So-net無料ブログ作成

『美しい国ブータン』 [ブータン]

美しい国ブータン (かに心書)

美しい国ブータン (かに心書)

  • 作者: 平山 修一
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 新書
内容紹介
国民の98%が幸福と実感し、自殺者ゼロの国、ブータン。その生活を綴ったエッセイ。
幸せ指数世界一の社会学。物資や食料の欠乏は、心の貧困には繋がりません。物質社会・競争社会に溺れる現代人必読の書。

前回、「これが海外赴任前の最後の1冊」と書いたが、今週に入って同時進行で2冊読んでおり、いずれも読了、ないし読了見込みというところまでこぎ着けた。任地に着いてすぐにネットにつながるかどうかはわからないので、取りあえず読了したものから紹介しておこう。

今度ブータンに行きますとお伝えしたところ、平山さんが謹呈下さった1冊。僕も初めての国というわけじゃないので、多少なめてたところはあったけど、この本を読んで、ブータンの人々とどう付き合ったらいいのか、いろいろ考えさせられた。

僕の前任者は既に帰ってきており、先々週から数度にわたって引継ぎを受けた。その中で最も印象的だったのは、ブータン人は意外と期限を守らないし、それを咎める人もいない、期限について指摘すると、「そんなに厳しく言わなくても…」という反応が返って来る、云々。自分自身でいついつまでに作業しますと言わせたらやってくれるのかというと、そういうわけでもないらしい。自分で決めた期限であっても守らないことが多々あるのだとか。また、何かをやってもらいたくてお願いしようと思うと、それほど忙しそうには見えないのに、「私は忙しい」といって断られることもあるのだそうだ。

これは、知らないで行くよりも、そういうものなのだと心の準備をして行くのが精神的には良さそうだ。東京からは期限付きの作業を求められても、現地ではそうそう思い通りに結果は得られない。往々にして無理は現地の日本人スタッフに求められることになってしまう。そこは多少覚悟しておくとしよう。

さて、このブータン人が期限を守らないという点について、本書で平山さんはこう書いておられる。

 傍から見ると何とも努力しない人たちだと思う時もあった。彼らはできる仕事もやろうとせずに延ばし延ばしのするように私には思えた。「もっと効率的に仕事をしよう」と私が提案したやり方はことごとく彼らに否定された。
 物事には理由が隠れているものだ。実は彼らは努力や向上心がないのではなくて、日本人なら仕事に振り向けるべき時間を別のことに費やしているのである。もちろん彼らは彼らなりにこのままではいけないとの問題意識は持っている。しかし、それ以上に既存の仕事のやり方を変えるリスクを取りたくなかったのである。
 つまり仕事が効率的になるとより多くの業務量が降りかかることを彼らはわかっていたのだ。そうなると今の生活が維持できない。家族のために、生活のために割く時間が少なくなる……だからこそ「改善がすべてではない」と一見平凡に見える生活を必至で守っていたのであった。彼らは現状に不満を持ちながらも状況を受け入れ、その状況を楽しむ術を心得ている。必死ながら、人生を楽しんでいる。(p.51)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る