So-net無料ブログ作成
検索選択

大雨は続く?(水害続報) [ブータン]

大雨は続く見込み
Heavy rains likely to continue
Kuensel、2016年7月27日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/heavy-rains-likely-to-continue/

南部を中心に19日より降り続いてきた雨の影響で、サムツェ、プンツォリン、サルパン、ゲレフ等の南部インド国境沿いの都市では河川増水による洪水が相当な規模で起きている。雨の影響で各地に土砂崩れや道路崩落の被害が出ており、特に、プンツォリン~ティンプー間の国道2号線は、プンツォリンから22km地点で22日に発生した道路崩落により、現在も不通である。

この崩落については前回もご紹介したが、当初は25日(月)には開通するだろうと見られていたが、その後の雨で崩落の規模が広がり、インド工兵隊(Project DANTAK)がベイリー橋架設作業を行うも雨の影響で作業が捗らず、現時点では今日中の開通見込みというところまでずれ込んでいる。しかも、ベイリー橋は簡易橋なので、今後の土砂崩れなどの影響は受けやすいし、そもそも24トン以上の重量には耐えられない。

ゲレフとティンプーを結ぶ国道4号線、5号線も、ゲレフ郊外での橋梁流失により寸断されている。従って、首都に物資を運び込めるルートは東部タシガンからか、空港のあるパロからというルートに限られてしまった。

雨の影響は全国各地に及び、25日以降は主要河川の増水が中流域でも観測されている。中部の町ブムタンでは、チャムカルチュ川上流域での水位が警戒水位を突破したことから、数回にわたって住民に避難命令が出されている。その他、プナサンチュ川も増水し、古都プナカも警報水位手前まで来ている。南部の雨はようやく峠を越し、河川の水位が下がってきているそうだが、逆に上流域の雨が中流域の河川の増水につながっているようだ。

全国各地で起きた集中豪雨災害、僕の周りの人は、「こんな降り方は過去に記憶がない」という。ちょっと調べてみると、2007年に一度集中豪雨の災害が起きているが、これほどの規模ではなかったという。ブータン国営放送(BBS)は内務文化省災害管理局関係者の言葉として、「南部各県では史上最悪の水害(Biggest disaster in Southern districts)」と評している。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モンスーンの集中豪雨 [ブータン]

2016-7-22 Kuensel.jpg

今、ブータンではモンスーンの集中豪雨が本格化して、各地で洪水や土砂崩れの被害をもたらしている。元々人口が少ない国だということもあって、直接的に洪水土砂災害の犠牲となった人は報告されていない。

最も被害が大きいのは南部のサルパンの街である。20日の第一報以降、街の水没や道路の損壊などが新聞、テレビ、ラジオでも報じられており(上写真)、早々に国王も視察に訪れている。南西部のブータン第二の都市プンツォリンも、近くを流れるアモチュ川の流量が増し、川沿いの道路が崩壊した。プンツォリンにはトブゲイ首相が現地入りして、道路復旧作業の陣頭指揮を取っている。復旧にあたっているのは、ブータン国軍や王立警察、農林省の他、Desuupと呼ばれる、国王主導で形成された地元のボランティアグループ(日本の消防団みたいなもの?)である。

インドとの国境の街プンツォリンから首都のティンプーまでの道路は、物流の主軸となる幹線道だ。この道路も途中の土砂崩れで22日から通行止めになっており、不安になったティンプーの市民が、ガソリンスタンドの前に長蛇の列を作る姿を僕も見ている。22日夜に並んだ車は給油までに2時間以上待ったと聞く。この通行止めは、23日中に解除されるとの報道もあったが、24日夕方現在、依然として普通で、復旧にはあと丸1日はかかるとみられている。主要メディア、さらには首相自らが、Facebook上で、燃料の備蓄は十分あるので、パニックにならないようにと呼びかけている。

被害は南西部だけかというとそうでもなくて、プナカ~ガサ間でも3カ所の土砂崩れで通行止め、東部のサムドゥップ・ジョンカル~タシガン間でも、カリン付近で通行止めと報じられている。それ以前に、トンサ~シェムガン間の国道のトンサのすぐ南のマンデチュ川水力発電所建設現場付近のゾンカラム橋付近で7月5日に大きな土砂崩れが発生し、現在も通行止めが続いている(下写真)。道路の道幅を拡張するために山側の斜面を不用意に切り取ったことが大規模な斜面崩壊につながったとみられており、復旧にはさらに時間がかかると見られている。

