So-net無料ブログ作成

『中央線がなかったら 見えてくる東京の古層』 [読書日記]

中央線がなかったら 見えてくる東京の古層

中央線がなかったら 見えてくる東京の古層

  • 作者: 陣内秀信・三浦展
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
『東京の空間人類学』の陣内秀信と、郊外論の第一人者三浦展が組む、新たな東京論。近代の産物である「中央線」を視界から取り去ると、武蔵野・多摩地域の原構造がくっきりと浮かびあがる。古地図を手に、中野、高円寺、阿佐ヶ谷、国分寺・府中、日野を歩く。地形、水、古道、神社、商店街などがチェックポイント。中央線沿線の地形がわかるカラーマップも掲載。楽しくて深い、新・東京の空間人類学。

この本のことは、昨年12月、『帝国日本の気象観測ネットワーク〈2〉陸軍気象部』をブログで紹介する際に初めて知った。僕はこの記事を書く際、東高円寺駅近くにある「蚕糸の森公園」の前身である農林水産省蚕糸試験場に関する記述を本の中から見つけ、喜んで引用したことがあるが、その際の同書の記述の中に出て来る「関香園」という料理店のことを少し調べたいと考え、グーグル検索をかけたところ、本日紹介する本がヒットした。

本書に出会うまでにはいくつかの偶然が重なっている。昨年10月にインドから来日したご夫妻を東高円寺の日本の近代蚕糸行政発祥の地に連れて行ったこと、同じく『帝国日本の気象観測ネットワーク』の著者から本を謹呈されたこと、それを読んで東高円寺界隈の記述をその中に発見したこと、そしてグーグル検索で「関香園」を調べたこと―――これらの1つでも欠けていたら、本書にはたどり着けなかったと思う。

最初はどこかの図書館で借りようと考えていたのだが、そもそも近所の図書館では所蔵しておらず、海外赴任を間近に控えて、とうとうしびれを切らしてBook-Off オンラインで中古本を購入してしまった。こんな本を中央線沿線の公立図書館が所蔵していないのもどうかと思う。中央線の前身である甲武鉄道の新宿-立川間が開通したのは明治22年で、その時にできた5駅の1つに境(現・武蔵境)も含まれていたらしい。僕が通勤で使っている武蔵境がそんな由緒ある駅だというのは本書を読むまで知らなかった。そんな中央線の歴史にまで触れている本書を、駅から至近距離にある武蔵野市立図書館(武蔵野プレイス)が所蔵していないのはおかしいと思うぞ。

読んでみた印象としては、中沢新一の名著『アースダイバー』の武蔵野・多摩バージョンといった感じである。だからこそ、『アースダイバー』を所蔵している武蔵野・多摩地区の公立図書館が、こんな面白い本を置いていないのはもったいないと思わずにはおれない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

息子の高校卒業に思ったこと [家族]

昨日、うちの長男が地元の公立高校を卒業しました。卒業式が土曜日に挙行されたおかげで、僕も参列することができました。

息子の卒業式を眺めながら、僕自身の卒業式の日はどうだっただろうかと思い出していました。

式そのものよりも、3年間ずっと気になっていたクラスメートの女の子に、自分の気持ちを伝えるかどうかで頭の中がいっぱいだった1日だったのをよく覚えています。高校を卒業し、僕は東京の大学に進学しますが、その子は地元の短大。卒業式から数日後には自分は引越しで東京に向かいます。奇跡的にもクラスは3年間一緒でしたが、そうして長い時間を近くにいられたわりに、卒業式を終えればお別れです。式の後で話せる機会がありました。でも、1対1の場面ではなかったので、結局言いそびれました。代わりに、下校時に一緒にラーメンを食べに行った親友に初めて自分の思いを伝えました。彼女が他の同級生と付き合っていたのは有名な話だったので、僕の気持ちを聞いた友人は、「知らなかった」と驚きます。それでも、「それは後で電話ででも伝えた方がいい」と言ってくれました。でも、結局その勇気も起こりませんでした。

僕の高校生活最後の1日は、こんな感じでした。うちの息子は、どんな気持ちでこの日を迎えてたんだろうか…。

高校を卒業して東京の大学に行きたいと希望していた息子を持ったうちの両親にとっては、高校卒業は親の庇護下にあった子供が、責任ある社会の一員として親元を巣立っていく記念の日だったのではないかと思います。大学生活は高校生活の延長ではありません。僕は上京して、部屋数がわずか7という小さな学生寮に入りました。そこで初対面の、それぞれ通学する大学も異なる先輩や同期生と共同生活を送る中で、社会やコミュニティの中での振舞いやマナーを学ぶことができました。

