So-net無料ブログ作成

歴史を掘り起こす仕事2 [仕事の小ネタ]

帝国日本の気象観測ネットワーク〈2〉陸軍気象部

帝国日本の気象観測ネットワーク〈2〉陸軍気象部

  • 作者: 山本 晴彦
  • 出版社/メーカー: 農林統計出版
  • 発売日: 2015/10
  • メディア: 単行本

来年早々に受験を控えている子供が2人もいるため、この年末年始は恒例の里帰りもしていない。年末年始を東京で過ごすというのも久しぶりのことで、なんとなくペースをつかめないでいる。

積読にしてあった本でも読もうかと思っても、どれも分厚いのでなかなか読み始める勇気が持てないでいる。どんなに頑張ってもこの6連休で読める本は1、2冊がせいぜいだと思うが、著者に謹呈いただいた本を年明けまで放置するのも気分的によろしくないので、取りあえず紹介してしまうことにしたい。

今年4月に『歴史を掘り起こす仕事』という記事を書き、山口大学の山本晴彦先生から謹呈いただいた3冊をまとめてご紹介したことがある。タイトルはどれも「満洲」やら「帝国日本」やらがくっついていて、いかつい印象を受ける分厚い本ばかりだが、記録にしっかり残しておく必要性が極めて高い歴史の一側面を、見事にまとめておられるのが印象的だった。

この3冊をご紹介してホッとしていたところ、10月になって先生からさらにもう1冊送られてきた。日本の気象観測の歴史を、満州統治時代よりもさらに遡るもので、これまで主に満州統治時代の現地での気象観測の記録をもとにしてデータをまとめてこられた著者が、先人がまとめた『陸軍気象史』(1986年発行)という本の情報をもとに、さらに気象庁図書館、防衛研究所所蔵資料、アジア歴史資料センターのデジタルアーカイブ、米国議会図書館、奈良県立図書情報館「戦争体験文庫」等をこまめにあたり、集めた情報を整理したものだ。

日本の気象事業は、明治8年創立の東京気象台に始まり、その後公営の測候所が全国各地に作られた。東京気象台はやがて中央気象台と名を変える。本書はこのあたりから歴史の紐解きをはじめる。中央気象台はやがて第1次世界大戦後の航空機を利用した戦闘への多様化に伴って気象事業の軍事利用の必要性が高まり、日露戦争の気球隊偵察業務から、高層気象観測へと大きく展開する。初期の中央気象台の関係者たちは、これが軍事利用されるとは思っていなかったのだろうが、その意に反してどんどん戦争に取り込まれていったのだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る