So-net無料ブログ作成
検索選択

広岡浅子の関連本 [読書日記]

すっかりご無沙汰です。今月は久し振りに月間200kmランに挑戦していたので、特に下旬の10日間は、空いた時間があれば走ることをまず考えるという習慣でいました。この間、まったく本を読んでなかったわけでもないのですが、ある専門書を読み進めるのに手こずっていたのと、今回ご紹介するように、広岡浅子関連本は個別で紹介するよりもまとめて記事にした方がいいと考えたので、ちょっとネタを貯め込んでいたのでした。

広岡浅子関連本を2冊続けて読もうと思ったのは、そろそろNHKの朝ドラ『あさが来た』が終盤にさしかかったからというのもあるが、もう1つの理由は、今月半ばに出張のついでに実家に立ち寄った際、朝いっしょに朝ドラを見ていた父が、2つの質問を発したことが発端となっている。

 ➀日本女子大学というのは、日本で最初の女子大学なのか?

 ②広岡浅子というのは津田梅子と同時代の人だから、接点はあったのか?
  (ひょっとして津田塾大学の方が日本女子大学よりも早く設立されているのではないか?)

聞いた僕はどちらの問いにも即座に答えられなかった。言われてみれば、朝ドラで、あさは五代友厚だけでなく、大久保利通や福沢諭吉らとも会ってきている。そういう交流があったという可能性がないとは言わないが、それだったら同時代に同じく女性の地位向上に向けた先駆者となった津田梅子などとの交流がなかったと考える方がおかしい。ついでに言えば、新島八重なんて京都にいたんだから、もっと可能性があるに違いない。

聞かれた質問に答えられないと、なかなか落ち着かないものである。自ずと、そのような文献に目が行くことになる。たまたま偶然、近所のコミセン図書室の新着書籍のコーナーに2冊陳列されていたのに出くわし、矢も楯もたまらず、2冊とも借りることにした。1冊ずつ借りるという手もあったが、こういうのは勢いだし、躊躇していると他の利用者が借りてしまって、順番がなかなか回って来ないなんて状況にもなりかねない。

最初に読んだのは、宝島社のムック―――。

広岡浅子の生涯 ~豊富な写真資料でたどる激動の人生 (別冊宝島 2387)

広岡浅子の生涯 ~豊富な写真資料でたどる激動の人生 (別冊宝島 2387)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: 大型本
商品の説明
NHK連続テレビ小説「あさが来た」のモデルとなった広岡浅子の人生を豊富なビジュアルとともに紹介。
浅子は京都の豪商三井家の令嬢として生まれながら、嫁ぎ先の大阪の商家・加島屋の立て直しに奔走。
大同生命創業や日本女子大学創立などにも携わりました。
そんな浅子の波瀾万丈な人生を主軸に、当時の時代背景や浅子と交流のあった政界・財界の要人たち、
浅子のゆかりの地についてなど盛りだくさんの内容でお届けします。
これを読めば「あさが来た」を10倍楽しめます!

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『シフト』 [仕事の小ネタ]

シフト――2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来

シフト――2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来

  • 作者: マシュー・バロウズ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
大統領が指針とする米国最高情報機関トップ分析官が辞任後、初めて明かす「2035年」の驚愕の未来!CIA、国防総省、国土安全保障省……米国16の情報機関を統括し、未来予測・分析を行う国家情報会議(NIC)。政治・経済・軍事・テクノロジー、あらゆる領域からNICトップ分析官が在任中には明かせなかった不都合な「シフト」を分析する。

以前、仕事が忙しくて読了した本をひとつひとつ紹介できなかった時期、3冊ほどまとめて寸評を載せていたことがあった。その中で、米国国家情報会議(NIC)の『2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」』(原題"Global Trend 2030"、講談社刊)を一度ご紹介した。2014年3月のことである。

当時から、僕は2030年の世界と日本の姿がどう予想されているのか、それはあるべき姿とどこがどのように違うのか、そのギャップを明らかにして、このギャップを埋めるために、何をすべきかということを考えなければいけない仕事を会社でやっていて、未来予測の類の本を片っ端から読んでいたが、その端緒を開いたのが『2030年~』で、今でも僕の未来予測のベースになっており、電子書籍版を常に手元に置いている。この本で良いと思ったのは、第1章で2030年の世界を規定する4つの構造変化「メガトレンド」を挙げ、第2章で世界の流れを変えると見られる要素「ゲーム・チェンジャー」を列挙している点だ。この枠組みに基づき、後に続くチャプターでどのようなシナリオがあり得るのかが検討されている。

