So-net無料ブログ作成

『中央線がなかったら 見えてくる東京の古層』 [読書日記]

中央線がなかったら 見えてくる東京の古層

中央線がなかったら 見えてくる東京の古層

  • 作者: 陣内秀信・三浦展
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容(「BOOK」データベースより)
『東京の空間人類学』の陣内秀信と、郊外論の第一人者三浦展が組む、新たな東京論。近代の産物である「中央線」を視界から取り去ると、武蔵野・多摩地域の原構造がくっきりと浮かびあがる。古地図を手に、中野、高円寺、阿佐ヶ谷、国分寺・府中、日野を歩く。地形、水、古道、神社、商店街などがチェックポイント。中央線沿線の地形がわかるカラーマップも掲載。楽しくて深い、新・東京の空間人類学。

この本のことは、昨年12月、『帝国日本の気象観測ネットワーク〈2〉陸軍気象部』をブログで紹介する際に初めて知った。僕はこの記事を書く際、東高円寺駅近くにある「蚕糸の森公園」の前身である農林水産省蚕糸試験場に関する記述を本の中から見つけ、喜んで引用したことがあるが、その際の同書の記述の中に出て来る「関香園」という料理店のことを少し調べたいと考え、グーグル検索をかけたところ、本日紹介する本がヒットした。

本書に出会うまでにはいくつかの偶然が重なっている。昨年10月にインドから来日したご夫妻を東高円寺の日本の近代蚕糸行政発祥の地に連れて行ったこと、同じく『帝国日本の気象観測ネットワーク』の著者から本を謹呈されたこと、それを読んで東高円寺界隈の記述をその中に発見したこと、そしてグーグル検索で「関香園」を調べたこと―――これらの1つでも欠けていたら、本書にはたどり着けなかったと思う。

最初はどこかの図書館で借りようと考えていたのだが、そもそも近所の図書館では所蔵しておらず、海外赴任を間近に控えて、とうとうしびれを切らしてBook-Off オンラインで中古本を購入してしまった。こんな本を中央線沿線の公立図書館が所蔵していないのもどうかと思う。中央線の前身である甲武鉄道の新宿-立川間が開通したのは明治22年で、その時にできた5駅の1つに境(現・武蔵境)も含まれていたらしい。僕が通勤で使っている武蔵境がそんな由緒ある駅だというのは本書を読むまで知らなかった。そんな中央線の歴史にまで触れている本書を、駅から至近距離にある武蔵野市立図書館(武蔵野プレイス)が所蔵していないのはおかしいと思うぞ。

読んでみた印象としては、中沢新一の名著『アースダイバー』の武蔵野・多摩バージョンといった感じである。だからこそ、『アースダイバー』を所蔵している武蔵野・多摩地区の公立図書館が、こんな面白い本を置いていないのはもったいないと思わずにはおれない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る