2016-7-18 Kuensel.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

障害者権利条約批准以外に今すぐできること [ブータン]

障害者権利条約批准の前に国の政策が必要
National policy on disability rights required
Kuensel、2016年7月14日、Dechen Tshomo記者
(URLは後ほど追加します。只今クエンセル紙HPはハッキングの可能性ありでアクセスしにくくなっています。)

国連障害者の権利条約の批准手続きの前に、障害者の権利に関する国の政策が必要との提言を、ハイレベルタスクフォースがまとめた。

ハイレベルタスクフォースは、障害者権利条約の批准に向けた調査や準備を行うために設置されたもので、外務省が事務局となっている。その第1回目の会合が13日に開催され、招聘された国内のステークホルダー18機関の代表の口からは、先に述べたような全国政策や法整備が批准手続きの前に必要だとの認識が示された。

(以下、記事意訳)

ダムチョ・ドルジ外相は、条約批准の前に、国内ステークホルダー機関が、条約には何が述べられており、各々の機関に求められる役割が何なのかについて理解を深めることが必要だと述べた。条約の第1条には、この条約の目的は、全ての人権と全ての障害者の基本的な自由を促進、保護、保証することであると述べられている。条約は50項目から成り、拷問や非人道的仕打ち、虐待等からの解放、表現や言論の自由、情報アクセスの保証、平等と非差別の保証、普及啓発、アクセシビリティ向上、生きる権利等への言及が含まれる。

外相は、障害者は多くの虐待行為に晒されやすく、生活への影響を受けやすいため、これらの条項はすべからく重要になってくると説明した。「障害者が機会にアクセスしてできる限り普通の生活が送れるよう保証することが重要だ。表現や言論の自由も保証されなければならない。もし我々が障害者の声を聴くことができなければ、我々は彼らがどのような措置を必要とするのかがわからないであろう。」

国立女性児童委員会のチョーキ・ペンジョル首席事務官は、条約にある女性と子供に関する条項は、既にブータンでは取組みが行われているが、政策レベルや障害者のためのインフラ整備ではまだ多くの課題が残されていると指摘する。インフラの不足やステークホルダー間の調整機能の弱さ、障害者と接する専門スタッフの不足等がタスクフォース会合では議論された。

去る4月20日に開かれた関係閣僚会合(Lhengye Zhungtshog)の第15回特別セッションにおいて、条約批准手続きは延期することが決まった。しかし、外務省は関係機関と調整して、条約批准に向けた包括報告書を早期に国会に提出するよう指示されている。

なお、ブータンは障害者権利条約に2010年9月21日に署名している。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

責任を問わない体質に一石? [ブータン]

父親、病院側の過失を主張
A father alleges hospital negligence
Kuensel、2016年7月13日、Dechen Tshomo記者
http://www.kuenselonline.com/a-father-alleges-hospital-negligence/

(以下、要約)

ジグミ・ドルジ・ワンチュク国立レファラル病院(JDWNRH)の救急外来の手術の後、死亡した3歳の男児について、男児の父親が病院側の過失を主張し、ブータン医療保健評議会に真相究明を求める要求書を提出した。

この男児は、5月21日に車にはねられて左膝下を負傷し、父親によって病院に運び込まれた。5時間を要した1回目の手術のあと、男児は意識もしっかりしており、両親との会話での受け答えもちゃんとできていたという。

しかし、翌日の2回目の手術では、男児は当初は容体が安定していたにも関わらず、途中急変し、帰らぬ人となってしまった。

父親の主張するところでは、膝下のけがぐらいで命を落とすことは考えられず、手術中の過失が原因だったのではないかと考えられる。父親は病院の外科手術チームに対して法的手段に訴えることは考えていないが、もし過失があったのなら、二度と過ちが繰り返されないよう、真相を究明してほしいと述べている。

要求書を受け取った評議会では、外科手術チームが適切な医療行為手順に基づいて手術を行ったのか、過失がなかったのかどうかを調査するという。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喜多川泰の作品2冊 [読書日記]

毎年書いてたかどうかわからないが、7月9日、10日は、それぞれ僕の結婚記念日と誕生日であった。この時期は妻を含め家族と一緒に過ごすことが多いが、今年に限っては海外単身赴任中であり、同じく海外赴任直後で家族呼び寄せまで少し時間のあった9年前以来、1人で祝う記念日となった。

しかも、今年は9日、10日が週末にあたった。こちらでもいくつか行事があったため、1人でしんみりと記念日を祝うという雰囲気ではなかったけれど、妻と娘からは早々にLINEでメッセージをもらい、そういうやりとりがあることが嬉しかった。

