So-net無料ブログ作成

『メイカーズ進化論』 [仕事の小ネタ]

メイカーズ進化論―本当の勝者はIoTで決まる (NHK出版新書 471)

メイカーズ進化論―本当の勝者はIoTで決まる (NHK出版新書 471)

  • 作者: 小笠原 治
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 新書
内容紹介
IoTを制する者が、真のビジネスの勝者だ!
モジュール化、3Dプリンター、インダストリー4.0……激変を続ける製造業を取り巻く環境の中、日本が生き残る道筋はあるのか?設備総額5億円超 秋葉原の“モノづくり"拠点DMM.make AKIBAをプロデュースし、 DMM.makeの総合プロデューサーを務めた著者が、メイカーズの本質を「売れる」「作れる」「モノゴトで稼ぐ」の3つの明快な切り口でわかりやすく解説。

年の瀬も押し迫ってきたところで、今年1年を総括するような本をご紹介したい。

今年の読書歴を振り返ると、特徴的に多かったのがものづくりに関する書籍の多さである。ビッグデータ、メイカームーブメント、デザイン、第3の産業革命、インダストリー4.0、オープン・イノベーション、ハッカソン、IoT、モジュール化、科学技術イノベーション、3Dプリンター等等。でも、いちばん悩ましかったのは、3Dプリンターのような比較的新しい技術を用いた個人レベルのものづくりを論じる一方で、IoTやインダストリー4.0のようなよりマクロな、製造業の生産様式にかかわる議論をどうつなげるかであった。

キーワードばかりが揃っているのに、ちゃんと包括的に理解できる枠組みがない―――これが悩みであった。IoTやインダストリー4.0について解説されている本は、ほとんどが大企業の生産様式に及ぼす影響と機会について論じたものである。逆に、3Dプリンティングについて書かれた本では、それが個人レベルのものづくりの地平をはるかに拡げてくれる、革命的な技術であると書かれているが、それが大企業の生産様式をどう変える可能性があるのかにまでスコープを拡げて論じられることがほとんどない。

それを1冊の新書の中で包括的に論じようとするのだから、本書は画期的だと思う。

本書では、現在のものづくりにおける変化を、「モノが売れる」「モノが作れる」「モノゴトで稼ぐ」の3つの段階に集約されるとし、これらの要素を中心に、新たに登場しつつあるものづくりのエコシステムを描こうと試みている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る