So-net無料ブログ作成
検索選択

『上司失格!』 [読書日記]

上司失格!  「結果を出す」のと「部下育成」は別もの (青春新書インテリジェンス)

上司失格! 「結果を出す」のと「部下育成」は別もの (青春新書インテリジェンス)

  • 作者: 本田 有明
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2015/12/02
  • メディア: 新書
内容紹介
話を聞かない「耳栓上司」、言うことが毎日変わる「日めくり上司」、成果を独占する「オレ様上司」…。自分の成績優先のスタンドプレーヤーから、できると思っている使えない上司まで、マネジメントできない上司が生まれる背景にあるものとは? 人事教育コンサルタントが教える「ダメ上司」につぶされない働き方のヒント。

僕は今の部署に来てから既に2年を経過しており、そろそろ異動の時期だろうと密かに思っている。社内の役員だの他の部署の社員等とのやり取りがかなり多い部署だったので、自分のような人間嫌いが通用するのかとかなり不安を感じながらの船出だったが、2年経過するとそれももう最終コーナーにさしかかっていると思う。優秀な部下に恵まれた。今の部署で明確に僕の指揮下にある部下は1名だけだったが、とても優秀で僕の至らないところを見事に補ってくれた。また、部下ではないけどスタッフ数はそこそこいた部署だったが、これだけ優秀なスタッフを揃えている部署も僕は初めてで、その分楽させてもらったと思う。

だから部下や同僚との関係において不満はあまりない。一方で、同じ中間管理職及び上司との関係性においては、僕は事情があって一歩引いて接するようにしていたけれども、正直言ってストレスはあった。それをここでいちいち詳らかにするつもりはない。それでも書かせてもらうとすれば、一部のスタッフにとりわけ厳しく当たり、結果心の病に追い込んでしまうような中間管理職や、部署のマネジメントは中間管理職の仕事だと割り切り、部署の中で何が起きているか、誰が何を考えているのかに気づきもしない上位管理職はどうかと思ってきた。また、僕が年上で遠慮があったからだとは思うが、だからといって、僕をバイパスして僕の部下に作業の指示を直接してしまう上司というのもね。そんなことだから、僕らがここに至るまでに背負わされたもの、積み上げてきたものに対するリスペクトもなく、僕が前部署で実績を上げてそれなりに胸を張ってきた成果に対して貶す発言までしてしまうのだ。

今まで我慢してきたのは、幸いなことに部下には恵まれてきたからだ。来年半ばになればその部下も異動するし、僕が歯を食いしばってもここで頑張ろうという気持ちはもうない。

さて、肝心の本書の感想に入ろう。僕はそんなわけで、今の部署の管理職連中のどこがどういけないか、本書のような「失格上司」の類型でどこに該当するのかというところに興味があって、この本を読んでみることにした。フムフムと頷けるところも多く、面白かったといえば面白かったのだが、読み進めていくうちに一点気になることがあった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る