こちらは祭日だった8日も含めると三連休の週末となった。外出している時間も相当長かったが、帰宅してからじゃあ持ち帰ってきていた仕事をでもやろうかと思ってもなかなか身が入らない。そんなときには小説でも読もうかという気持ちになり、キンドルでお取り寄せしたのが喜多川泰著『株式会社タイムカプセル社』だった。

株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者

株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者

  • 作者: 喜多川 泰
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
内容紹介
新しい人生を始めよう。何度でも。
人生は、いつでも、何度でも、どこからでも、やり直せる。人は日々の生活の中で、自分が抱いていた夢や希望をいつの間にか忘れてしまう。5人の登場人物は、十年前の自分が未来の自分に宛てて書いた手紙を読むことを通して、自分が素直な気持ちで実現したかった夢、抱いていた希望に気づく。そして自分自身からのメッセージに背中を押され、前に進み始める。その手紙を届ける主人公自身もまた、5人の人生に触れていく中で、自分の本音に気づき、新たな人生の一歩を踏み出す。感動のストーリーとともに人生の再出発への勇気を贈る喜多川泰、デビュー10年目の最高傑作。

この内容紹介よりも、キャッチーだったのは表紙の帯にある、「夢をあきらめ、居候生活を続ける明日香のもとに、ある日、白いスーツに白い帽子、白い靴の、奇妙な2人組の男が現れた。彼らが差し出したののとは…」と、サブタイトルにある「十年前からやってきた使者」だった。僕はこの2つのメッセージを組み合わせ、これはきっと時空を超えたタイムトラベラーの話だと勝手に解釈して読み始めたが、時空を超えてやってきたのは白ずくめの2人組ではなくて、10年前に自分が自分宛に書いた手紙だった。

10年経ってなんとなく進むべき道を見失っているときに、10年前の自分自身が出した手紙が届く。それを読んで、自分がやりたかったことが何だったのかを思い出したり、励まされたり、悩んでいる自分が馬鹿らしく思えたり、宛先になっている今の本人にどのような化学反応を起こすのか、5人の同級生の人生のやり直しの起点を描いている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

首相が語るこの国の現状 [ブータン]

国民総幸福の現状――首相報告、全国調査の結果を焦点に
The status of GNH in the country
Kuensel、2016年7月6日、Kinga Dema記者
http://www.kuenselonline.com/the-status-of-gnh-in-the-country/

(以下、要約)

7月5日(火)、トブゲイ首相は国会会期末に際して、国を取り巻く情勢に関して「State of the Nation」演説を行い、この中で6月末に最終報告書案がまとまった2015年国民総幸福量(GNH)全国調査の結果を報告した。この調査はCentre for Bhutan Studies and GNH Research(CBS)が昨年実施したものである。

報告において、首相は、保健、教育、生活水準、農村開発、女性、雇用等に関する具体的な調査結果を紹介。保健については、医療サービスの無償供与は健康水準の引き上げに貢献しているものの、自殺者の増加を懸念材料として指摘。教育では、初等教育純就学率、高等中等教育の修了者率を成果として挙げつつも、特に農村部での教員不足を課題として指摘している。携帯電話やテレビ、冷蔵庫等の消費財の所有率、安全な飲料水・下水道サービスへのアクセス、農村電化等では著しい進展が見られた一方で、首相は生活コストも高まりつつあることに言及。

農村住民が都市住民に比べて貧困率が高く、幸福感を感じていないことも調査結果は示している。行政サービスについても、多くの住民は、教育、保健分野でのサービス提供、汚職腐敗対策、雇用創出等に関する政府の公共サービスには満足していないと指摘する。

首相は、2015年GNH全国調査の結果公表がこのタイミングになったことを高く評価。現政権の折り返し地点に当たり、今後この調査結果をベースに政策実施を進めると述べた。

2016-7-6 Kuensel.jpg

続きを読む


タグ:GNH
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めて聞いた国王の肉声 [ブータン]

国会第7会期末閉会式における国王のご発言
His Majesty’s Address
Kuensel、2016年7月8日
http://www.kuenselonline.com/his-majestys-address/

(以下、要約)

7日(木)、会期末を迎えた国会では、全閣僚、下院、上院の議員72名全員が出席の上、閉会式が行われた。式の冒頭、玉座に着席された国王より演説があり、その英訳全文が翌8日の全国紙クエンセルに一面トップで掲載された。

