So-net無料ブログ作成
検索選択

『きみはサンダーバードを知っているか』 [読書日記]

きみはサンダーバードを知っているか―もう一つの地球のまもり方

きみはサンダーバードを知っているか―もう一つの地球のまもり方

  • 作者: サンダーバードと法を考える会編
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 1992/11
  • メディア: ハードカバー
内容(「BOOK」データベースより)
平和とは、戦争がないことだけを意味するのではない。抑圧、貧困、飢餓、疾病、環境破壊、放射能汚染など。人間の存在をおびやかす「構造的暴力」があるかぎり真の平和はありえない。日本国憲法は「全世界の国民」に武力なき国際貢献の道を提示した。そして、いまこそその理念を具現化するときがきたのである。

今から20年以上前に出たこの本のことを知ったのは、10月25日付の東京新聞(中日新聞)の社説による。この社説がいつまでウェブ公開されているのか分からないので、全文をテキストで転載しておきたい。僕がこの社説を全面的に支持しているかどうかは別として、本書を読もうと思った動機はここにあるということでお許しを。

安保法を問う 甦れサンダーバード

 安全保障関連法の運用で自衛隊の「国際貢献」も一変しそうです。そもそも平和憲法にかなう国際貢献とは。伝説の“救助隊”に重ねて原点をたどります。
 待ちわびた往年のファンも多かったでしょう。今月からNHK総合テレビで始まった「サンダーバード ARE GO」(毎土曜日夕)は、不朽の人形劇版が英国で1965年(日本は66年)に初放送されて五十周年を記念した新シリーズです。時代設定は2060年の近未来。トレーシー一家五兄弟による「国際救助隊」の活躍が斬新なアニメ版で甦(よみがえ)りました。
 非軍事でいかなる国家にも属さず、支援も受けない。あらゆる難事も分け隔てなく地球を守るという究極の国際貢献。サンダーバードの衰えない人気の一因は、この誰にも分かりやすい政治的中立の精神にあるのかもしれません。
 今日、安保法が成立した日本では、自衛隊の活動範囲が海外派遣や武器使用において一気に広がります。安保法の源流をたどれば一つには、1992年、カンボジアの国連平和維持活動(PKO)で自衛隊の本格的な海外派遣に道を開いたPKO協力法に行き着くでしょう。冷戦後、日本の国際貢献の一翼を自衛隊が担うことになった大きな岐路でした。
 安保法と同様、「違憲」世論が渦巻く中、PKO協力法が成立した直後、協力法に反対する若手憲法学者らが出した本が当時、話題を呼びました。
 『きみはサンダーバードを知っているか-もう一つの地球のまもり方』
(サンダーバードと法を考える会編、日本評論社)

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る