So-net無料ブログ作成

バジュラヤーナ仏教国際カンファレンス [ブータン]

ダッカ人質事件を受けて、世界中が騒然としている中、現在ティンプーでは、ブータン研究センター(CBS)が共催して3日間の国際会議が開かれている。そのテーマは「バジュラヤーナ仏教の伝統と革新:21世紀に向けた展望の曼陀羅」。世界37カ国から400人以上のバジュラヤーナ仏教の研究者や実践者が集まり、研究成果の発表と意見交換が行われている。

僕がこのようなテーマで知見があるわけじゃないし、普段の仕事ともほとんど関係がないテーマだけれど、「幸福の国」の秘密はこのあたりにあるんじゃないかと思い、初日(7月1日)の午前の部だけ参加してみた。「参加」といっても、ラウンドテーブルじゃなく、会場の「その他大勢」の中の1人に過ぎないが。

バジュラヤーナ仏教は日本には最澄、空海が平安時代に紹介している。どちらかというとイメージ的には空海の真言宗の方がそれに近いような気がするが、なにしろ高野山にも行ったことがない僕にはふだんから勉強する機会もなく、話を聞いていてもちんぷんかんぷんだった。瞑想とか、心と体のバランスとかいったら、多少はイメージできるものの、僕はその実践者でもない。あ、剣道の黙想とか心技体一致というのはそれに近いかも。

驚いたのは、世界中からこれだけの研究者や実践者が集まって、自身の研究成果や実践内容を紹介されていることだ。僕から見たら奇抜な服装で来られた英国人もいた。理解してなくてごめんなさい。きっとその方々の精神世界を体現しておられるのだろうと思うので、外部者がとやかく言う筋合いではないか。

2016-7-1 GNHConference01.jpg
2016-7-1 GNHConference02.jpg
2016-7-1 GNHConference03.jpg
2016-7-1 GNHConference04.jpg

続きを読む


タグ:仏教 密教
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る