冒頭、国王は、国づくりという重要な使命を担ってきた国会議員の尽力を称え、国民の代表として、国民の声を拾い、それを国の開発事業や政策に反映させ、かつその進捗を国民とも情報共有する上で、議員の果たしてきた役割は非常に大きいと評価した。同様に、権力の抑制均衡を確保するにあたって議員の果たした役割も大きい。2008年の議会制民主主義への移行以来、国会では18回の会期を重ね、35本の新たな法案を可決し、14本の修正法案を可決し、18法案を廃案にし、25本の国際合意の批准を承認してきた。ブータンの民主主義は、前例がない中で経験を積み重ね、徐々に強化が図られてきた。この過程でも国会は重要な役割を果たしてきた。

次に、国王は現政権と政府に対しても謝意を述べられた。2013年に発足した現政権の下では、第11次5ヵ年計画で示された、バランスの取れた社会経済開発が中心的取組み課題となっている。現行5ヵ年計画の総予算規模は2,130億ニュルタム(約4300億円)と過去にない大規模なものとなった。また、現行5ヵ年計画とは別に、主要水力発電所建設計画も順調に進捗し、5ヵ年計画の中間レビューでも進捗確認が行われている。

2016-7-8 Kuensel.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年次業績評価本格導入 [ブータン]

業務実績管理制度は効率化への大きな一歩――首相語る
GPMS a big leap for efficiency: PM
Kuensel、2016年7月7日、Tshering Palden記者
http://www.kuenselonline.com/gpms-a-big-leap-for-efficiency-pm/

(以下、要約)

木曜日のクエンセル紙に、トブゲイ首相が、6日(水)、全閣僚、全県知事、全市長、41の独立行政機関の長との間で、年次業務実績合意(APA)に署名したという記事が出ていた。2013年に導入が決定した政府業務実績管理制度(GPMS)は、2014-15年の試行を経て、今回のAPAで本格実施に移るのだという。予算配分もAPAに基づいて行われる。

同首相によれば、GPMSの主目的は、政府は計画策定段階ではよくやっているが、実施段階で計画に満たないものが多いという、国王の懸念を払拭することにあるという。「我々が計画策定は上手いが、それを具体的行動に落とし込んでいくのは上手くない」と首相は述べたという。

APAは、中央省庁だけではなく、地方分権化の流れの中で、県知事や市長とも結ばれた。権限と予算を地方にも委譲し、結果に責任を持たせようとするものである。GPMSは南アジアの国々では既に導入されているが、地方の首長とまでAPAを結んでいるのはブータンだけだという。APAに記載される当該年度達成目標は、GNH委員会、予算局、会計局、全国統計局、人事院から成る混成チームによって査定され、予算配分が決められ、データのチェックと人事評価に使われるのだという。

APAの署名当事者の人事評価に用いられる。合意事項を達成できなかったトップは、その後の人事にも響くという仕組みだ。こうして、成果に対して責任を持たせ、信賞必罰を行う。

2016-7-7 Kuensel.jpg

続きを読む


タグ:成果主義
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『王とサーカス』 [読書日記]

王とサーカス

王とサーカス

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは…」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?『さよなら妖精』の出来事から10年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!

岐阜県出身である僕の自慢は、岐阜県が近年やたらと人気作家を輩出していることである。中でもイチオシは高校の後輩にあたる朝井リョウ君と、世代が僕とほぼ同じである奥田英朗さんだ。この2人の作品は結構頻繁にブログでもご紹介している。一方、僕よりも15歳年下で、かつ生まれも美濃地方ではなく飛騨地方である米澤穂信さんの作品は、これまでご紹介したことがなかった。いや、厳密に言うと1回だけあって、2014年のアンソロジー『時の罠』の収録作品「下津山縁起」は彼の作品だが、正直この中編(短編というよりはちょっと長め)を読んで、僕は米澤作品から遠のいてしまった。なんと表現すればいいのか、よくわからない作品だったのだ。

ではなぜ今さら米澤作品なのか?それは、この作品の舞台が王国だった頃のネパールの首都、カトマンズだったからだ。どうしても、自分が住んだことがある街が舞台になると、作品が面白かろうがなかろうが、とにかく読んでみたくなるのが人間の性。僕がネパールに住んでた頃には、夢枕漠さんが『神々の山嶺』を発表され、すぐに購入してむさぼるように読んだ。(そういえば、『神々の山嶺』は今年、映画化されたなぁ。)

