So-net無料ブログ作成

広岡浅子の関連本 [読書日記]

すっかりご無沙汰です。今月は久し振りに月間200kmランに挑戦していたので、特に下旬の10日間は、空いた時間があれば走ることをまず考えるという習慣でいました。この間、まったく本を読んでなかったわけでもないのですが、ある専門書を読み進めるのに手こずっていたのと、今回ご紹介するように、広岡浅子関連本は個別で紹介するよりもまとめて記事にした方がいいと考えたので、ちょっとネタを貯め込んでいたのでした。

広岡浅子関連本を2冊続けて読もうと思ったのは、そろそろNHKの朝ドラ『あさが来た』が終盤にさしかかったからというのもあるが、もう1つの理由は、今月半ばに出張のついでに実家に立ち寄った際、朝いっしょに朝ドラを見ていた父が、2つの質問を発したことが発端となっている。

 ➀日本女子大学というのは、日本で最初の女子大学なのか?

 ②広岡浅子というのは津田梅子と同時代の人だから、接点はあったのか?
  (ひょっとして津田塾大学の方が日本女子大学よりも早く設立されているのではないか?)

聞いた僕はどちらの問いにも即座に答えられなかった。言われてみれば、朝ドラで、あさは五代友厚だけでなく、大久保利通や福沢諭吉らとも会ってきている。そういう交流があったという可能性がないとは言わないが、それだったら同時代に同じく女性の地位向上に向けた先駆者となった津田梅子などとの交流がなかったと考える方がおかしい。ついでに言えば、新島八重なんて京都にいたんだから、もっと可能性があるに違いない。

聞かれた質問に答えられないと、なかなか落ち着かないものである。自ずと、そのような文献に目が行くことになる。たまたま偶然、近所のコミセン図書室の新着書籍のコーナーに2冊陳列されていたのに出くわし、矢も楯もたまらず、2冊とも借りることにした。1冊ずつ借りるという手もあったが、こういうのは勢いだし、躊躇していると他の利用者が借りてしまって、順番がなかなか回って来ないなんて状況にもなりかねない。

最初に読んだのは、宝島社のムック―――。

広岡浅子の生涯 ~豊富な写真資料でたどる激動の人生 (別冊宝島 2387)

広岡浅子の生涯 ~豊富な写真資料でたどる激動の人生 (別冊宝島 2387)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: 大型本
商品の説明
NHK連続テレビ小説「あさが来た」のモデルとなった広岡浅子の人生を豊富なビジュアルとともに紹介。
浅子は京都の豪商三井家の令嬢として生まれながら、嫁ぎ先の大阪の商家・加島屋の立て直しに奔走。
大同生命創業や日本女子大学創立などにも携わりました。
そんな浅子の波瀾万丈な人生を主軸に、当時の時代背景や浅子と交流のあった政界・財界の要人たち、
浅子のゆかりの地についてなど盛りだくさんの内容でお届けします。
これを読めば「あさが来た」を10倍楽しめます!

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る