ちなみに、この2030年版の構成は以下の通りだ。
第1章 メガトレンド 「2030年の世界」を決める4つの構造変化
 メガトレンド1 個人の力の拡大
 メガトレンド2 権力の拡散
 メガトレンド3 人口構成の変化
 メガトレンド4 食料・水・エネルギー問題の連鎖
第2章 ゲーム・チェンジャー 世界の流れを変える6つの要素
 ゲーム・チェンジャー1 危機を頻発する世界経済
 ゲーム・チェンジャー2 変化に乗り遅れる「国家の統治力」
 ゲーム・チェンジャー3 高まる「大国」衝突の可能性
 ゲーム・チェンジャー4 広がる地域紛争
 ゲーム・チェンジャー5 最新技術の影響力
 ゲーム・チェンジャー6 変わる米国の役割

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ニュータウンは黄昏れて』 [読書日記]

ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫)

ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫)

  • 作者: 垣谷 美雨
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 文庫
内容紹介
バブル崩壊前夜に買ってしまった分譲団地。20年近く経つ今もローンを抱え、織部頼子は節約に必死だ。その上、理事会では我儘なジジババに振り回される日々。一方、娘の琴里は27歳フリーター。ある日、幼馴染の三紀子にイケメン資産家の彼氏を紹介される。が、彼女は失踪、いつしか琴里が彼と婚約することに。織部家、まさかの人生大逆転?!一気読み必至の傑作「社会派エンタメ」誕生。

垣谷さんというのは多作ではないから、今まで僕が読んだ作品というのも1冊しかない。『七十歳死亡法案、可決』がその唯一の作品だが、印象を言うと、序盤の登場人物の置かれた境遇、その場その場の感情の描写に相当な字数を費やす作風で、話が急展開を迎えるまでの出口の見えない閉塞感で、序盤集中して読むのが難しい作家だという印象を受けた。

同じ印象は『ニュータウンは黄昏れて』でも抱いた。主題は分譲マンションの建替え問題であるが、それがどのようなファイナンスの仕方なら可能なのか、口八丁手八丁のデベロッパー側と、高齢者揃いのマンション住民側とで「あーでもない、こーでもない」のやり取りが繰り返される。特にマンション管理組合の毎回の話し合いのシーンがやたらと細かい。それが主にはお年寄りの住民の間で延々と繰り広げられるものだから、途中からイライラしてくる。

娘の方も、爪に火をともすような苦しい生活を強いられているが、その、1円でも節約しようとする涙ぐましい努力と常に頭の中で繰り広げられるそろばん勘定のシーンが多く。今どきの国内貧困層の置かれた状況の描写としては適切で、読者に考えさせるという意味での効果はあると思うが、やたら長いと飽きも来る。

作品序盤から中盤にかけての長い閉塞感をなんとかやり過ごせれば、中盤から読むペースも上がり、急展開を見せる中盤以降は一気に読み切れる。大どんでん返しを請うご期待。

単なるエンターテインメント小説というよりも、よく構想を練られた人物配置だと思うし、読めば不動産について学べることが多い作品である。言うまでもなく、著者は、入居開始から30年が経過したニュータウンの現状について問題提起や風刺をしようとする意図を持ってこの作品を描いたと思われるので、コミカルな要素があるとはいえ、かなり真面目な作品だ。

ただ、以前読んだ垣谷作品でも感じたことだが、話が急展開して閉塞感は打破され、わりとハッピーなエンディングを迎えるというのはいいにせよ、展開の仕方にリアリティがない。マンションの建替え問題とかストーカー被害とかは国内では相当な事案件数がある筈だが、毎回こんなに都合がいい展開になることなどあり得ないと思うし、幼馴染みの3人が、相互間で起きたストーカー男の押し付け合いの挙句に、ロンドンの高級住宅街で再会を果たすなんて、どうあったって考えにくい設定だ。

結局のところ、日頃閉塞感を味わっているような読者が、一時それを忘れて、少しだけハッピーな気分になりたいと思った場合にはこの本は面白いかもしれない。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

いつの間にやら400万PV [ご挨拶]

4millionPV.jpg
木曜日から神戸に出張していたので気付くのが遅くなってしまいましたが、1つの里程標だった400万PVに到達しました。15日(金)のことだったようです。このような切り番到達の際には毎回申し上げていることですが、日頃のご愛顧に感謝申し上げます。