ただ、ストーリー自体は僕の知る1990年代後半のカトマンズではなく、2001年6月1日に起きた、ネパール王族殺害事件の最中、しかも、この事件に絡めて展開するミステリーなので、舞台はカンティパト大通りを挟んだ両側、タメル、ジョッチェン、ニューロードと、ナラヤンヒティ王宮、ダルバールマルグ、ラトナパークあたりの、徒歩でも移動ができる非常に狭いエリアに限られる。

王室で起きた銃乱射事件の混乱の最中、たまたま現地にいた日本人女性ジャーナリストが、急遽事件の取材を始める中で、事件発生時に王宮に詰めていたという軍人とのコンタクトに成功する。しかし、初めて面会した際、この軍人は取材を明確に拒否。しかもその面会の直後に、この軍人は何者かによって殺害されてしまう。この軍人殺害事件は、王室と関係ありやなしやの真相を究明し、日本の雑誌社に送る原稿でこれに言及するかどうか逡巡する中で、軍人殺害事件の全貌が明らかになってくる、という話。

タメル、ジョッチェンあたりを根城に長期滞在する外国人の胡散臭さは十分伝わってくる。物語の早い段階からトーキョーロッジの宿泊客、従業員、ロッジ周辺をうろつく現地人等をすべて登場させ、主人公との絡みの中で、様々な伏線を散りばめ、結末に向けてそれらをうまく活用している。途中からなんとなく真犯人が想像できてしまった点はイマイチかな。ミステリーとしては僕は東野圭吾の『容疑者Xの献身』は読んで結構やられた感があったが、それと比べてしまうと、本作品はミステリーとしては平均的かなという気がする。

それと、僕の持っている記憶と照らし合わせながら登場人物の動き方を追いかけてみたが、どうもイメージが合わない。米澤さん、あとがきで、現地取材をされたのかされてないのか曖昧な描き方をされているが、ひょっとしたら取材はされていないかもしれない。そんな気がした。ネパールで学校行ってない11歳ぐらいの子供が、こんなに英語しゃべれるというのは驚きでもあった。学校通っていれば、多分英語は僕らよりも上手いと思うけど(笑)。

2001年当時、カトマンズにいた人がこれを読んだらどう感じるだろうか。興味津々。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『サイロ・エフェクト』 [仕事の小ネタ]

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠

  • 作者: ジリアン テット
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: 単行本
内容(「BOOK」データベースより)
文化人類学者から転じたフィナンシャルタイムズアメリカ版編集長が、「インサイダー兼アウトサイダー」の視点で、鮮やかに描き出す、現代社会を捉えるもっとも重要なコンセプト。高度に複雑化した社会に対応するため組織が専門家たちの縦割りの「サイロ」になり、その結果変化に対応できない。その逆説を「サイロ・エフェクト」という。

「サイロ」という言葉、日本語では「縦割り」とか「タコツボ」、「セクショナリズム」と表現した方がいいかもしれないが、僕が3月まで所属していた部署ではかなり頻繁に耳にした言葉でもある。それも、別に自分の会社のことで言っているだけじゃない。去年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」自体が、サイロ問題への挑戦だからだ。

17あるSDGsのゴールは、どれ1つとってみても、国レベルでの目標達成に向けて担当省庁を決めづらく、多くの国では複数の省庁にまたがって取り組まなければならない。気候変動対策や生物多様性、貧困撲滅や不平等の解消といったゴールは、そもそもどこの省庁が目標達成に向けた努力をリードするのかがはっきりせず、お見合い状態になって間にボールがストンと落ちるリスクが付きまとう。逆に教育や保健のように、どの省庁が目標達成努力の遂行に責任を負うのかははっきりしている場合であっても、そのゴールの下にぶら下がるターゲットのレベルでの具体的な取組みになってくると、別の省庁が所管している取組みが相当複雑に絡み合っているケースが多い。サイロ問題を克服できなければ、SDGsの達成見込みが危ぶまれることになる。だから、国レベルのSDGs目標達成努力のリード役は、省庁レベルに分散させるよりは、もう一段高いレベルでの旗振り役・お目付け役が必要だと考えらえる。SDGsで「政治のリーダーシップ」が強調されるのもそうした所以だろう。

話が脱線するが、ここブータンでは、政府の規模が比較的小さいこともあって、上意下達がわりと機能しているように感じる。各省の局長級以上になると、省庁や地方政府との間での異動が行われており、単独組織の中で純粋培養でトップに上り詰めるというキャリアパスにはなっていない。局長級以上は従って省庁の枠を越えた広い見識を持っておられる方が多いように思える。これもサイロ問題を軽減する1つの仕掛けだろうと思う。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る