翻ってうちの息子は、受験勉強のとっかかりが遅かったことが決定的に響き、準備不足のまま受験に突入し、結果は惨憺たるものでした。1年間の浪人生活がほぼ確定で、その間は我が家で居候です。東京に住んでいて自宅から通える大学を志望しているんだから、1年後に首尾よく大学に進学できたとしても、親元を離れるわけでもありません。

今の子供達が、昔よりも恵まれているようで恵まれていないと感じるのは、東京で生まれ育ち、そのまま親元から離れる機会もなく大学にも通い続けられる今の子供達は、どこで成長のきっかけを得られるのか、よくわからないというところにあります。妻は言います。今は情報が溢れかえっていて子供達では判断できないから、親が調べてやらないといけないと。この話になると毎回妻とは口論になりますが、そうやってると子供達はいつになったら親元から巣立って行ってくれるのか、僕にはよくわかりません。

やはり高校を卒業した以上は責任ある社会の一員。僕としては、1人の大人として、息子には接したいと思います。親がつべこべ言わなくても、自分で考え、行動し、自分を律することができる人間になっていって欲しいものです。自分がちゃんとやらなかったことの結果は、自分でちゃんと責任を取ること。失敗から学び、同じ失敗を繰り返さないこと。受験の敗因分析は自分で行い、克服するために何をやったらいいかを自分で考え、1年後の捲土重来にもつなげていって欲しいものです。

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『鬼神の如く:黒田叛臣伝』 [読書日記]

鬼神の如く: 黒田叛臣伝

鬼神の如く: 黒田叛臣伝

  • 作者: 葉室 麟
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
虎視眈々と大名家の取り潰しを狙う幕府の、次なる標的は我が藩だ―黒田家家老・栗山大膳はそう悟りながら、主君・忠之に謀反の疑いがあると幕府に告発した。訴えは藩を、将軍・家光を動かし、大膳の元には様々な思惑を秘めた刺客たちが攻め寄せる。それでも自らを忠臣と称して不敵に振る舞う大膳の真意とは? 天下の逆臣・栗山大膳が仕掛ける前代未聞、一世一代の大戦! “黒田騒動”を舞台に、まことの忠義を描く著者会心の歴史長篇。

葉室麟さんの長編を読むのは初めてで、たまたま主題が黒田官兵衛の側近中の側近である栗山善助の嫡男・栗山大膳が主人公の話だったので、官兵衛亡き後の黒田藩について、少しぐらいは知っておこうかと思い、読んでみることにした。テーマが黒田藩でなかったら、まず読まなかったであろう作品だ。

これが予想外に面白くて、葉室麟さんのファンになってしまいそうだ。

栗山大膳が起こした「黒田騒動」というのは、知る人ぞ知るの話だと思う。徳川幕府の将軍が三代・家光になった頃といったら、外様はおろか、譜代の大名であってもお家取り潰しの憂き目を見ることが続いていた。福島正則の安芸広島藩改易は二代将軍・秀忠の頃のことだが、家光の時代になると、加藤清正が開いた熊本藩は三男・忠明の代で改易に遭っている。加藤家の取り潰しで、残る豊臣恩顧の九州の大名といえば、黒田家が残るのみとなり、家光は黒田家の取り潰しを画策していたらしい。

そんな時代を背景にしたこの作品も、主題は幕府の陰謀を防ごうとする栗山大膳の活躍を描いたものだ。ただ、これにかなり豪華なキャストを絡ませる。豊前小倉藩主・細川忠利、宮本武蔵、栗山家恩顧の杖術者・夢想権之助、家光に代わって陰謀をめぐらす筆頭老中・土井利勝、柳生但馬守、柳生十兵衛、それに天草四郎。これで面白くならないわけがない。

本当にこんな絡み方があったのかどうかはよくわからないが、作品中で最も強い剣術使いは武藏ではなく柳生十兵衛であるように思える。夢想権之助は武藏を破っているが、十兵衛に対しては弟子2人を動員して辛うじて引き分けるぐらいのギリギリの勝負を演じている。

これ、NHKのBSで2時間ドラマぐらいにしたら相当面白そうだ。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『流』 [読書日記]

流

  • 作者: 東山 彰良
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/05/13
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ! 友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。