300万PV到達のご挨拶をしたのは2013年8月1日のことで、200万PVから300万PVに至るまでに要した期間は1年10カ月でした。以後ソネットのPVの計測方法が変わったのかPVの積み上がりペースが鈍り、400万PVまでに要した期間は2年6ヵ月でした。僕は2013年11月から新しい部署に移り、今日に至っていますが、その前にいた部署に比べて忙しさが格別で、本を読むスピードが遅くなり、また記事を書くために文案を練って実際にキーボードをたたく時間をなかなか作ることができませんでした。

PVの積み上がりペースが鈍るのも致し方ありません。数字は正直です。

でも、こんな身動きのとりづらい部署にいるのもあと数カ月。年度が切り替わる頃になれば、新たな展開も見えてくるかもしれません。これまで6年間は主として読書ブログとして綴ってきましたサンチャイ★ブログですが、いずれ読書日記を載せる頻度は低下し、以前インドの時事ネタばかりを綴って好評を博していたのと同じようなことを行うようになるだろうと思っています。どこの国を取りあげるとは言えませんが、ご期待下さい。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『Common Wealth』(その4) [持続可能な開発]

昨年9月頃にこの本を紹介する連載シリーズをやろうと試みたのだが、第3弾まで書いたところで頓挫し、今日に至っています。理由は第4弾を書きかけのまま放置していたためですが、半年も経つともう一度本を読み直してみないと書けません。

その一方、元々第5弾として書こうと考えていたのは、「持続可能な開発の実現に向けて、私たち自身何をすべきなのか」についての著者の見解で、数ページの中にで8項目を列挙されていて引用がしやすいようです。

そこで、順序を入れ替えて、今回は我々一人ひとりにできることについて、第4弾として先取りして書こうと思います。

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

  • 作者: ジェフリー・サックス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: 単行本

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

その1.現在の課題について知ること。持続可能な開発の基礎となる科学にくわしくなろう。
著者は、学生なら環境、開発経済学、気候変動、公衆衛生、その他関連領域の授業を受けようと提唱する。また、学生でなくても科学の発展についていけるよう努力すべきだという。『ネイチャー』や『サイエンス』など、一流の科学雑誌が現代の必読書だという。(この点では英語で書かれた雑誌ばかりの列挙は僕らにはハンデになるが。)

その2.なるべく旅をすること。街を歩きまわること、国内を見てまわること、海外に出かけること。
異なる土地や文化にじかに触れることは、共通の関心や願望をわかりあい、その土地特有の問題を理解するのに最良の手段だと著者は言う。特に若い人にとっては、未知の異文化に接し、ひどい貧富の差を知ること、地球の汚染、水ストレスに苦しむ地域、気候変動の脅威等を自分の目で見ることは貴重な経験だという。

その3.持続可能な開発を推し進める団体を作るか、または参加する。
これは言わずもがな。日本でも多くの若い人たちが、既存の開発協力の枠組みにとらわれない、新たな方法論でこの課題に取り組みはじめている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『2050年の世界』 [持続可能な開発]

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する

  • 作者: 英『エコノミスト』編集部
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/08
  • メディア: 単行本
内容紹介
1962年に日本の経済大国化を予測し、見事に的中させたグローバルエリート誌が、今後40年を大胆に予測。
-日本は、人類がまだ見たことのない老人の国へと突き進んでいる。
  2050年における日本の平均年齢は52.7歳。米国のそれは40歳。
-しかし、中国も同じ少子高齢化に悩み、2050年に人口減少がはじまり、経済成長は止まり、
  インドに逆転される。
-豊かさの指標であるGNPで、日本は韓国の約半分になる。
-今後もっとも進歩をとげる科学分野は、生物学である。
-英語は、タイプライターのキー配列のように、いったん得たグローバル言語の座を維持する。
-人口の配当をうけるタンザニアなどアフリカ諸国が新興国として台頭。
ビジネスに、教育に、あなたの未来に関するヒントが満載!

