So-net無料ブログ作成
検索選択

『流れ星が消えないうちに』 [読書日記]

流れ星が消えないうちに (新潮文庫)

流れ星が消えないうちに (新潮文庫)

  • 作者: 橋本 紡
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/06/30
  • メディア: 文庫
内容紹介
忘れない、忘れられない。あの笑顔を。一緒に過ごした時間の輝きを。そして流れ星にかけた願いを――。高校で出会った、加地君と巧君と奈緒子。けれど突然の事故が、恋人同士だった奈緒子と加地君を、永遠に引き離した。加地君の思い出を抱きしめて話さない奈緒子に、巧君はそっと手をさしのべるが……。悲しみの果てで向かい合う心と心。せつなさあふれる、恋愛小説の新しい名作。

気付いたらこの作品は映画版が公開されていた。公私にわたって今の僕の置かれた状況からいうと、これから1、2週間の上映期間のうちに映画館に足を運ぶのはとてつもなく難しい。我慢しきれずに先に原作を読んでしまうことにした。今年初めに『アゲイン-28年目の甲子園』で犯した過ちを再び繰り返すリスクを多少気にしながら。『アゲイン~』の時は、原作を先に読んでから映画を観たら、映画が原作に忠実過ぎて映画の感動が薄れてしまったのだった。

『アゲイン~』の時にも告白した通り、僕は2年ぐらい前から髪型がショートカットの波瑠さんのファンであり、だから『アゲイン~』も映画館で観た。『流れ星が消えないうちに』の奈緒子役も、波瑠さんにはピッタリだと思う。そういう、ちょっとわけありでセリフの少なめのイメージの方が波瑠さんには強い。だから、今人気のNHK朝ドラ『あさが来た』で、おでこ丸出しにしてセリフも多いあさを見ている方が慣れるまでには時間がかかった。

映画の宣伝動画でもご覧下さい。三鷹・武蔵野でロケをやられているとの噂だったけど、この短い予告動画の中にも、三鷹駅西の跨線橋の上で明らかに撮影されているシーンがあり、ますます映画見たさが募った。
―――でも、目下の大事な仕事は、月末までに論文を書き上げることなのですが。



続きを読む


タグ:三鷹 橋本紡
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る