この作品は、出たばかりの頃にTBS『王様のブランチ』で紹介され、それを見てたら相当面白そうな作品だったので、いつか読みたいと思っていた。間を置かず、『流』は直木賞を受賞した。同時期に『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹に話題をさらわれてしまったのは惜しかったが。

生来あまのじゃくな僕は、こういう場合『火花』は読まない。でも、『火花』があまりに話題になり過ぎた裏で、ひっそりと評価を受けていた作品には食指が伸びる。たまたま近所のコミセン図書室に出かけたタイミングで新着図書のコーナーで『流』を見つけ、これぞ千載一遇の機会だと思い、すぐに確保した。

期待に違わぬ素晴らしい作品だった。いや、「すごい」という表現の方がぴったり当てはまる。カテゴリー的にはミステリーに入るのだと思うが、三世代にもまたがる運命の糸を描いているというスケールの大きさは、ミステリーというカテゴリーを超越していると思う。ロバート・B・パーカーの『過ぎ去りし日々』とちょっと似てるかな。

作品は1975年に起きた台湾・蒋介石総統の死前後から始まる。息子の蒋経国が総統を世襲した直後の台湾は、国民党が必ずしも内省人に受け容れられていたわけでもないという緊張した状況があったらしい。そんな中で、国民党に付いて大陸から台湾に移り住んできた人々は、台湾の内省人との間で交流は始まっていたけれども、やはり身を守るのは家族や同郷人ということで、固まって暮らしていたようだ。

一族の中でも、大陸時代に匪賊として山東省で殺戮行為を繰り広げ、今も傍若無人な振る舞いがある祖父が、衝撃的な殺され方をし、それを17歳の主人公・秋生が遺体の第一発見者となる。話はそこから急激な展開を見せる。祖父の死が頭から離れない秋生は、その後時間をかけ、台北から嘉儀、さらには日本、中国本土にも足を運び、真相に近づいていく。

僕が台湾を訪れたのは1987年が最初で最後。当時は既に蒋経国総統時代の末期だったのだが、初期の台湾ってこんな感じだったんだというのがよくわかって面白い。僕が台湾行ったのは丁度大陸への渡航が条件緩和されていく頃だったから、当時こういった苦労をしながら外省人は大陸に渡ったんだなぁとしみじみ。

士林や西門町の喧騒を思い出した。今はどうなのかよくわからないが、僕が台湾を訪ねた当時も、既に海のものとも山のものともわからない、珍妙なお店が沢山あって活況を呈していた。戦争の名残がまだ残っていて、血族の結束が強く、その割には体罰とか平然と行われていた。あまりに強い血族の結束を窮屈に感じた若者はあぶれ者として街を闊歩し、悪さをしまくる。そんな社会がいいのかどうかはわからいが、その活況に淡い憧れを感じる自分もいた。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『戦後サブカル年代記』 [読書日記]

戦後サブカル年代記 -日本人が愛した「終末」と「再生」-

戦後サブカル年代記 -日本人が愛した「終末」と「再生」-

  • 作者: 円堂都司昭
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2015/08/24
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
敗戦からの復興後も、私たちは戦争・環境破壊・災害などによる「終末」以後の光景を繰り返し幻視しつづけてきた―。戦後の歩みの全貌を「終末カルチャー」の歴史として描き出す、日本文化論の新たなる決定版!

ゴジラ 、『日本沈没』、 『ノストラダムスの大予言』、『漂流教室』、『宇宙戦艦ヤマト』、『危険な話』(広瀬隆)、 『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』、『AKIRA』、 『風の谷のナウシカ』、『完全自殺マニュアル』、 オウム真理教、『新世紀エヴァンゲリオン』、『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』等等――アマゾンの内容紹介を見れば、ああ日本の戦後サブカルチャーの年代記と想像するわけです。初期のゴジラ作品は僕の生まれる前の話だったので当然知らないが、映画の再放送はテレビで見ている世代だ。特撮や陰謀説などと一緒に育ってきたところもあるので、この本が出た時には、こりゃ僕らの年齢層を狙って書かれているなと思ったものだ。

ただ、2500円もする本をわざわざ購入する気にもならず、市立図書館で順番待ちにしてあった。

正解だったと思う。戦後サブカルチャーの年代記だと思うが、サブカルチャーの部分は釣りで、実際にはその当時の世相や政情等の解説に相当な紙面を割いているかなりハードな本だ。期待していたよりはサブカルチャーへの言及は少ないので、これから読もうと思っている人は覚悟をして臨んだ方がよろしい。

