So-net無料ブログ作成

『2050年の世界』 [持続可能な開発]

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する

  • 作者: 英『エコノミスト』編集部
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/08
  • メディア: 単行本
内容紹介
1962年に日本の経済大国化を予測し、見事に的中させたグローバルエリート誌が、今後40年を大胆に予測。
-日本は、人類がまだ見たことのない老人の国へと突き進んでいる。
  2050年における日本の平均年齢は52.7歳。米国のそれは40歳。
-しかし、中国も同じ少子高齢化に悩み、2050年に人口減少がはじまり、経済成長は止まり、
  インドに逆転される。
-豊かさの指標であるGNPで、日本は韓国の約半分になる。
-今後もっとも進歩をとげる科学分野は、生物学である。
-英語は、タイプライターのキー配列のように、いったん得たグローバル言語の座を維持する。
-人口の配当をうけるタンザニアなどアフリカ諸国が新興国として台頭。
ビジネスに、教育に、あなたの未来に関するヒントが満載!

2年ぐらい前から、わけあって未来予測の本を意識的に読むようにしてきた。『〇〇年の〇〇』というタイプの本だ。お陰で自分たちの老後はどうなるとか、我が子の未来はどうなっているのかとか、地球はそもそもどうなっていくのかとか、そういうことへのある程度のイメージは作り上げることができた。それでも未来予測の本は多く、とりわけ分厚い本は、取りあえず購入はしたけどそのまま積読状態で長く放置してしまった。年明けから始めた蔵書の「リストラ」、年の初めということもあり、やっぱりこれから世の中はどうなっていくのかを考える本から行くのがいい。

400頁超の大作で、各頁の文字も細かい。お陰で読了には多少時間がかかった。読み込みにかけられる時間が意外と少なかったというのも理由としてはあるかもしれない。ちょっとペースが遅いなと感じたので、会社の昼休みにコーヒーショップに行って30~40分の読み込みをやったりもして、なんとか読み進める時間を捻出した感じだ。

未来予測といっても、何についての未来かは読者によって関心も異なるし、1人の読者であってもその時々の関心によって読むポイントも変わってくるだろう。ひと通り読んだ上で、必要に応じて必要な箇所を読み返すのでもいいかと思う。訳本を読むときに常に気になるのは、文中で引用されている文章の出所だ。日本語で引用元の著者名とタイトルを書かれていても、原文の日本語版が出ていない限りは英語の原書を当たるしかないが、それを調べることができないケースが多い。編集の都合上、訳本では索引や脚注、参考文献リストが往々にして割愛されてしまう。そうすると、引用文献の原文の記述がどうなっているのか、その前後に何が書かれているのかがわからない。

要するに、本書の場合も先ずは訳本を読んで何が書かれているのか全体像を掴むというのは良いが、本当にこの中の記述を使いこなそうと思ったら、次は英語で書かれた原文の方をチェックできるようにしておくべきだということになる。だから、読了と同時に僕は原書の方も購入することを決めた(中古だが)。

Megachange: The World in 2050 (The Economist)

Megachange: The World in 2050 (The Economist)

  • 作者: D. Franklin
  • 出版社/メーカー: Wiley
  • 発売日: 2012/03/27
  • メディア: ハードカバー


続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る