So-net無料ブログ作成

『シフト』 [仕事の小ネタ]

シフト――2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来

シフト――2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来

  • 作者: マシュー・バロウズ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
大統領が指針とする米国最高情報機関トップ分析官が辞任後、初めて明かす「2035年」の驚愕の未来!CIA、国防総省、国土安全保障省……米国16の情報機関を統括し、未来予測・分析を行う国家情報会議(NIC)。政治・経済・軍事・テクノロジー、あらゆる領域からNICトップ分析官が在任中には明かせなかった不都合な「シフト」を分析する。

以前、仕事が忙しくて読了した本をひとつひとつ紹介できなかった時期、3冊ほどまとめて寸評を載せていたことがあった。その中で、米国国家情報会議(NIC)の『2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」』(原題"Global Trend 2030"、講談社刊)を一度ご紹介した。2014年3月のことである。

当時から、僕は2030年の世界と日本の姿がどう予想されているのか、それはあるべき姿とどこがどのように違うのか、そのギャップを明らかにして、このギャップを埋めるために、何をすべきかということを考えなければいけない仕事を会社でやっていて、未来予測の類の本を片っ端から読んでいたが、その端緒を開いたのが『2030年~』で、今でも僕の未来予測のベースになっており、電子書籍版を常に手元に置いている。この本で良いと思ったのは、第1章で2030年の世界を規定する4つの構造変化「メガトレンド」を挙げ、第2章で世界の流れを変えると見られる要素「ゲーム・チェンジャー」を列挙している点だ。この枠組みに基づき、後に続くチャプターでどのようなシナリオがあり得るのかが検討されている。

ちなみに、この2030年版の構成は以下の通りだ。
第1章 メガトレンド 「2030年の世界」を決める4つの構造変化
 メガトレンド1 個人の力の拡大
 メガトレンド2 権力の拡散
 メガトレンド3 人口構成の変化
 メガトレンド4 食料・水・エネルギー問題の連鎖
第2章 ゲーム・チェンジャー 世界の流れを変える6つの要素
 ゲーム・チェンジャー1 危機を頻発する世界経済
 ゲーム・チェンジャー2 変化に乗り遅れる「国家の統治力」
 ゲーム・チェンジャー3 高まる「大国」衝突の可能性
 ゲーム・チェンジャー4 広がる地域紛争
 ゲーム・チェンジャー5 最新技術の影響力
 ゲーム・チェンジャー6 変わる米国の役割

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る