しかも、どうもこのサブカルチャーの作品ラインナップを見ていると、著者本人が見ているもの以外のカバレッジがどうも今一つな気がする。まあ本人がご覧になってないのであれば仕方ないところはあるが、せめて巻末の年表ぐらい、ご本人の定義では「サブカルチャー」のカテゴリーに含まれる作品は全て載せてもいいんじゃないでしょうか。ご本人は見てないのだから本文中での論評は控えるというのはありとしても。僕は、『日本沈没』を取りあげているのに、同じ小松左京の『復活の日』になんで言及されていないのか謎だった。その時点でアウトでした(笑)。後で考えたら、『新造人間キャシャーン』なんかにも触れてない。

それと、もうちょっと日本を相対化する試みがあってもよかったのではないですかとも言いたい。日本中心に見ていけば年代記としてはこういう整理でいいのかもしれないが、それは本当に日本文化に特有の傾向だったのかどうかがよくわからない。『AKIRA』はフランスのバンド・デシネの影響を受けた作品と言われているが、バンド・デシネにはサブカルチャー的作品がけっこう多い気がする。フランスのサブカルチャーとシンクロして日本のサブカルチャーはどう変わっていったのかを年代別で見る、そんな試みがあると、どこまでが日本特有で、どこからが世界共通の風潮だったかがわかってよかった。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『蚕:絹糸を吐く虫と日本人』 [シルク・コットン]

蚕: 絹糸を吐く虫と日本人

蚕: 絹糸を吐く虫と日本人

  • 作者: 畑中 章宏
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
世界一の生糸輸出国だった近代の日本。お金を運んでくれる虫と、私たちはどのように暮らしたのか。養蚕が生み出した文化と芸術を、気鋭の民俗学者が掘り起こすノンフィクション。

2012年のはじめ、僕はインドにおける日本とインドの蚕糸業技術協力の歴史をまとめて、1冊の本にした。その後、南インドの蚕糸業地域にはJICAの青年海外協力隊の隊員の方々が派遣されるようになり、隊員の皆さんは僕の本を参考にしながら現地で活動されているそうだ。僕の次の赴任国はインドじゃないけれど、地理的にはインドには近くなることから、機会があれば南インドをまた訪問して、僕がインタビューした養蚕農家の方々は今どうされているのか、追跡調査もしてみたいし、本を書くにあたって紙面の関係上あまり触れられなかった製糸や織物の話について、もう少し調べてみたいと思っている。勿論、青年海外協力隊の方々と交流させていただけるのも楽しみだ。

次に南インドを訪れる機会がいつ訪れるのかはわからない中ではあったものの、本を出してからの4年間、僕が意識してきたことはむしろ日本の蚕糸業の歴史をもっと勉強しておくことだった。本を書いたおかげで、国内ではいろいろな方々とのつながりができた。そうした方々に誘われて、行ってみた先では今まで知らなかった新たな発見もあった。イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読めば東北地方で養蚕が相当広い地域で行われていたことがわかるし、その名残が後に宮本常一によって改めて紹介されている。宮本の著作には東北に限らず、全国の農村で養蚕が普通に行われていた様子が描かれている。

養蚕自体が主目的でなかった数々の本の中から養蚕のピースをかき集め、それらを組み合わせることで1つの絵図を頭の中で作っておきたい――そういう思いからこつこつ続けていた勉強は、次に南インドを訪れて、特に若い協力隊員の方々との交流の中で、少しは役に立つこともあるかもしれない。また、僕が今度赴任する予定の国にも、産業と言うには規模も小さいけれど、養蚕や絹織物の産地がある。そういう生業を見る際の物差しとして、日本は昔どうだったのかを知っておくことは大事だと思っている。

さて、本日ご紹介の1冊は、その蚕糸業をコアにした、ど真ん中直球勝負の本である。昨年ブログで紹介した、『「日本残酷物語」を読む』の著者、新進気鋭の民俗学者・畑中章宏氏の新著だ。宮本の著作を相当細かく追っかけていれば、バードや宮本自身の蚕糸業に関する記述を拾い出して、「カイコ」や「絹」を主題に1冊の本にすることがあっても何ら不思議ではない。僕が頭の中でやろうとしていたことを、こうして文章化して世に出すというのは、たいへんありがたいことだし、一方で羨ましいことでもある。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る