2年ぐらい前から、わけあって未来予測の本を意識的に読むようにしてきた。『〇〇年の〇〇』というタイプの本だ。お陰で自分たちの老後はどうなるとか、我が子の未来はどうなっているのかとか、地球はそもそもどうなっていくのかとか、そういうことへのある程度のイメージは作り上げることができた。それでも未来予測の本は多く、とりわけ分厚い本は、取りあえず購入はしたけどそのまま積読状態で長く放置してしまった。年明けから始めた蔵書の「リストラ」、年の初めということもあり、やっぱりこれから世の中はどうなっていくのかを考える本から行くのがいい。

400頁超の大作で、各頁の文字も細かい。お陰で読了には多少時間がかかった。読み込みにかけられる時間が意外と少なかったというのも理由としてはあるかもしれない。ちょっとペースが遅いなと感じたので、会社の昼休みにコーヒーショップに行って30~40分の読み込みをやったりもして、なんとか読み進める時間を捻出した感じだ。

未来予測といっても、何についての未来かは読者によって関心も異なるし、1人の読者であってもその時々の関心によって読むポイントも変わってくるだろう。ひと通り読んだ上で、必要に応じて必要な箇所を読み返すのでもいいかと思う。訳本を読むときに常に気になるのは、文中で引用されている文章の出所だ。日本語で引用元の著者名とタイトルを書かれていても、原文の日本語版が出ていない限りは英語の原書を当たるしかないが、それを調べることができないケースが多い。編集の都合上、訳本では索引や脚注、参考文献リストが往々にして割愛されてしまう。そうすると、引用文献の原文の記述がどうなっているのか、その前後に何が書かれているのかがわからない。

要するに、本書の場合も先ずは訳本を読んで何が書かれているのか全体像を掴むというのは良いが、本当にこの中の記述を使いこなそうと思ったら、次は英語で書かれた原文の方をチェックできるようにしておくべきだということになる。だから、読了と同時に僕は原書の方も購入することを決めた(中古だが)。

Megachange: The World in 2050 (The Economist)

Megachange: The World in 2050 (The Economist)

  • 作者: D. Franklin
  • 出版社/メーカー: Wiley
  • 発売日: 2012/03/27
  • メディア: ハードカバー


続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『近代文学にみる女と家と絹物語』 [シルク・コットン]

最初にお伝えしたいことがあります。どうやら春からまた海外赴任のようです。どこの国かはいずれお知らせします。そうすると、長らく「読書メーター」で「読みたい本」ないし「積読本」にしていたものをできるだけ圧縮せねばという気持ちが働きます。また、逆に今関わっている仕事も収束させる必要があるので、手広く様々なジャンルの専門書を読んでものも、見直ししていかねばばと思っています。

近代文学にみる女と家と絹物語 (みみずく叢書)

近代文学にみる女と家と絹物語 (みみずく叢書)

  • 作者: 堀井 正子
  • 出版社/メーカー: オフィス・エム
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本日ご紹介する1冊も、前から読みたい本としてリストアップしてあったものだ。ただ、近所の図書館にはどこにも蔵書がなく、読むなら中古であっても購入しないと読めないという1冊だった。発刊は20年前である。送られてきたのは安い中古の1冊だったが、扉のところに著者が知人の方に謹呈したサインが入っている。どのような経緯があったのかは存じ上げないが、著者謹呈の本を中古本のマーケットに出されたのには恐れ入った。僕ならちょっとできない行為だが、お陰でこうやって入手することができたわけで、少なくとも僕が生きている間は、できるだけ手放さないようにしたいと思う。

多分、長野県のどこかの公開市民講座で使われていたテキストのようなものなのだろう。19世紀後半から20世紀前半にかけては日本は生糸輸出で近代化に成功してきたので、製糸や養蚕に関わった人々を題材にした文学作品は沢山あっても不思議ではない。そんな作品の幾つかは、既にこのブログでも紹介してきている。文学作品じゃないのも含まれてはいるが、その主な記事は以下の通りだ。

 『あゝ野麦峠』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-02-12

 『あゝ野麦峠』関連図書
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-02-16

 『続・あゝ野麦峠』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-02-26

 『絹の文化誌』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-03-06-1

 『地平線以下』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-03-20

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『なきむし姫』 [重松清]

なきむし姫 (新潮文庫)

なきむし姫 (新潮文庫)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 文庫
内容紹介
霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の哲也は、そんな頼りないアヤをいつも守ってくれていた。ところが哲也は1年間の単身赴任となって、アヤは期間限定のシングルマザーに。そこに現れたのは幼なじみの健。バツイチで娘を育てる健は、夫の不在や厄介なママ友に悩むアヤを何かと助けてくれて……。子供と一緒に育つママの奮闘を描く、共感度満点の愛すべきホームコメディ。

