So-net無料ブログ作成
検索選択

『日本残酷物語』を読む [宮本常一]

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)

  • 作者: 畑中 章宏
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: 新書
内容(「BOOK」データベースより)
高度成長の坂道を登りつつあった昭和30年代半ば、宮本常一、谷川健一らが中心となって平凡社から刊行された『日本残酷物語』。名もなき民衆の営みを「物語」として記録した、この叢書はその後の民衆史、生活史のみならず、記録文学などにも大きな影響を与えた。新たな民衆像を求めて描きだそうとしたのは、いかなる「日本」だったか。「最低辺に埋もれた」人びとの記録。

久しぶりに宮本常一絡みの本を読んでみようと思った。この新書は6月には既に購入し、息抜きがしたい時用に蔵書としてとっておいたものだが、今が読み頃かと思い、手に取った。1959年から61年にかけ、平凡社から全7巻が出版された『日本残酷物語』は、宮本常一、山本周五郎、楫西光速、山城巴の編著となっているが、実質的には宮本常一と平凡社編集長だった谷川健一の共同編集といってよい。

このシリーズが慣行に至った背景と、全7巻の概要を紹介したのが今回ご紹介する1冊である。『日本残酷物語』自体は各巻非常に分厚く、たとえその一部は宮本執筆で過去に僕が読んだ宮本の著作の中にも含まれていたものがあるとはいえ、全巻読破には相当時間がかかりそうだ。だから、実際に各巻を読み始める前に、全体像を把握しておくのはそれなりに時間の節約にもなる。逆にわかった気になってしまって実際に各巻を読もうという気持ちがなかなか起きなくなるのはリスクとは言えるだろう。

この本にはいろいろ読み方があると思う。僕の場合は、僕が生まれる以前に存在した、日本における最底辺の人々の姿を、一度コンパクトに学んでおきたいと思ったからである。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る