So-net無料ブログ作成

『明治維新という過ち』 [読書日記]

新年あけましておめでとうございます。
今年も過去2年同様、記事掲載が不定期になりそうな気配ですが、
一本一本に意味のあるものを書き残していきたいと思っております。

サンチャイ☆ブログは昨年2月に開設10周年を迎えました。間もなく12年目突入ですね。
今年は前半の数カ月で周囲に大きな変化が予想されます。
頻繁に読書できる環境ではないかもしれず、ブログの性格がまた変わるかもしれません。

そんな中での船出となりますが、今年もよろしくお願いします。


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

  • 作者: 原田 伊織
  • 出版社/メーカー: 毎日ワンズ
  • 発売日: 2015/01/14
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
いまも続く長州薩摩社会。偽りに満ちた「近代日本」誕生の歴史。

いつ頃からだろうか、東京新聞でやたらと目立つ書籍広告が載るようになった。年末の広告でも出ていたくらいなので、相当な広告費を投入して売り出しているんだろうが、結構目立つのでいずれ読んでみようと思った。

Meiji.jpg

年末年始と例年に比べれば過ごし方に余裕はあったが、訳あって毎日走り込んでいるのと、常に家族と一緒なので、集中して読書するというわけにもいかない。この本も年末に読み始めたのに結構時間がかかってしまった。

今に語り継がれている歴史って、勝者の歴史だというのは当然のことなので、本書の論点はわからぬでもない。NHKの最近の大河ドラマで幕末から明治への推移を描いている作品を見て、少しずつ学んでいるような感じだ。『花燃ゆ』は長州の話で、長州藩内でもいろいろあったんだなと勉強になったが、『八重の桜』で描かれていた長州・薩摩連合軍の情け容赦ない会津攻撃を思い出すと、複雑な気持ちにもなる。会津と長州って仲悪いんだろうなと想像してたら、本書を読んだらやっぱり両者の間には今でもわだかまりがあるというのを知った。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る