So-net無料ブログ作成

『低欲望社会「大志なき時代」の新・国富論』 [読書日記]

低欲望社会  「大志なき時代」の新・国富論

低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論

  • 作者: 大前 研一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/04/23
  • メディア: 単行本

内容紹介
なぜアベノミクスでは景気が上向かないのか―――。
なぜアベノミクスでは景気が良くならないのか? 日本が“借金漬け”から脱する日は来るのか? 「皆が等しく貧乏になる国」で本当にいいのか? それらの難題を読み解く鍵は「低欲望社会」にあり―――。
日本では今、世界に先駆けて未曽有の危機が進行している。人口減少、超高齢化、“欲なき若者たち”の増加……。こうした事態に対し、従来の20世紀的な経済対策や金融政策は全く通用しなくなっている。それは、世界的ベストセラー経済書の著者であるピケティ教授やノーベル賞経済学者のクルーグマン教授らの理解をも超える深刻な現実なのである。 ところが、安倍首相主導のアベノミクスは、相変わらずの中央集権的なバラ撒き政策で税金を湯水のごとく使い、やみくもに公共事業を増やし設備投資や消費を煽ろうとするばかりだ。安倍首相の暴走を止めなければ、いずれ日本は奈落の底に落ちていくことになる。 今、必要なのは、“借金漬け”から脱し、人々の「心理」に働きかけることで経済を活性化させ、国全体を明るくするような“新たな国富論”である。そして、その契機となる政策はまだ残されている。都心再開発、移民政策、教育改革、道州制と国民DBの導入……。 世界的経営コンサルタントが「アベノミクス破綻」に警鐘を鳴らす、ビジネスマン必読の書。

大前研一氏が『新・国富論』を出されたのは1986年、僕が大学4年だった頃のことだ。『新・国富論』は当時ベストセラーで、大学院の指導教官から薦められて僕はこの本を読んだ。ちょうど経済学を専攻していたこともあり、斬新な切り口にはいたく感銘を受け、その後出された大前氏の著書は、何冊か読んだことがある。多作なので全巻読破はとてもできなかったが。こんな人が国政に出たら、日本は大きく変われるだろうなと期待もした。実際に国政選挙にも立候補されているが、政界での多数派とはなり得なかったのは残念だった。

そんな大前氏の著書を久し振りに読もうと思ったのは、「低欲望社会」というタイトルにちょっと惹かれたからだ。大前氏は言う。そもそも今の消費減退は、日本が総じて消費意欲のない国になったことによるもので、日本人、特に物心がついた時期から不景気が続いている今の35歳以下の人たちは、将来が不安で大きな借金を抱えたくないから、住宅ローン金利が史上最低水準であっても反応しない、ケインズ経済学に逆らう国民になってしまったのだという。そういえば、日本人の内向き指向が指摘されるのも同じことかもしれない。大前氏は、日本の若者の大半はDNAが変異し、欲望がどんどん減衰している、だから、今の日本でいくら政府が景気刺激策を打っても、消費が増えて景気が良くなるというのは期待できないのだという。
成熟国家となった今の日本の国民には、自分たちが目指すべき夢や理想――いわば「坂の上の雲」が見えなくなってしまっているのだと思う。そういうかつてない現実に対して、これまでのように税金を湯水のように使って消費を煽るのではなく、心理に働きかけることによって経済を活性化する方法がまだいくつか残っている。低欲望社会が現出した背景には何があり、今後どう対処すべきか――それを論じたのが本書である。(p.11)
そうして舌鋒鋭く、アベノミクスの的外れさをこき下ろしている。

続きを読む


タグ:大前研一
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る