So-net無料ブログ作成

『近代文学にみる女と家と絹物語』 [シルク・コットン]

最初にお伝えしたいことがあります。どうやら春からまた海外赴任のようです。どこの国かはいずれお知らせします。そうすると、長らく「読書メーター」で「読みたい本」ないし「積読本」にしていたものをできるだけ圧縮せねばという気持ちが働きます。また、逆に今関わっている仕事も収束させる必要があるので、手広く様々なジャンルの専門書を読んでものも、見直ししていかねばばと思っています。

近代文学にみる女と家と絹物語 (みみずく叢書)

近代文学にみる女と家と絹物語 (みみずく叢書)

  • 作者: 堀井 正子
  • 出版社/メーカー: オフィス・エム
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本日ご紹介する1冊も、前から読みたい本としてリストアップしてあったものだ。ただ、近所の図書館にはどこにも蔵書がなく、読むなら中古であっても購入しないと読めないという1冊だった。発刊は20年前である。送られてきたのは安い中古の1冊だったが、扉のところに著者が知人の方に謹呈したサインが入っている。どのような経緯があったのかは存じ上げないが、著者謹呈の本を中古本のマーケットに出されたのには恐れ入った。僕ならちょっとできない行為だが、お陰でこうやって入手することができたわけで、少なくとも僕が生きている間は、できるだけ手放さないようにしたいと思う。

多分、長野県のどこかの公開市民講座で使われていたテキストのようなものなのだろう。19世紀後半から20世紀前半にかけては日本は生糸輸出で近代化に成功してきたので、製糸や養蚕に関わった人々を題材にした文学作品は沢山あっても不思議ではない。そんな作品の幾つかは、既にこのブログでも紹介してきている。文学作品じゃないのも含まれてはいるが、その主な記事は以下の通りだ。

 『あゝ野麦峠』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-02-12

 『あゝ野麦峠』関連図書
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-02-16

 『続・あゝ野麦峠』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-02-26

 『絹の文化誌』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-03-06-1

 『地平線以下』
 http://sanchai-documents.blog.so-net.ne.jp/2011-03-20

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
メッセージを送る