So-net無料ブログ作成

『Common Wealth』(その4) [持続可能な開発]

昨年9月頃にこの本を紹介する連載シリーズをやろうと試みたのだが、第3弾まで書いたところで頓挫し、今日に至っています。理由は第4弾を書きかけのまま放置していたためですが、半年も経つともう一度本を読み直してみないと書けません。

その一方、元々第5弾として書こうと考えていたのは、「持続可能な開発の実現に向けて、私たち自身何をすべきなのか」についての著者の見解で、数ページの中にで8項目を列挙されていて引用がしやすいようです。

そこで、順序を入れ替えて、今回は我々一人ひとりにできることについて、第4弾として先取りして書こうと思います。

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール

  • 作者: ジェフリー・サックス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: 単行本

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

その1.現在の課題について知ること。持続可能な開発の基礎となる科学にくわしくなろう。
著者は、学生なら環境、開発経済学、気候変動、公衆衛生、その他関連領域の授業を受けようと提唱する。また、学生でなくても科学の発展についていけるよう努力すべきだという。『ネイチャー』や『サイエンス』など、一流の科学雑誌が現代の必読書だという。(この点では英語で書かれた雑誌ばかりの列挙は僕らにはハンデになるが。)

その2.なるべく旅をすること。街を歩きまわること、国内を見てまわること、海外に出かけること。
異なる土地や文化にじかに触れることは、共通の関心や願望をわかりあい、その土地特有の問題を理解するのに最良の手段だと著者は言う。特に若い人にとっては、未知の異文化に接し、ひどい貧富の差を知ること、地球の汚染、水ストレスに苦しむ地域、気候変動の脅威等を自分の目で見ることは貴重な経験だという。

その3.持続可能な開発を推し進める団体を作るか、または参加する。
これは言わずもがな。日本でも多くの若い人たちが、既存の開発協力の枠組みにとらわれない、新たな方法論でこの課題に取り組みはじめている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る