  • 発売日: 2015/08/28
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
知ってる? 世界の5700万人の子どもたちが小学校に通えていないことを。世界を旅した作家石井光太さんが伝える、路上に生きる世界の子どもたちのリアルなくらし、そして幸せ。

以前、同じ著者による『絶対貧困』という本を、単行本、文庫本の二度にわたってブログで紹介したことがある。途上国における貧困を、僕たちの住む先進国の貧困と比較しながら14回にわたる講義形式でまとめた労作であり、「絶対貧困」に対する「相対貧困」という概念を具体例も踏まえてよく理解できる良書だと紹介した。
*単行本:http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2009-06-12
*文庫本:http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-10-31

本日ご紹介する石井さんの新作は、この『絶対貧困』を小学生でもわかるように編集し直したような1冊である。『絶対貧困』には大人の話、性や暴力の話も多く、子どもは大人の元締めによってその日の売り上げのかなりの部分を巻き上げられてしまう搾取の対象として描かれている。『幸せとまずしさの教室』では、そうした大人に関連する記述を削ぎ落し、目線を子どものそれに合わせ、日本の小学生でも興味を持ちそうなテーマに絞っている。以下がその構成だ。

 1時間目「住まい」:スラムって何?/スラムができる場所/バラックの中
 2時間目「生活の方法」:水とともに/水の危険/病気
 3時間目「学校と仕事」:学校に行ける子ども、行けない子ども/児童労働の種類
             /戦争によって学校に行けない子ども
 給食
 4時間目「ストリートチルドレン」:ストリートチルドレンとは/家と仕事/遊び

主には途上国の貧しい子ども達の様子を描いた内容だが、実はこの授業の前と後に「朝の会」と「帰りの会」というのがあって、朝の会では途上国の貧困が描かれる一方、帰りの会では「幸せってなんだろうか?」という問いを小学生に投げかけ、途上国の子ども達って、貧しいからといって幸せではないのかというのを改めて問うている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る