久々の重松作品である。昨年は結局、『アゲイン~28年目の甲子園』しか読んでない。『ファミレス』、『ゼツメツ少年』、『一人っ子同盟』と続いたハズレ感から立ち直れてないのである。

とはいえ、新刊が出たら読みたくなるのが、このブログ開設当初から作品を読み続けている重松ファンの悲しい性。年末にブックオフに大量の本の買い取りを持ち込んだ際に、代わりに購入した1冊が本日ご紹介の『なきむし姫』であった。

この冬休みはカレンダー通りで、年末年始のお休みは6連休だった。訳あって東京で過ごしたが、お陰でほぼ計画通りの生活を送ることができ、少しだけ時間の余裕もあったので、小難しい専門書よりも、文庫版の小説でも1冊読もうかと考え、『なきむし姫』を選択した。空いた時間にリラックスして読むにはちょうど良い分量と内容だ。そして、少し前までの重松作品なら当然のように感じられた、ちょっと幸せな気持ちになれる読後感を久々に味わうことができた。『ファミレス』のスラップスティック感は読んでて腹が立ってきたから。

ただ、「ちょいハッピー」ぐらいの感じでしかなくて、冷静に考えたらアヤさんの泣き虫ぶりが克服されたという感じはないし(元々そんなに泣き虫という感じでもなかったけどね)、過保護ママの留美子さんの暴君ぶりにも変化があったとは思えない。僕はこの留美子さんをギャフンと言わせるようなカタルシスが欲しくて読み進めたけど、結局成長してない。そして、相変わらず重松さんは登場人物に付けるニックネームのセンスがイマイチだ。

それでも、長男の文太クンの成長ぶりだ。最後の章でのクラスのまとめ方、そしてそれを黙って見守ろうとした健の姿勢には感動する。参加型の問題解決のお手本を見るようで、久しぶりに重松作品を読んで目頭が熱くなるのを感じた。最近の作品ではほとんどなかったことだ。はじめのうちは、健に対しては留美子さん同様、『ファミレス』的なうざったさを感じてイライラしっ放しだったが、最後の章だけはものすごく良かった。救われた気がした。

最終章を読むためだけに、読み進めることをお薦めしたい。


余談ですが、哲也が関西に単身赴任させられて携わった「プロジェクト」の中身、何だったんだろうか。接待以外には具体的な言及がなく、哲也がGWや夏休み、クリスマスを返上してまで関わらされた仕事っていったい何だったのか、ほとんど想像がつかなかった。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『明治維新という過ち』 [読書日記]

新年あけましておめでとうございます。
今年も過去2年同様、記事掲載が不定期になりそうな気配ですが、
一本一本に意味のあるものを書き残していきたいと思っております。

サンチャイ☆ブログは昨年2月に開設10周年を迎えました。間もなく12年目突入ですね。
今年は前半の数カ月で周囲に大きな変化が予想されます。
頻繁に読書できる環境ではないかもしれず、ブログの性格がまた変わるかもしれません。

そんな中での船出となりますが、今年もよろしくお願いします。


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

  • 作者: 原田 伊織
  • 出版社/メーカー: 毎日ワンズ
  • 発売日: 2015/01/14
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
いまも続く長州薩摩社会。偽りに満ちた「近代日本」誕生の歴史。

いつ頃からだろうか、東京新聞でやたらと目立つ書籍広告が載るようになった。年末の広告でも出ていたくらいなので、相当な広告費を投入して売り出しているんだろうが、結構目立つのでいずれ読んでみようと思った。

Meiji.jpg

年末年始と例年に比べれば過ごし方に余裕はあったが、訳あって毎日走り込んでいるのと、常に家族と一緒なので、集中して読書するというわけにもいかない。この本も年末に読み始めたのに結構時間がかかってしまった。

今に語り継がれている歴史って、勝者の歴史だというのは当然のことなので、本書の論点はわからぬでもない。NHKの最近の大河ドラマで幕末から明治への推移を描いている作品を見て、少しずつ学んでいるような感じだ。『花燃ゆ』は長州の話で、長州藩内でもいろいろあったんだなと勉強になったが、『八重の桜』で描かれていた長州・薩摩連合軍の情け容赦ない会津攻撃を思い出すと、複雑な気持ちにもなる。会津と長州って仲悪いんだろうなと想像してたら、本書を読んだらやっぱり両者の間には今でもわだかまりがあるというのを知った。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る